January 14, 2011

細川俊之さん死去

読売新聞 細川俊之さん死去、「ショーガール」公演15年
 「ショーガール」などのミュージカルで知られ、映画やテレビでも活躍した俳優の細川俊之さんが、14日未明に亡くなった。

 70歳だった。告別式等は未定。

 細川さんは、福岡県生まれ。学習院大政経学部中退。俳優座養成所を経て、1964年に文学座に入った。「かもめ」などの舞台で頭角を現し、70年には映画「エロス+虐殺」の大杉栄役で注目された。その後、フリーに転じ、木の実ナナさんとのコンビで74年から15年間にわたってミュージカル「ショーガール」の公演を続けた。

 ひょうきんな役柄から二枚目、悪役まで幅広い演技をこなす個性派俳優として人気を集め、映画では「夜逃げ屋本舗2」「ラヂオの時間」などで存在感を発揮。テレビでもNHK大河ドラマ「八代将軍吉宗」など多数のドラマに出演した。また、ソフトな声と語り口でラジオのディスクジョッキーやアニメ映画の声優も務めた。

 2004年からは、大阪芸術大学演技演出科の教授として教壇にも立っていた。

最終更新:1月14日(金)17時37分


こどものころ、よく声まねしてた。

顔はさほどかっこよくないのに、なんだかカッコいいんだよね。
男のかっこよさに、声って重要なんだなぁって。

ご冥福をお祈りいたします。

gintarout_44 at 18:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)NEWS 

November 29, 2007

キングダム-見えざる敵-

14a941d8.jpg■リアルそのものが事実とは異なる

 「目には目を、歯には歯を」紀元前の昔から人の情念とは変わるものではないのか・・・。科学が進歩し様々なメカニズムが解明される現代においても、憎しみの連鎖を止める術は発見されていない。続きを読む

gintarout_44 at 07:53|PermalinkComments(1)TrackBack(0)感想文 か行 

November 28, 2007

憑神

c539da70.jpg■落語ってのはオチが粋ぢゃねーとなぁ。

 原作・浅田次郎氏、監督・降旗康男氏と言えば『鉄道員』なのだそうだ。全然知らなかった。あんなにヒットしたのにね。ってか、全然興味ないし・・・。そんなワタシがなぜこの映画を見たのかといえば、映画館に足を運んだものの選択肢がほかになかったというつまらない理由に他ならない。続きを読む

gintarout_44 at 11:52|PermalinkComments(4)TrackBack(0)感想文 た-な行 

November 14, 2007

バイオハザードIII

6b6e2144.jpg■イイ女はジラさないのだ。

 ジャパンメイドの世界感を映像化したミラ・ジョヴォヴィッチ主演のシリーズ第三作。今年は“詐欺師”といい“蜘蛛男”といい第三作が目白押しだったね。
続きを読む

gintarout_44 at 08:23|PermalinkComments(5)TrackBack(0)感想文 は行 

September 16, 2007

The焼肉ムービー プルコギ

a84f2282.jpg■高廣さん、さすがです。

 在日韓国人二世のCMディレクター グ・スンヨン監督が描く焼肉ムービー。日本人のワタシから見て、主人公の生い立ちはドラマの一部にしか見えないが、もしかすると監督にとっては、非常に根の深い要素なのかなと勝手に想像したりする。続きを読む

gintarout_44 at 08:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)感想文 さ行 

September 15, 2007

オーシャンズ13

e5fd5c02.jpg■痛快でありながら爽快さ不足

 豪華キャストが売りのハリウッド発お祭映画・オーシャンズシリーズの第3弾。

 筋の細かいことは他で読んでもらうとして、物語は痛快でジョージ・クルーニーをはじめとする男たちの活躍もカッコイイし、全体的にそれなりに楽しめる出来にはなっておりますですよ。続きを読む

gintarout_44 at 19:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)感想文 あ行 

May 01, 2007

マリー・アントワネット

c3672099.jpg■マリーというシンボルでデフォルメされた“ロココ”

 巷ではガーリー、ガーリーと評されたこの映画だが、キルスティンの悪人顔(毒)をもってガーリーなんて、ちゃんちゃらおかしいと思ってしまったのはワタシだけだろうか・・・。続きを読む

gintarout_44 at 10:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)感想文 ま-や行 

