私が入院している病院は紀州徳川藩の高名な医師の直系の方が経営しています。その高名な医師は当時の国学者とも親交のあった人物です。
札幌学派の研究も日本史の研究であり、ある意味国学でありましょう。
この件についても大変因縁を感じております。