ヘンリーとベルは会えたかな

今日は8月1日。
釜蓋朔日(かまぶたのついたち)と呼んで、地獄の釜の蓋が開く日とされています。
那須地方には、古くからご先祖様を迎えるための行事の一つとして、8月1日に釜の蓋が開いたことを喜び、たんさんまんじゅうを作ります。
それを笹の葉を敷いてお供えし、自分たちもまんじゅうを食べる風習があります。

こんな日にベルのことをお知らせしなくてはいけません。
7月16日に仕事から帰ってきたら、ベルは虹の空に駆けあがってしまっていました。
人間がいなくて淋しい思いをさせてしまいましたがオリゼーたちがいてくれて、いつもの日常の中、そっと逝ってしまいました。
立てなくなって手を添えたり、いろんな鳴き声がしたり、辛い様子を見せている日もありましたが、液体の栄養剤を口に出来ていたので、たぶんお腹はペコペコではなかったと思いたいです。
本当に最期まで良く頑張りました。
あーすればよかった、何でこーしなかったんだ、ということはたくさんですが、ベルはウチにたどり着くまで、大変な苦労を重ねて仕事をしていたので、私のお世話はいたらなくも、のんびりとたくさんの方に可愛がって頂いて良い余生を過ごしたと感じています。
16歳と5ヶ月。
待ってくれている父と母と姉妹と空でたくさん走り回ってくれていると思います。





IMG_20190801_200816_050



IMG_20190801_200816_059


IMG_20190801_200816_051

ありがとう、また会う日まで

ご無沙汰のブログを更新するのが今日の話題になってしまいました。

11月20日の朝に銀次は虹の橋を渡りました。

いろいろ思い出しますが、長い間、私たち家族にたくさんの愛情をそそいでくれました。
大きな手術は去勢手術と目の下の良性の腫瘍を取った、2回程、病院に通ったのも、手術で内臓が年齢的に気になるからと薬を貰いに行ったり、ワクチン接種とフィラリア予防とかくらいで...丈夫で元気なコでした。
元気すぎてレントゲンやエコーの時はいつも病院で迷惑かけてたと思いますがf(^_^;今日はオリゼーたちのワクチン接種に行って15年お世話になった獣医さんに銀ちゃんのことを話せたのでホッとしています。

仕事に行かなきゃなぁと、いつも通りに過ごしていた静かな朝を選んで銀次は逝ってしまいました。
老衰だろうと思っていたので、もしかしたら看取ってあげられないかも、と思いながら仕事に行く日が続きましたが、最期まで家族思いの優しい銀次で...看取らせてくれました。

[画像:f71e9d2c-s.jpg]
[画像:c78346c4-s.jpg]
[画像:7fa0b519-s.jpg]

チビーズは元気です。
銀ちゃんが見えてないから平らな物しか置いてませんでしたが、暖かそうなのでドーム型のベッドも置いてみました。でも入るのは猫のシャンクスだけかも(  ̄▽ ̄)

銀次が犬生を全う出来たのも、昔の職場の友人、同僚の皆がいつも会うと優しくしてくれたからです。事務所に連れていっても、バーベキューや会社の野球大会に連れていっても、優しく接して下さいました。
ドッグランやトリミングでは、いつも銀次のためを思って考えて下さって、思いやりの溢れる対応をしてもらいました。ドッグランのお客様もみんな銀次がお年寄りだと静かに見守って下さいました。
我が家に遊びに来て、優しく撫でてくれた皆さんはもちろん、スーパーで会ったときに心配して銀次の近況を聞いてくれたり、犬と暮らしていない友人にもたくさんの愛情をもらいました。
銀次が家に来てすぐに河川敷公園で出会ったワンコたちのオーナーさんのオバチャマたちも、出掛けた先のすれ違った人や宿泊した施設の人、、、
お礼を言いたい人がたくさんです。
本当に本当にありがとうございました。 

銀次と過ごした日々は2番目の青春でした。 
今は淋しさよりも、つまらないなぁ、という気持ちが大きいです。 
銀次とまた会える日まで、チビーズと充実した生活を送りたいと思います。

心機一転

かなり久しぶりのブログでした。
いろいろ環境変わり、、、

まずは去年末、会社で見つけられ妹家族と暮らしていたポジですが、残念ながら春頃に虹の橋を渡ってしまいました。甥っ子姪っ子もスポイドでミルクを飲ませたり、皆、貴重な体験をさせてもらいました。しかし元気なのが一番です。想像でしかありませんが…病気になったから捨てる、というのは絶対に止めて欲しいと改めて思いました。
そんなこんなで数ヶ月過ぎ、妹の友人が保護した子猫を譲ってもらうことにしたようです。三毛猫ちゃんです。
image

