青森県の日本酒蔵元が企画した「三ッ友恵」

興味ある企画ですね!

今回こちらのブログでは第二弾の酒米を古城乃錦で三蔵が醸す日本酒を試飲しました。勿論、酒屋さんで購入しましたよ。

古城乃錦は青森県酒造好適米第一号、第一号の酒米です。

10年前に西田酒造さんへ伺った際にこちらの酒米のお話しを聞いた事を思い出しました。

発育して行く中、穂の背丈が高くなる特質性上ある程度成長すると倒れてしまうそうです、倒れると当然成長に悪影響があるので目が離せません。

稲刈り時期は特殊な機械を使用しているそうですが最終的には手作業に。うわっー。

そんな中、他に新種で背丈の低い生産性が高い酒米が開発されると手間暇、時間とコストがかかる古城乃錦では次第に生産者減少が加速し存続の危機に直面。

西田酒造店さんは青森県酒造好適米第一号の古城乃錦の生産を守る為、勿論農家さんの生活を守る為に生産者さんと契約し現在では西田酒造店さんだけが取り扱っている酒米となっております。

実際に試飲!
八戸酒造さんからです。
陸奥八仙で有名な蔵元さん。こちら冷やした状態でグラスに注ぎ口元へ近づけるとほのかな吟醸香を感じます。
軽く口に含むと、!!
林檎のような酸?

細かく丁寧な作業を想像しますね。
カプロン酸エチルが多く感じるのでグラスをもう暫く置いてから口に含むとスッキリした林檎系の酸からやわらかい口当たりに変化。雲丹、イカ刺しが合いそう、個人的ですが。
陸奥八仙古城乃錦、丁寧で美味しいお酒。

西田酒造店さん
杜氏の◯◯さん、更に個性付け加えた感じ。こちら酢酸イソアミルが多く感じているような。
個人的にはこのまま低温熟成させたい(笑)。勝手ですが。
五百万石のスッキリさに甘みを誘う吟醸香が良い感じ。クラシカルな後味もまた個性的です。
帆立の貝焼き味噌、良いんじゃないですか。
あくまでも個人的です。

三浦酒造さん
青森県内でも豊盃で超有名です。
流石、やさしい味わいです。
仕込み水に軟水の岩木川山系伏流水で柔らかい味わいに芳醇さも感じられます。個人的ですので。

青森県のそれぞれの蔵元さんの特徴が感じられます。
酒屋さんに直行してみてね。まだあるかな?

BECFDC3C-6A84-4F93-A06F-59773C63BA0B
F45A9D25-489A-4EF6-BA60-F192F492895B