東洋医学では、陰陽のバランスが基本となります。機能性の病とは、陰陽のバランスが崩れている状態。
治療とは、陰陽のバランスを回復する事です。

鍼灸には二面性があるといわれ、興奮している時は抑制し、抑制されている時は興奮させるという同時の作用を鍼灸では行うことができます。この作用を利用し、崩れてしまった陰陽のバランスをもとの健康な体に戻していくために、鍼や灸で適切な刺激を与えることが大切になります。

からだの中で、特に頭部は全身の中枢、特に下垂体はホルモンの命令中枢となっている部分です。頭の中には大脳があり、頭皮の特定の部位に鍼で刺激を行うということは、ストレスなどで滞っていた頭の血流を促すこととなり、全身機能の活性化につなげます。また、頭部には全身につながる重要なツボが集まります。頭のツボに適切な刺激を与えることにより、陰陽バランスを調和させ、全身の経絡の流れをよくすることができます。

様々な理由によるホルモンバランスの崩れなど不妊に悩まれている方は、当不妊専門治療院の不妊ハリを取り入れてみてはいかがでしょうか。


不妊鍼灸の迎春堂鍼灸治療院


不妊鍼灸効果について

不妊鍼灸効果のクチコミ