こんにちは、不妊鍼灸院の迎春堂鍼灸治療院堂、中医師の小川です。
今回は「不妊と運動」についてお話させて頂きます。

不妊症の原因は様々です。生殖器に何らかのトラブルが起こっている場合やストレスが有名ですが、実は運動不足も大きな原因の1つになっています。

筋肉は重い物を動かしたりするなどの単純な働き以外に、血液を循環する働きや熱を生産する働きを持っています。心臓の力だけでは体のすみずみに血液を送り届けることができないのです。

つまり、運動不足によって筋力が低下すると血液の循環が悪くなってしまいます。さらに、不妊治療の大敵である冷えにもつながってしまいます。

少ない血液の循環量で生命維持をしようとすると、生殖器官への血液の循環が後回しになってします。
当然ながら、子宮や卵巣への血流が減少すれば子宮や卵巣の機能は低下して妊娠力は低下し、妊娠力が大きく低下すれば不妊になってしまいます。

運動不足で最もダメージを受けやすいのが卵巣です。
卵巣内にある卵子は胎児の時に全て作られるので、女性が老化していくと共に卵子も老化していってしまいます。
卵子の老化は不妊に直結するので、卵子の老化を加速させる卵巣への血流不足は特に危険です。

妊娠しやすい体をつくるためには、適度な運動をして運動不足にならないように予防することが重要です!
生殖器官に血液を十分に循環させるためには、それほど多くの筋肉は必要ではありません。

筋肉の70%は下半身についていますから、下半身の筋力を鍛えることが血流の循環と冷えの解消に有効ということになります。

ということで、ハードなトレーニングなどをする必要はなく、日常生活に軽い運動を取り入れるだけで運動不足は解消することは可能です。忙しい人であれば、1日15分のウォーキングでも構いません。朝のラジオ体操からでも構わないです。

運動する事でもたらされるものは、血液の循環が良くなること、血行が良くなること。それにより子宮の機能が上昇する事です。15分でも毎日続けると冷え性解消にもなります。

さらには、体を動かす事で心のリフレッシュにもつながります。血液の循環がよくなる事で、脳も動き出します。今まで暗く考えていた事を客観的にみれるようになるなど、心が軽くなっていく効果も期待できます。
不妊では人にも言えない辛い事も多くあります。運動を取り入れる事で心をリフレッシュする事は大切な事です。

当不妊鍼灸院では、鍼灸、経絡マッサージ、吸い玉、カッサなどの中国伝統療法により、血液循環の改善を行い、
体全体のバランスを整えることを行っていきます。
ぜひお気軽にご相談ください。

不妊鍼灸の迎春堂鍼灸治療院