私の科学の恩師は黒岩大助北大理学部教授であることは以前から伝えてありましたが、この情報だけでは黒岩先生が科学者としてどういった業績を挙げた方なのか分からないでしょうから、ここで皆さんにお教えします。
黒岩先生は日本で最初の電子顕微鏡を開発した研究者で、戦後はその電子顕微鏡を使って、雲の生成物質である氷晶(氷の粒子)は大気中の微細な塵を中心核として氷粒が出来上がることを科学的に証明しました。氷晶を融かして、氷晶中心に塵の核があることを電子顕微鏡で世界で初めて撮影に成功しました。これにより人類は初めて雲が出来上がる理由を知ったのです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E5%B2%A9%E5%A4%A7%E5%8A%A9