こんにちは。不妊治療専門鍼灸院 迎春堂の小川です。
今回は妊娠しやすい身体をテーマにお話をしてまいります。
前回、生命力を高める「腎」 と 気血を作り出す「脾」 が大切となるお話、そしてそれは、「先天の気」や「後天の気」に深く関係する臓腑が「腎」であり、「腎」とは生命の源と考えられる臓腑のことであるとブログに書きました。
妊娠しやすい身体作りでも、東洋医学の観点からみて、病気は「五臓六腑」の変調によって起こるとされています。五臓六腑の働きは、代謝・自律神経・ホルモン・循環等の働きにより支えられています。
これらの働きが良好で、尚且つバランスがとれた状態により、十分に内臓が機能し、からだが持つ本来の妊娠力を発揮することができると考えます。
どれか1つでも働きに不調をきたし、バランスが崩れると内臓機能が低下してしまい
妊娠に特に必要な「肝・腎・脾」の働きも十分に発揮できなくなってしまいます。つまり、子宮環境・卵子や精子・ホルモンバランスに不調をきたして、妊娠しづらい身体となってしまうのです。

『妊娠しやすい身体』とは、妊娠の成立のために良好な子宮環境、ホルモン活動のエネルギー源となる腎精の充実、卵胞の成熟を支える十分な血液や栄養などがバランスよく機能する状態であるといえます。
身体を流れる「経絡」という気のルートの流れをよくする必要があります。
前回も書きましたが、脾経と腎経の力をアップすることで、腎の精が高まりホルモンバランスが安定すると「卵の質」を高めるはたらきとともに妊娠力が高まり、「妊娠しやすい身体」へと導かれます。
さらに、腎精が高まることによって、妊娠を継続するための力も上がります。

このようにして、五臓六腑の働きを高めるとともに、日常の生活の中でも気を付けたいことがあります。
1、 冷えや低体温を改善する。
2、 7~8時間の睡眠をとる。
3、 バランスの良い食事をとる。
4、 適度な運動をする。

書き出してみると、普通のことで当たり前のことと思ってしまいます。
忙しい毎日の中で時間に追われてしまいますとついつい疎かになりがちなのは否めません。
意識することによって、生活の時間の使い方が徐々に変わってくると思っています。

当院では、色々な細かいことでも、サポートしております。是非とも、ご相談下さい。

不妊鍼灸の迎春堂鍼灸治療院

不妊鍼灸効果について

不妊鍼灸効果のクチコミ