帝国政府声明文 「戦勝国は日本だった」

私の先祖は安濃宿禰(アノウスクネ)です。伊勢国安濃郡の県造(知事)で、垂仁天皇(紀元前29年-紀元後71年)が天照大御神(八咫鏡)を宮外に祀る時、その地を伊勢に定められることに尽力したお方のようです。そのお宮が後の伊勢神宮です。垂仁天皇は出雲にもお宮を造られましたが、その時も安濃宿禰の子孫が出雲に移住し出雲安濃郡を形成しました。このお宮が後の出雲大社です。このブログは実存二代目垂仁天皇の神事を司った安濃宿禰(アノウスクネ)からのメッセージです。

帝国政府声明 昭和16年12月8日午後0時20分発表
「而して、今次帝国が南方諸地域に対し、新たに行動を起こす(開戦)のやむを得ざるに至る、なんらその住民に対し敵意を有するものにあらず、只米英の暴政を排除して(白人を追放し)、東亜を明朗本然の姿に復し(植民地に成る前の東亜へ戻す、即ち独立国家に戻す)、相携えて共栄の楽を分かたんと祈念するに外ならず(大東亜共栄圏を確立、)。帝国は之ら住民が我が真意を諒解し、帝国と共に、東亜の新天地に新たなる発足(八紘一宇の実現)を期すべきを信じて疑わざる物なり」

「私は自分のご先祖様が判明したとして、2千年前に第11代陛下垂仁(すいにん、実在が確認された2代目天皇、父は一代目崇神天皇)天皇に仕えた安濃宿禰(アノウスクネ)について述べました。安濃宿禰は当時伊勢国の国造(くにのみやっこ、知事)で垂仁(すいにん)天皇((紀元前29年-紀元後71年))の第4皇女倭姫命が陛下の命によりアマテラスオオミノカミ(ご神体は八咫鏡)を祀る御廟の建立地を探していたとき、伊勢の地をその地に定めることに尽力したお方です。この御廟が後の伊勢神宮として大成することになります。原始伊勢神宮建立の立役者の一人であるようです。また、垂仁天皇の皇子は聾唖を煩っていましたが、この皇子が出雲国への出張から戻ると病が完治していたという因縁に鑑み垂仁陛下は出雲国にお宮の設置を命じましたが、そのとき出雲のお宮建立に伊勢から馳せ参じたのが安濃宿禰の一族だったと言うことです。そのため出雲には安濃郡と呼ばれる地域があったそうです。このお宮は後に出雲大社と呼ばれることになります。

私の先祖である安濃宿禰は日本神道開基のころ原始的神官として活躍された方のようです。私は子供の頃から霊感が強く不思議な霊的現象を体験してきました。2016年3月10日のブログでトランプ氏が大統領就任パレードを行っている夢を見たと報告しましたが、これが予知夢となったことはご存じの通りです。何故私は霊感が強いのかという疑問は今まで解けなかったのですが、ご先祖が伊勢神宮、出雲大社出現に関わったお方と知りようやく理解できたわけです」

パブリックラジオ ノスタルジアのブログ、ネット放送、動画配信はすべて視聴者からの寄付金、授業料で賄っております。CMスポンサーは独自の言論を確保するため、受け入れておりません。

授業料振り込み口座です。

ゆうちょ銀行 店番号908 振替口座 02770984615
北洋銀行東屯田支店 普通口座 3572609         
口座名 ラヂノス倶楽部

ご支援をお願いします。

Tuition fees, Donation transfer bank account.
Public radio nostalgia, blog, Internet broadcasting, on-demand video is all we are funded by donations from viewers and listeners. We never accept CM sponsors to ensure the freedom of opinion.
The tuition fee transfer account.
Japan Post Bank
Branch No. 908
Giro Account: 02770984615
Account name = Radinos Club
North Pacific Bank
East Tonden Branch
Ordinary Account: 3572609
Account Name = Radinos Club
Thank you for your support.


