出陣IMG_0210行列の後は、春日山史跡広場に舞台を移し「川中島の再現~凱旋式」が開催されました。

あの世に名高い、「川中島八幡原の戦い」です。
謙信公と信玄公が激突した、戦国時代の中で最大にして激烈な戦いともいわれています。
暑かった日差しも夕方のとばりに変わり、涼しくなってきました。
上杉軍、武田軍が会場に入場してきました。

IMG_0184上杉軍は総大将の謙信公が着陣すると、前方の護摩壇をみつめ、必勝の祈願を全軍で祈祷します。
かつての上杉軍も、必ず神仏に祈願したといわれています。

導師は謙信公に真言密教の極意を授けた、大乗寺住職の長海御坊です。独特の法衣に身を包み燃え盛る炎の前にたたずみます。


IMG_0214

そして、我らが謙信公。
大戦を前に、炎をみつめ精神を統一。静謐な時が流れます。
長海御坊の読経が静かに流れるなか、謙信公の鋭くも霊気を秘めた視線は護摩壇に注がれました。
この石田謙信公の演技は、まるで謙信公が乗り移ったかのようにみえました。オーラが出ていました!


IMG_0256米沢藩古式砲術保存会の皆様による、迫力ある火縄銃の実演。
かつて武田軍の騎馬隊をその轟音で退けた、由緒ある上杉軍の砲術です。
普通の火縄銃とは違い、たった一発でも迫力が違いました。


IMG_0262上杉軍の足軽隊の勇壮な姿も、会場を沸かせました。

まさに「龍」の旗を背にして突進する姿は、越後軍の龍のようでした。
IMG_0302