まさかの不倫

このブログも何年目でしょう。 始めた頃は30代になったばかりで、普通に彼氏がいながら、40代の既婚者男性を 本気で愛してしまいました。ここのブログでその数年間を凝縮して書いていますが、 数年間の不倫の末、彼は離婚し、私と一緒に歩む道を選びました。 最初は不倫する人を軽蔑していた私が、自分がまさにその不倫に溺れ、様々な葛藤の中 別れる強さのない心の内を打ち明けるブログでしたが 現在は様々な男女感について、周りの話などを用いてあくまでも私個人の主観で 思いを綴るブログです。

私≠あや・・・ 不倫相手からパートナーへ≠池田さん


私たちは
不倫の末の夫婦。

そんな二人には
災いが起こるとか
周りに迷惑をかけているとか

そんなことを言う人も
いるのかもしれないが

幸い今は、

信じられないくらい



幸せに満ちている。



あんなに愛した人が、傍にいる。


不倫には
いろんな種類がある。


身体の快楽だけの不倫


心の快楽だけの不倫


片方だけ本気の不倫。


遊びの不倫。



なんでもいいが、



不倫でも、

不倫じゃなくても

男女の仲は結局


人がとやかく言っても仕方ない。


始まるときは始まるし
終わるときは終わる。


きっとこれからどちらかが
病気になったり
不妊だったり

そんなことがある度に

一般的にはきっと

不倫なんてしたからバチがあたった。
そういうのだろう。


けれどそんなこと、
誰にでも起こる話。



私たちは決して

「二人で地獄に落ちよう」

なんて
そんな意味不明な
時代小説のような約束を交わしたわけじゃない。


池田さんは
毎日プロポーズしてくれていたが

その姿はいつも
明るく前向きで、
曇りはひとつもなかった。


やっと決意した私に


両親は、
思いの外喜んだ。


そして新婚旅行は、
両親にプレゼントした。



私は子供も望んでいない。


池田さんだけ側にいてくれたらいい。



これから何があるかわからないし、
やはり今でも、
結婚がなにかなんて理解できないが、

そんな私でいいという人が
隣にいてくれたならば


今が私の選んだ道。















 

ここで言うのもなんですが、

結婚しました。



不倫して

その相手と結婚。


自分が結婚するだなんて

夢にも思わなかった。



愛している人に
愛してると言ってもらえれば
それでいいと思っていたから。



今でもそう思っている。


私に結婚は向いてないと。


けれど

「それでもいいから

結婚したと思わなくていいから。

主婦にはならなくていいから。



夫婦になろう」



そう、
言ってくれる人が
この人だった。



 


誰もがそう思っている。

もうすぐ30代になる可愛い後輩。
彼女が、
最近彼氏と別れた。

そんなの
まだまだ若いんだから
次があるわよ


と、周りはみんなそう言う。


けれど自分にとって失恋とは、
ただの一人を失うことは

自分の体の一部がなくなったように、
辛くて痛い。



彼女から、毎晩メールがくるようになった。


女の子はだいたいそうだ。

幸せな時は、
人にメールなどしない。


そして一人ぼっちになったら、

誰かに
その文字の羅列を読んで欲しくて
聞いて欲しくて
メールを送り続ける。


きっとそうやって
彼女からのメールもまた
途切れる日が来るだろう。
 

池田さんは言う。


「そんなこと言って、
君はいつもそういう女の子達に

メールを返すじゃないか。


恋をした女の子が
メールを返さなくなるというなら

君は僕に
恋をしてないのかな」



「ばかだなぁ

メールを打てないほど夢中で
あなたのことを見ていなくても

メールを打ちながら
安心して
あなたのそばにいるでしょ」








このページのトップヘ