初版希望の方は出版社に予約をお願いします。

来月20日発売予定の拙著「大東亜戦争の開戦目的は植民地解放だった(帝国政府声明の発掘)」は事前予約で残り僅か(400冊余り)となりました。初版希望の方は出版社に予約をお願いします。
展転社:電話03-5314-9470 FAX03-5314-9480

拙著「戦勝国は日本だった」へのアマゾン読者レビュー

トップカスタマーレビュー

殿堂入りベスト10レビュアー2017年6月23日
形式: 単行本
農学博士、雪氷学者である安濃豊博士の自伝的小説である。

雪氷学を研究する若い科学者、田中俊彦は後見人である教授が病死したため、論文発表も学会発表もできなくなってしまう。アメリカ陸軍の研究所から招請され、日本の学界の閉鎖性(実績よりも年功序列、コネと面子を重んじ、農学部出身者を見下し、排除する)に嫌気がさしていた俊彦は恋人とも別れ、二度と日本に戻らない覚悟で渡米する。
最初は世界で最高の研究所だと喜んでいた俊彦だったが、兵隊上がりで科学者としては無能な上司に嫌気がさして有能な研究者が次々と辞めていっていることや、上司が馬鹿でもゴマをすらなくてはだめだと言われたり、俊彦を招請した博士が実は研究能力がなく他人の研究能力を利用して地位を保っていることや、俊彦を誘った3人の日本人研究者がほとんど論文を出していない(仕事をしていない)こと、俊彦の白人の助手のサラリーが俊彦より高かったり、参謀長(将軍)が来所して俊彦が開発した装置を見学したとき、助手に説明をさせて助手が開発者だと思わせるようにするなど、有色人種蔑視の現実に出くわして、落胆していく。
「アメリカを知らない日本人がそうやってアメリカへやって来て、落胆し失望して帰っていく。しかし、日本に帰って本当のことを話すのは格好が悪いから『アメリカはいい国です』と嘘をつく。そして、僕のようにそれを嘘と知らずに、またアメリカにやって来る日本人が現れる。この悪循環をどこかで断ち切らなくては、僕のような日本人が後を絶たないことになってしまう」。
そんな折、中国人のワン教授から「どんな悪い国でも祖国は祖国だ。人間は親を選んで生まれてくることができないように、祖国を選んで生まれてくることはできない。その貧しい親を、だからといって蔑ろにしたり、捨てたりしたら、その人は人でなしとして罵られても仕方ないと思う。祖国も同じだ。つまらない国だからといって、祖国を捨てることは、親を捨てる行為に等しい。どんなに苦しいことがあっても祖国を捨ててはダメだ。まして君の国はアメリカに次ぐ工業国で、アメリカより優秀なコンピューターを作る国ではないか。そして、白人国家と戦ってアジアを開放した国だろう。太平洋戦争の戦勝国は日本と戦後独立したアジア各国で、敗戦国は欧米白人国家だ。理由は、戦争で独立と自由貿易を得たのは日本とアジア各国、白人国家はすべての植民地を失った。日本はアジアを開放した偉大な国だ。君が日本の学会で苛められていることは知っている。でも君は逃げちゃダメだ。そんな欠陥のある祖国をよりよくする義務があるんだ。欠陥のある親だからといって捨てちゃダメだよ」「侵略者を追い出した戦争の何処が侵略戦争なのかね。白人国家は数百年に渡ってアジアを侵略支配してきたが、彼らを追い出したのは日本人だろう」「日本の戦争目的は、アジアを白人列強から解放し、列強に押さえられていた資源を獲得することにあった。一方、白人連合国は植民地を維持すること。さて、戦争目的を達したのはどちらの側だろう。独立したアジア各国と日本はその後、自由貿易を行えることになり、経済発展を遂げていく。一方連合国はすべての植民地を失い、没落してしまった。我々アジア人に言わせると、連合国こそ敗戦国ということになる」と言われる。更に、陸軍から、核爆弾の研究を持ち掛けられ、日本に帰る決意をする。
「アメリカへ来て初めて、自分には帰れる国があることに気が付いた。乞食をしようが、討ち死にしようが、国をよくするために生きようと思う。たとえ僕がアメリカで研究者として成功しても、自分が生まれ育った国を蔑ろにする限り、人生の成功者とは言えないと思う」。

