不妊症

生命が誕生し、子孫を残すことは、誰でも望むところであります。
しかし、どんなに願ってもかなわず、お悩みの方が多くおられます。

不妊症は、西洋医学の病院で行っていますが、
ここでは、東洋医学の不妊症の鍼治療について取り上げてみたいと思います。


東洋医学では、生命力にかかわる五臓六腑の中の、大事な臓器が有ります。
それは、生殖にも、出産にも、長生きにも関係します。

この大切な大事な臓器を補い、強めて、
そして、婦人科の大切なツボを刺激して、活性化します。

鍼をすると、体温が調度良い高さに上がります。
これは、妊娠し易い温度です。
全体に血行が良くなり、元気になります。

鍼の不妊症の治療は、薬を使わず、副作用が無く、自然に妊娠して、
良い子が産まれます。

今までの例では、2歳の子供さんを連れて来て、お陰様で産まれました。
と感謝されました。とても嬉しかったです。

笠原金銀鍼治療院 http://harikasahara.com 03-3342-6885