「第97回謙信公祭」20220812172209_00001
2022年8月20日(土)・21日(日)前夜祭19日(金)開催
会場:春日山城跡、春日神社ほか

今年も恒例の「謙信公祭」が開催されます。
新型コロナの影響で3年ぶりの開催となり、出陣行列や川中島の合戦も(一部参加者人数制限)行われます。本当に良かったですね。
残念ながら当会としては活動を休会しているため参集しての観覧はいたしませんが、どうぞ皆様方是非ご観覧ください。

20220812172251_0000120日(土)みこし巡行、狼煙上げ、謙信流陣太鼓、献納米合戦、軒猿パフォーマンス、マハヤナ幼稚園園児遊戯、エンターテインメントダンス、春日山節・棒保存会演舞、保倉川太鼓、上越なぎなた、音楽フェスティバル(高志・春日小中学校)、武将隊大合戦、フード出店等々です。


21日(日)武帝式(一義会)、戦国ダンスフェスティバル、吟詠、ヨサコイ謙信、米沢藩古式砲術披露、謙信公の塩献上儀式、出陣報告、戦勝祈願、玉串奉奠、参集行列、出陣行列、出陣式~川中島の合戦~等々です。


20220812172324_00001今年の謙信公役は、中川幹太上越市長です。
16:00頃から出陣行列が行われますので、楽しみですね!

20220812172359_00001
川中島合戦の再現は、有料桟敷席も設営されゆっくりと観覧できます。もちろん無料席もあります。
今年も全国から謙信公ファンが上越市にお越しになられることと思います。
是非、迫力ある川中島合戦再現を間近でご観覧いただきたいと思います。
また今年の合戦再現は、新しい趣向はあるのか?期待されるところですね~

20220812172419_00001

・なお、来場の際は感染防止対策(マスク着用、検温、手指消毒、咳エチケット)をして臨まれてください。
・発熱症状等の方は来場をお控えください。
・歩きながらの飲食もお控えください。
・当日もかなりの気温上昇が予想されますので、熱中症対策として2メートル距離を置いた場合はマスクを適宜外すなどしてご対応ください。
・ペットボトルや飲み物の携行、冷却シートなども便利です。

~暑さ、コロナ対策をしっかりして、謙信公祭をお楽しみください~

「謎解き 謙信公の仕掛けた謎を解読せよ!」
「21世紀の民よ、余の声を聞け」IMG_0721
優美でオーラをまとった神々しい謙信公のお姿に魅了されるポスター。
これは今年の春日商工振興会の地域活動事業を活用したイベントのポスターです。イラストの制作者はNaoWさんです。この謎解きプロデュースもNaoWさんの発案です。NaoWさんは謙信公に造詣深く、大の謙信公ファンでもあります。
実はこのイベントも昨年から始まり、今年は2年目です。
昨年も『雅で美麗』な謙信公のポスターが話題になりました!(忍びの「飛び加藤段蔵」も渋くて印象的でしたねー笑)
すでに今年のポスターもファンの間では全国的に人気が出て、問い合わせがきているとのことです~
このイベントは春日山埋蔵文化財センターに用意されている応募用紙に回答し、投函所に投函するかインターネットで参加するか選択できます。
3問以上正解で抽選で1万円、5千円、3千円、1千円、500円ギフト券が当たります。


IMG_0796 そして今年はなんと!『謙信公のお声』が聞けるという特典付きなんです。
実際にお声を聞きましたが、とても知的でカリスマ性あるお声でした。皆様もぜひご一聴ください。
そして奮ってご応募ください!
(参加賞もあるそうですよ※なくなり次第終了です)

チャリティフォーラム第2部は、スーパーバイザーのマジシャンカズさんによる「マジックパフォーマンスショー」から始まりました。
 マジシャンカズさんは当地・上越市でおなじみですが、本格的マジシャンとして国内外で大活躍しています。冒頭からスケッチブックに書いたボーリングの球が本物になったり、空中浮遊するテーブルのマジックは会場を沸かせました。ウクライナフォーラム(カスさんサクラ 圧縮)
 そして東日本大震災でもチャリティ活動をしていた話を振り返り、ウクライナの復興の願いをこめた上越市ならではの華々しいマジックを披露しました。
 器用に切り裂いた折り紙が「サクラ」の形になったかと思うと、カズさんの手からサクラの花びらがとめどなく舞い始めました!
 なんとも見事で風雅なマジックに、会場の皆様も酔いしれました~

 そしてウクライナ人のオーリャさんと日本人まさしさんのアクロバットデュオコンビ『Duo AB』による、アクロバットショーが行われました。
ウクライナフォーラム 圧縮版(デュオAB) 軽快な音楽にのってアクロバティックな演技を披露しました。
 リングや折り畳みパイプイスを利用した、おふたりの息の合ったアクロバットに目が離せません。
 特にまさしさんの、5メートルも積み上げられたパイプ椅子の上で倒立するシーンは、思わず息をのみました!!
「ええー!大丈夫!?」ハラハラ、ドキドキの連続でした。
 つづいてウクライナ民族衣装に身を包んだ二人の、祖国・ウクライナに捧げるストーリー抒情詩を身体いっぱいに表現されました。豊かな実りを満喫しているウクライナの大地が、不条理な戦火に見舞われるという設定で、涙を誘う演出でした。ウクライナフォーラム 圧縮版(オーリャさんアップ)
 最後は祖国ウクライナについて、オーリャさんからお話しいただきました。
 ウクライナの歴史から各国の国旗や独自の織物の柄なども紹介していただき、とても興味深かったです。お国自慢の料理や民族衣装なども写真で紹介してもらいました。 
ウクライナフォーラム 圧縮版(オーリャさんトーク) オーリャさんのお母様もいまだにキーウに在住されているとのことで、オーリャさんはご心痛のあまり、涙ぐむ場面もありました。

 一日も早い紛争の終結と、ウクライナの復興を祈念しております。

 市民有志で立ち上げたチャリティフォーラムも無事に終了しました。ちなみにこのチャリティフォーラムの運営、裏方、設営、スタッフはすべて素人で(一人もプロはいません)行いました。
 会場の皆様からも多くの募金をいただきました。当日の総募金額は26万円でした。
 会場にご参集いただいた皆様方に、あらためて感謝と御礼を申し上げます。また募金にご理解ご協力いただきました皆様方にも感謝と御礼申し上げます。
 この活動は9月末まで続けます、どうぞ今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。[終]


↑このページのトップヘ