March 18, 2007

ディパーテッド

26cc29ab.jpg■リメイクと知らずに観たら・・・。

 獲っちゃったね、オスカー。とりあえずはおめでとうございます、スコセッシ殿。でもさ、どこかのインタビューで、“この映画は撮りたい映画ではなかった”ってな話をしてたのを見たよ。オスカーが獲れないときのための伏線(!?)とはもちろん思ってないけどさ・・・毒、まさか本人もこれでオスカーとは思ってなかったんではなかろうか。続きを読む

gintarout_44 at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)感想文 た-な行 

February 08, 2007

どろろ

6b13c8d4.jpg■原作読んでないワタシ的には・・・

 原作ファンの友人の評ではかなりイイとの話で、製作者側が原作の持っているいろんなものが分かってて作っている!と、うなっていた。特に柴崎コウちゃんのどろろにはベタ惚れで、彼女をおいて他にいない!と力説。世界観もよくできてるし十分合格点との前情報をもらっていたワタシであった。続きを読む

gintarout_44 at 07:30|PermalinkComments(5)TrackBack(0)感想文 た-な行 

February 07, 2007

メゾン・ド・ヒミコ

1eaea543.jpg■孤独ゆえに恋しいぬくもり

 「人間死ぬときは独りだ」なんて使い古されたセリフだけど、ひとつの事実だと思う。どれだけ愛しあって心中しても、死という世界へのエレベーターはまさしく一人乗りなのだろう。いや、死後のことはわからないのだから、そう断定してしまうのは間違いなのかもしれないけど・・・。続きを読む

gintarout_44 at 08:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)感想文 ま-や行 

February 06, 2007

007 カジノロワイヤル

8217afa2.jpg■石坂=黄門は失敗に終わったが・・・

 ピアーズ=ボンドからの脱却が極めて難航するだろうと誰もが思っていたダニエル=ボンド。意外にもスムースな引継ぎができたのは、これまでとは違ったキャラの描きこみやプロットを重視したシナリオなど、思い切った方向転換が功を奏したのかしら。ダニエルの甘いとは口が裂けてもいえないあの顔以外はさほど違和感はなかった。続きを読む

gintarout_44 at 07:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)感想文 ら-わ行/数字 

September 11, 2006

ユナイテッド93

2325459b.jpg■未曾有の悲劇に己の無力を思い知るべし

 目の前の些細なことや、“生”の本質から外れた事柄を制しただけのことで、人間は己を過信する。しかし、容赦なく襲い来る悲劇に対して、人間とはなんと無力なものか。続きを読む

gintarout_44 at 08:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)感想文 ま-や行 

May 26, 2006

天文館が終わった

南日本新聞より

 鹿児島市千日町の映画館「鹿児島東宝」が10月、同市与次郎1丁目に建設される東宝系複合映画館(シネマコンプレックス)の開業に合わせて閉館することが、16日分かった。両館を運営する九州東宝(福岡市)は「既存館からシネコンへ、新しい形態に発展的に移行するため」としている。6月5日から休館するシネシティ文化は存続を模索しているが、天文館から映画館が消える可能性も出てきた。


続きを読む

gintarout_44 at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(1)コラム・雑記 

December 31, 2005

Mr.&Mrs. スミス

47b0a398.jpg■夫婦に秘密は禁物?

 この冬“ハリポタ”や“キング・コング”に全く興味のないワタシが絶対に観たい一本であった。理由はもちろんキャスティングである。もしも当初の予定通り、ジェーン役がニコール・キッドマンだったら観なかったかもしれない。単純にアンジーが好きなワタシなのである。続きを読む

gintarout_44 at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(4)感想文 ま-や行 

December 19, 2005

【ひとこと】年末年始の旅行動向

28ddb52b.jpg
Yahoo Japan NEWSより
 12月6日、JTBが発表した「年末年始の旅行動向」で、05年末/06年始の総旅行者数が前年比1.3%増加と5年ぶりの高い伸びになることが判明。写真は11月、タイのパトンビーチの日本人観光客(2005年 ロイター/Chaiwat Subprasom)続きを読む

gintarout_44 at 11:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)これを観てひとこと | コラム・雑記