皆さまこんにちは、迎春堂不妊鍼灸院です。

最近不妊治療の目安として良く聞く数値『AMH』ですが、「年齢は若いけどAMHは低いね」と言われショックを受けたことはありませんか?
そもそも、AMHとは何を表す数値なのでしょうか?

アンチミューラリアンホルモンといい、卵胞の周りにある細胞から出るホルモンを測定すると、卵巣の中の卵の数が推測できるのです。
なので、AMHを指標に自分がどの治療をしなければならないのかがわかります。

ですが、AMHが高いからと言って良いものでもありません。
高すぎると多脳胞性卵巣症候群と言われてしまいます。
そして、低すぎても大丈夫です!
妊娠に必要なことは『卵の質』です。
個数は少なくても卵の質が良ければ妊娠はしやすいのです。

なのでAMHの数値が低い方は、ぜひ鍼灸治療で卵の質を高め最短で妊娠できるようにお身体づくりをしていきましょう!!
また、鍼灸治療は深い睡眠を誘います。
質の良い睡眠はホルモンをたくさん出しますので、ぜひお気持ちを落とさずにご来院下さい。