ニュース恋の芸能脳天気

F1カーレースやスポーツ、地域ネタなど、新聞サイトや個人サイトから毎日配信中。元社員による情報横流s(ry

くだらないギャンブルから卒業します。

totoGOAL当選「連発」は難しくありません。

totoの予想対象試合数が13試合に対して、
totoGOALの予想対象試合数はたったの3試合です。

totoの1等当選確率が約1/160万に対して、
totoGOALの1等当選確率は、たったの1/4096です。

つまり、
totoGOALはtotoより約400倍当選しやすいんです。

この当選確率は当然理論値であり、
過去の全試合のデータを基にした統計分析をすることで、
当選確率を飛躍的に高めることが可能です。

totoGOALキングでは、さらに

・セットプレーの得点力
・カウンターの得点力
・DFラインの安定性

など、得点に関するデータの収集・分析に重きを置くことで、当選確率の大幅アップに成功しました。

>>続き

キネ旬No.1を取ってほしかった : スウィングガールズ スペシャル・エディション

キネ旬No.1を取ってほしかった何と言っても、最近これほど気分爽快にさせてくれた映画はないですね。ふとしたきっかけで首を突っ込んだジャズの世界に、生徒たちが次第に魅せられていくのですが。がむしゃらにNo.1を狙おうとは考えず、全員で音楽を楽しんでいこうとする姿勢が非常に快く感じます。矢口史靖監督はその3年前にも同じようなパターンの映画「ウォーター・ボーイズ」を撮っているので、下手すると2番煎じになりかねないこの題材を、全く新鮮な物語として映画の中に溶け込ませ、しかも中弛みなくまとめているのはさすが。もちろん前作も良かったのですが、それでもどちらかを選べと言われれば、私はやはりこの映画を選びます。確かにこの映画の演出では荒削りなところが無いとは言えません。5人以外の生徒たちがジャズを好きになる場面があまりにも急展開だし、福士クン演じる野球部員たちとの係わりも中途半端に感じます。しかしそれらを補って余りあるのが、5人の生き生きした表情であり、テンポ良く進んで行くコミカルな展開です。ここではやはり上野樹里がいいのだけど、白石美帆の‘無責任教師’ぶりがケッサク。目立たないけれど本仮屋ユイカのトボケた様子も面白いです。そしてラストのコンサートでは彼女たちの演技抜きの本当の「素顔」が観られるような気がしました。3ヶ月間の特訓が実を結んだ演奏風景は素晴らしいですよ。これは必見の映画です。
[PR] 噴き上がってから気づくのでは遅すぎる・次に急騰する銘柄は。 証券ディーラーの隠し技 仕手株完全マニュアル
訪問者数

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