これほどの書が無名に近く、絶版になっていて、入手がほぼ不可能になっているのは残念だが、大阪市の中央図書館にあることが分かったので、最寄りの図書館に頼んで借りてもらって読むことができた。県や大都市の中央図書館クラスの図書館なら、相当なレア本でも大抵はあるので、購入は不可でも読むことはできる。多くの人に読んでもらいたいと思う。
コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月12日
形式: 単行本
日本の歴史教育は「第二次世界大戦でアジアの国々に侵略して多大な迷惑をかけてしまったので、アメリカに都市爆撃で民間人を大量に殺され、民間人を狙った大量破壊兵器兵器の核爆弾を2回も受けて沢山の人たちが死にましたが、その後、平和の国として発展することが出来たので、めでたし」的な話が一般大衆向けのストーリーでしたが。

実は、第二次世界大戦当時、アジアの国々など、ほとんど無くなっていて、すでにヨーロッパに奪われていました。
中国や朝鮮半島は不凍結軍港として以前からロシアが狙っていて、もし日本に併合しなければ現在は韓国の部分も北朝鮮体制かロシア領土で現在の北方領土やウクライナ情勢になっていたでしょう。日本が第二次世界大戦でイギリスやオランダ、フランスをやっつけてアジアから追い出したというのが正解という事に気がつく一冊。植民地からの自力独立はとんでもなく大変な事です、どれくらい大変か?気になる方はガンジーの伝記を読むといいでしょうし日本軍の及ばなかったアフリカが現在でも発展が遅れてるのを見れば、第二次世界大戦は、アジア独立と発展のために日本が戦って勝ち取った自由であることがわかるでしょう。アメリカ人が日本の真珠湾攻撃を批判しますが、元々ハワイ王国は独立国家でした、のちにアメリカに奪われ自由の国の一部なハズがハワイ原住民は、現在は本土から来たアメリカ人に仕事も土地も奪われて多くは貧困にあえいでいるのが現状です、日本軍がキッチリ占領してれば歴史は変わったかもしれません??
コメント| 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月31日
形式: 単行本|Amazonで購入
日本アジア開放論があるのは以前から聞いていたが、その証拠などを挙げ、明解に論じている。でも、世界は容易に受け入れないんだろうと思うと、歴史や政治では「真実」が蔑ろにされ、だれかの都合に合わせて「虚偽」を定説にしてしまうのだなと感じた。
靖国神社の英霊への敬意と、御冥福を祈る気持ちになった。
コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年9月9日
形式: 単行本|Amazonで購入
日本人として、自虐史観が完全に抜けて、誇りを持って生きられる素晴らしい本です。
この本を是非、日本人なら読んで下さい。
堂々と生きられます。作者には、感謝しかない。
コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月29日
形式: 単行本|Amazonで購入
安濃 豊先生のこちらのネット本も買わせていただきました。
有色人種を解放した大日本帝国
アジアを解放した日本[・・・]
帝国政府声明文の発掘 
クラウゼビッツ理論
ありがとうございました
九州西海岸住人
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?

11月5日になればドンピシャです

 この春以来私のブログ、動画視聴者の間で話題になっていた安濃宿禰からの睡眠霊通の意味が分かってきました。トランプ大統領の訪日が11月4ー6日で調整されているそうです。11月5日になればドンピシャです。

 安濃宿禰は大統領訪日日程を教えるためにだけ私に睡眠霊通をしたのではないと思います。
 大統領が訪日して何をするのかと言うことを教えたかったのだと思います。
何か大きな歴史的出来事が今回の訪日で起きるはずです。それは何なのか皆で考えましょう。
 朝鮮戦争の再発なのか、靖国参詣なのか、大統領殺害を狙った北鮮によるテロなのか、いったい何が起こるのでしょうか?
以下に4月10日の拙ブログを紹介します。

***********************************
2017年04月10日11:18
「115に留意せよ」
安濃宿禰から睡眠零通です。
「115に留意せよ」
これでは意味分かりません。

http://blog.livedoor.jp/giranbarekanjya/archives/51485742.html
************************************
http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/12/donald-trump_a_23206706/

