睡眠霊通:平成4年4月3日午後零時30分睡眠中に遭遇
*****
私はロシアかウクライナいずれかの大部屋に居た。4角い部屋の各壁の端には張り紙が貼ってあり、正面の壁には「スターリニズムを断固拒否する」と書かれた張り紙が貼ってあった。他の3面の壁にも標語が書かれており、その一枚には「民主主義の絶対確保」と書かれていた。
部屋の中には私も含めて11名ほどの男がおり、大きなテーブルを囲んで協議が行われていた。それぞれの前には協議事項が書かれた紙が置かれ、男たちは論議を重ねていた。
男たちが立ち上がると、胸の前に両手で紙を広げて持ち、縦一列に並ぶと壁に向かって行進し、「スターリン拒否」の壁紙の前まで行くと、縦一列で壁に向かい「スターリニズム拒否」を何度も唱和した。次に隣の壁に向かうと、今度は「民主主義の絶対確保」を唱和した。縦列の一番後ろにいた私は尿意をもよおしてきたため、隊列を離れ、部屋の外にあるトイレへ向かった。
そこで目が覚めた。
*********
この霊通は何を意味しているのだろうか?
ロシアの上層部でクーデターへの団結式が行われているのだろうか、それともウクライナ指導層が対ロ徹底抗戦の誓いを立てていたのだろうか。スターリニズムの拒否が必要なのはロシアである。それゆえこの霊通はクレムリン内部でプーチン排除を目的とするグループが結成されたという暗示ではないだろうか。