こんにちは。不妊治療専門鍼灸院 迎春堂の小川です。

さて、今回は、不妊治療について・・・東洋医学の視点からお話したいと思います。
西洋医学では、流産の原因として、染色体異常、子宮奇形、子宮頸管無力症、
黄体機能不全、自己免疫疾患などがあげられています。また、実際には原因が
特定できない場合も多いように感じます。
東洋医学ではこれらのことは、いずれも母体の準備がまだ十分に整っていない
からだと考えます。
つまり、これはまだお母さんの身体の準備が十分に整っていないよ!というサイン
だと考えおります。
例えば、母体の準備が整っていない状態で、お母さんも赤ちゃんも元気いっぱいに
過ごしていけるでしょうか?


この元気=「気」(・・・簡単にいうと、生命エネルギーのことを指します。)は東洋医学
では2つあると考えています。
それは、「先天の気」と「後天の気」です。
「先天の気」は言葉の通り、生まれ持った気です。これが、赤ちゃんがこの世に生を
授かるときにお母さんとお父さんから受け取るものです。
そして、「後天の気」は、生まれた後に飲食物から取り入れるものです。
この2つのものが生命エネルギーの源となります。


さて、もうお分かりかと思いますが・・・
母体の準備が整っていないと、赤ちゃんがこの「先天の気」を十分に受け取ることが
出来ないのです。
そうすると、育っていく過程でも様々な困難が生じてきることとなります。また、「先天の気」と
「後天の気」は相互に補い合っているので、「先天の気」が不足していると「後天の気」も
作られにくくなります。
イメージとしては、元気がなくなったり、病気の時には食欲がなくなるような感じです。


治療としては 生命力を高める「腎」 と 気血を作り出す「脾」 が大切になります。
「先天の気」や「後天の気」に深く関係する臓腑が「腎」となります。「腎」とは生命の源と
考えられる臓腑のことです。
また、「脾」は消化吸収を司り、赤ちゃんへ気血(≒栄養)を送ってあげるためにもとても
大切な臓腑となります。

また、東洋医学では「脾」には「昇清作用」があると考えます。
「昇清作用」とは、固定したり落ちないように支えたりすることです。臓器が下に落ちない
ように支えられているのはこの「脾」には「昇清作用」のおかげです。この作用がうまく
働かせることで赤ちゃんをきちんとお腹の中で育んでいくことができるのです。


この「腎」や「脾」を補い元気にしてあげることを中心に、母体を元気にしていくことがとても
大切なのです。
当鍼灸院では、健やかな出産を・・・というだけではなく、産後もお子様が元気に生きて
いけるように。
まずは、お母さんの身体の準備を整えています。


不妊鍼灸の迎春堂鍼灸治療院

不妊鍼灸効果について

不妊鍼灸効果のクチコミ