最新コメント
記事検索
Face Book









カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター

    著者経歴

    氏名:安濃 豊(あんのうゆたか)
    1951年12月8日午前2時(真珠湾攻撃から丁度10年後)札幌にて誕生
    1962年4月11日(10歳と4ヶ月)深夜
     知らない初老の紳士が亡霊として枕元に立つ。(20年後、その亡霊が雪氷学者 中谷宇吉郎であったことを知る。4月11日は中谷の命日)
    1967年4月
    道立札幌北高校入学
    1968年4月
    物理学教師疋田裕先生に師事、疋田氏は北大理学部物理学科、低温研出身で中谷宇吉郎の弟子。
    1975年3月
    北大農学部農業工学科卒業
    1975年4月
    内閣府(北海道開発庁)キャリア
    1976年12月
    吹雪風洞実験法・理論を世界で初めて実用化。
    1978年5月
    黒岩大助北大低温研所長に師事。黒岩氏は中谷宇吉郎の弟子。
    1982年2月
    10歳の時枕元にたった初老の亡霊が中谷宇吉郎であったことを雑誌ニュートンの特集により知る。直ちに黒岩先生に報告。中谷は吹雪実験のための風洞を未完のまま残置して死去したことを知る。
    1985年5月
    北大農学部に残置された中谷宇吉郎制作の風洞実験装置を吹雪風洞に改良。
    1985年6月
    米国CRRELへの赴任が決まり、中谷宇吉郎の自宅(東京 原宿竹下通り近く)を訪問、中谷の霊前に報告。
    1985年8月
    米国陸軍寒地理工学研究所(CRREL)研究員
    吹雪風洞実験法・模型理論を米軍に供与するため、米陸軍より招聘され渡米。CRRELは中谷宇吉郎がマッカーサー将軍の依頼を受けて設立した、米国版”北大低温研”。
    1985年8月
    ニューハンプシャー州立大学土木工学科研究員
    米国陸軍が安濃の研究就労ビザ取得を容易とするため、大学に研究ポジションを創設し、陸軍と兼務とする。招請窓口となったマルコム・メラー博士は中谷宇吉郎の弟子。
    1986年6月
    北大農学部より農学博士号取得:博士論文「邦訳;吹雪模型実験による農業施設の防雪」全英文)、学位担当教授は北大理学部物理学科出身で中谷宇吉郎の弟子。
    1986年11月
    米陸軍参謀長 ウィッカム大将が安濃が制作した吹雪風洞施設を視察、重要研究に指定。
    1987年2月
    参謀長視察後、研究所内での人種差別、嫌がらせが酷くなり、それに嫌気がさし帰国。対米開戦はこの人種差別が原因であるとの確信を得る。
    1989年1月
    アイオワ州立大学(アイオワ州エームズ)航空宇宙工学科客員研究員。
    火星表面の砂嵐研究のため招請される。
    2000年4月
    戦勝解放論普及のためラヂオノスタルジア(FM78.6MHz)を開局。
    2006年5月
    小説「戦勝国は日本だった」を上梓、内容はGRRELでの人種差別体験談。
    2012年8月
    歴史書「大アジア解放戦争」を上梓。
    http://annoyutaka.wook.jp/
    2014年5月24日
    靖国神社にて公演、演題「有色人種を解放した大日本帝国」
    2014年8月
    北大博物館に保存される中谷研究室を訪ねる。中谷が制作した風洞装置制作図面を確認。
    2015年8月11日
    札幌護国神社にて公演、演題「国家神道こそ世界最強信仰」


    ラヂオノスタルジア(FM78.6MHz)代表取締役
    評論家、歴史家、作家、雪氷科学者,ラヂオDJ


    2007年6月 
    難病ギランバレー症候群を発症、後遺症のため重度2級障害者となり、歩行困難者に認定される。移動には杖、車椅子を必要とする。

    livedoor プロフィール
    授業料、寄付金振込先
    パブリックラジオ ノスタルジアのブログ、ネット放送、動画配信はすべて視聴者からの寄付金、授業料で賄っております。CMスポンサーは独自の言論を確保するため、受け入れておりません。


    授業料振り込み口座です。


    ゆうちょ銀行 振替口座 02770984615
     口座名 ラヂノス倶楽部

    北洋銀行東屯田支店 普通口座 3572609 口座名 ラヂノス倶楽部


    ご支援をお願いします。





    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