こんにちは、不妊専門鍼灸院 不妊鍼灸師、中医師の小川です。

あっという間に10月も半ばになりました。
今年は秋の情緒を楽しむ時間が短かったような気がします。
また、寒暖差によって体調を崩しておりませんか?
くれぐれもご自愛下さい。

さて、本日は排卵と体質改善についてです。

排卵とは、月経がある人の卵巣の中で毎月卵子の元である「卵胞」が育ち、
一定の大きさになると卵巣から飛び出すこと、これが「排卵」です。排卵日は、
その名の通り、排卵した日=卵巣から卵子が飛び出した日ということになります 
排卵は、これまで左右どちらかの卵巣から毎月1個ずつするものと考えられてきました。

 近年では、ホルモンを測ったり、腟式の超音波エコーで卵巣の卵胞の状態を
見たりすることができるようになって、排卵の詳しい様子がわかってきました。
 それによると、左右の卵巣から交互に排卵するとは限らず、右からばかりが続いたり、
片方の卵巣からいくつも排卵したり、また、両方の卵巣から同時に排卵したり、
いろいろな場合があるようです。
 ホルモンの状態がしっかりしていれば、卵巣が片方しかない場合でも、
その1つから毎月排卵します。ホルモン的にしっかりしていなければ、
たまには排卵をさぼることもあるかもしれません。それは、両方の卵巣がある場合でも
同じことなのです。(体の相談室引用)


当院の患者さんの中でも片方しか排卵しない方々は多くいらっしゃいます。
でも治療を続けて行くうちに、体質が改善されいつの間にか休んでいた卵巣からも
排卵するようになったというお声をお聞きいたします。
身体の滞りを取り除き、体質を改善されたからだと思っております。

是非ご相談下さい。


不妊鍼灸の迎春堂鍼灸治療院

不妊鍼灸効果について

不妊鍼灸効果のクチコミ