出会いからお別れまでが短くて寂しいと思っていましたが、ポジと出会ったことで、この三毛猫ちゃんが妹宅に来ることになったと思えば、それもきっとポジのおかげの縁だと思えます。
小さくて可愛くてシャンクスの子猫の頃を思い出します。

お次は愛車が変わりました(^^)
私の愛車はデミオ君で銀次と共に過ごしてきたし、乗り潰すつもりで乗っていましたが…実家の父の愛車が来月車検で、ふと走行距離を確認した時です。
image

さっ三十万キロ?!?!?!
ぎょえ~(・o・)
思い入れがたっぷりの父の愛車、もう少し乗ろうかな?とか言ってたりしてΣ(゚Д゚)
私のデミオ君も年季が入ってますが、まだマシです。父の愛車には数え切れない大切な思い出がたくさんあります。でも大きすぎて保管は出来ませんので、私が乗り換える事になりました。
image

image

image

銀次、ヘンリー、レディとの思い出もたくさん詰まったクルマです。みんなでいろいろ写真撮りました。

ここで…mixi時代にもクルマ買い替えの記事をアップしたことがあるのですが( ´∀`)予算が限られているため、私はディーラー巡りをします。楽しいんですよね♪
コンパクトな四駆の新しめの車種をスズキ、スバル、と見に行きました。でも燃費が良いコンパクトな四駆だと人間、毛むくじゃらの家族が全員乗ったら?と想像すると、狭く感じます。
私の買える範囲で大きめなクルマとなると中古車だな、と改めて、四駆の中古車を置いているディーラーに向かいました。
最終的に二ヶ所で迷うことになりましたが、片方が明らかに新しく走行距離も少なめだったのですが、広さと機能性が気に入り、古い方を選びました。新しい中古車の方の営業の方は「ウチの車の方が明らかにお買い得だと思うのですが、なぜですか?」と電話でも動揺が隠しきれてませんでした(笑)三十万キロも乗り続けた人の娘ですからね(笑)優秀そうな営業マンさん、丁寧に説明してくれましたが、最後まで困惑されてました(笑)

今日、父の車をディーラーに持ち込んで交換という予定でした。
昨夜、父の車の運転席側の窓が勝手に開いて、フルオープンのまま閉まらなくなりました(爆)
最後の日はきっと私もしみじみしちゃうんだろうなぁ‥などと思っていましたが、、、前の日に全開の窓に透明のビニールを被せていたのですが、今朝のどしゃ降りの雨の中、それを見て、んもう大爆笑です(≧▽≦)本当に本当にたくさんの思い出が出来ました♪
全開の窓のまま無事に交換、納車となりまして「綺麗に洗車してツルツルですよ」と担当の方が笑顔で言って下さってましたが、、、うちに帰ってきたら初日からびしょ濡れでスミマセンといったトコロ。
image

もうワンコステッカーを卒業しようと思ってたのですが、在庫のステッカーを見てウズウズしてたりして( ̄ー ̄)ニヤリ
アウトランダー君、付属のカーナビが古いので、道なき道を走っておりますが(笑)みんなでガンガン乗って楽しみたいと思います(^_^)v

今年の梅雨から夏はとても変な天候で、銀次のトリミングは毎回毎回すごく話し合いました。昔は銀次の骨格を考えて格好いいスタイルになるようにって話しながらカットを決めていましたが、今は、梅雨時期の底冷えする時に銀次が体温調節出来る毛の長さを残すか、暑くなるから刈り込んで自然と伸ばして秋を迎える時期になったか、などなど、気候と毛の長さの相談となっています。エアコンはずーっとついていますが、その状況も知ってもらった上で、銀が過ごしやすいようにしてもらっています。
そのおかげで本当にびっくりするくらいに、銀は元気に過ごしています!

image

少し毛が長い時ね

image

image

image

image

image

image

銀、ブッチはツルツルで、オリゼーはお腹だけツルツルでバディとベルはそのままです。
image

image

朝からエアコンが着いてると、このリラックス姿が羨ましくて(ノ´∀`*)

あちこちの花火大会も終わり、我が家に聞こえるりんどう湖の花火もそろそろ終わりです。
最初の頃はバディが何度か吠えていましたが、もう最近はすっかり慣れました。
残暑は暑くなるのでしょうか。
夏を乗り切り、美味しい実りの秋を元気に迎えたいですね〜!
ギャラリー
  • ヘンリーとベルは会えたかな
  • ヘンリーとベルは会えたかな
  • ヘンリーとベルは会えたかな
  • ありがとう、また会う日まで
  • ありがとう、また会う日まで
  • ありがとう、また会う日まで
  • 心機一転
  • 心機一転
  • 心機一転