こんにちは!迎春堂スタッフです。
関東も梅雨入りとなり、みなさん頭痛などの不調はございませんか?

今回は近年増加している病変の一つである「チョコレート嚢腫」について
説明したいと思います。

チョコレート嚢腫とは子宮内膜が卵巣に発生した状態であり、ホルモンの影響を受けるため、月経のたびに卵巣内で出血が起こります。

一時的な出血は体内に吸収されますが、卵巣は排泄器官がないため、繰り返される月経によってどんどん腫大し、卵巣周辺の組織(子宮・卵管・腸)と癒着をすることで、不妊・排卵障害を引き起こしてしまうのです。

また、チョコレート嚢腫は子宮内膜症の主症状である疼痛(生理痛、排卵痛、性交痛、排便痛、月経がない時でも下腹部や腰仙部の痛み)の原因の代表的な一つの病変です。

好発年齢は20代~40代で、妊娠中または閉経でない期間で症状は続きます。

治療方法は薬物療法と手術療法です。

・薬物療法
ピルで月経を止め、排卵を抑えることで卵巣の働きを休めます。
しかし、長期間服用することで骨粗しょう症を発症する原因になると言われています。

・手術療法
40歳以上もしくはチョコレート嚢腫の直径が10㎝以上のものでは卵巣癌を合併する可能性があるため、手術の適応となります。

東洋医学ではチョコレート嚢腫を瘀血と考えます。
瘀血の周辺はとても冷えやすく、気・血・水のバランスを悪くさせます。
中医療法は鍼灸、漢方、中国伝統療法があり、これらを取り入れる事で
疼痛の軽減やチョコレート嚢腫の腫大を食い止める事が期待されています。
また副作用もなく、体質改善することができますので安心して受けて頂けます。
まずは気軽にご相談下さい。

不妊鍼灸の迎春堂鍼灸治療院