こんにちは!迎春堂スタッフです。みなさんはもうGWのご予定はお決まりですか?
今回は妊娠中の糖尿病についてお話したいと思います。
妊娠すると身体は大きく変化します。それにより様々なトラブルも引き起こされます。その中でも注意したいのは『妊娠糖尿病』です。『妊娠糖尿病』とは、妊娠後初めて発見または、発症した糖代謝異常のことで、糖尿病には至らない軽度のものをいいます。妊娠すると、優先的に赤ちゃんにブドウ糖を送るために、インスリンの働きを抑える=血糖を上げやすくするホルモンが胎盤から分泌されます。そのため、中期以降すべての妊婦さんがインスリン抵抗症という状態に陥り血糖値が上がりやすくなります。ほとんどの妊婦さんは自分の膵臓からインスリンを大量に出して血糖を正常に戻すことができますが、もともと膵臓の機能が弱い方は対応できず血糖が上がってしまうのです。
また、妊娠中に血糖値が高いと、赤ちゃんにも大きな影響を及ぼします。血糖が高いと、赤ちゃんは自分の膵臓からのインスリンをたくさん出して血糖が上がりすぎないように調節します。赤ちゃんにとってインスリンは成長ホルモンとして働くので、インスリンを大量に分泌することで巨大児なってしまいます。そうすると、出産時に肩甲難産を引き起こしてしまいます。さらに、大きくなってから肥満や、糖尿病になるということが疫学的に証明されています。妊娠中に血糖を正常に保ち子宮内環境を整えることは、赤ちゃんの将来にとってとても大切なことなのです。また、妊婦さんにとっても、妊娠中に血糖値が高くなってしまうと将来糖尿病になるリスクが高まってしまいます。体重が重い、両親や兄弟姉妹に糖尿病がある、尿糖陽性、先天奇形や巨大児の出産歴がある、流産や早産歴がある、35歳以上、などの場合には血糖値が上昇しやすいといわれています。糖尿病になりやすい体質の女性は、妊娠前に血糖値を測定し、高かった場合には治療を行い、改善してから妊娠することが大切です。
不妊鍼灸治療により体質改善をすることで、糖尿病と合わせて治療をおこなうことができます。


不妊鍼灸の迎春堂鍼灸治療院