唐突ですが、マンネリ打破企画(?)の一環として、私が使っている洋裁の道具についてつらつらと書きます。洋裁を趣味で始めて約20年(うひゃあ...)、定番の道具というのもだいたい決まってきました。人によっては「え、私こんなの必要ない」とか「アレを持ってないなんて...」とか、いろいろあると思いますが、人の道具を見るのって結構おもしろいと思うので、これから数回に分けてご紹介させていただきます。

・道具入れワゴン

ワゴン

まずはこれから。
いつもふと気がつくと、作業用のテーブルの上がはさみやら針山やらバイアステープやらでごちゃーとなっているのがもういい加減嫌になってきて、いろいろと考えた挙げ句、無印良品の隙間用ストッカーを4段積んで、洋裁関係のこまごまとした道具はここに収納するようにしました(一番上の段はストッカーの蓋を外してます)。無印、本当にお世話になってるなあ。というか、この手のものを買おうとすると、他に選択肢がないのですよね。IKEAは遠いし...。

・アイロン

アイロン何の変哲もなーい...



高校を卒業して一人暮らしを始めた時に買ってもらったもの。ナショナルの普通の家庭用スチームアイロンです。ずっと不満なく使ってきたのですが、半年程前誤って落っことしてしまい、スチーム部分が破損してしまいました。そして電器屋に修理を頼んだら古いから部品がないと言われ(まあ18年近く前のだからなあ)...それでもスチームは一応使えるので、今も使ってます。買い替えてもいいんだけど、今のアイロンってなんであんな"かっこ悪いハイテクデザイン"ばかりなんでしょう。「宇宙船かよ!」みたいなやつとかさー。あと洋裁に使うのなら自動スイッチオフ機能とか逆に邪魔だし。かといって職業用のアイロンもなんか敷居が高い気がして...。というわけでこれからもしばらくはこのアイロンをだましだまし使う事になると思います。

・ミシンのアタッチメント
アタッチメント上からステッチ定規、片押さえ、コンシールファスナー用押さえ、ドライバー(?)。



普通の押さえ以外に持っているものです。
ステッチ定規はたまに使う程度ですが、あるとやっぱり便利。
片押さえはファスナーを付ける時なんかに使うのですが、これは左右どちらの片押さえも出来るのでとてもいいです。リフォームショップでバイトしていた時、先輩がいきなりくれた記憶があります。
ドライバー(って言うのかなコレ)は、アタッチメントを付け替える時に、ネジを緩めたり締めたりするのに使うわけですが、他にもミシン針を交換したり、ボビンケースのネジを調節する時にも使える、小さいけれど便利な奴。ミシンを買った時におまけでついてたやつでした。
他にも段付き押さえとかあると便利かなあと思う時もあるのですが、あまりアタッチメントの知識がない事もあるので(笑)、今の所これらで事足りているという感じ。

次回につづく!(こういうのも見たいというのがあればリクエストしてくださいまし)