PAK89_harisenbon20140719500

706: (名前は掃除されました) 2011/12/27(火) 23:58:41.76 ID:gWHox7Nw
片岡義男の小説『道順は彼女にきく』
失踪した美人を、ノンフィクション作家が経緯を知る為調べ始めるが、あまりの生活感や持ち物の少なさから困惑していく話。
とにかく本人がいないから持ち物や部屋を他人に客観視されまくり。
そんな目で自分や部屋を見直す。
慌てて掃除しちゃいますよ。

709: (名前は掃除されました) 2011/12/29(木) 17:18:08.59 ID:m9saHpey
Pixerの「カールじいさんの空飛ぶ家」 原題"UP"
初恋の相手と仲むつまじく暮らしていたカールじいさんだが
妻が先に亡くなってしまい、二人の思い出いっぱいの家は
立ち退きを迫られている。どうする、カールじいさん!?

最初からウルっと来る美しい夫婦の思い出シーンから始まるが
全編通して犬と少年と老人の冒険コメディ。
心に響いたのは、少年を助けるために、家の中から亡き妻との
思い出の家具をどんどん外へ捨てる場面。
物質への執着を断ち切って、妻への想いは胸に、前に進む。

そして最後には一番大切な物も捨てる!
それがどんなに大切か、作中にこれでもかと描かれていたから
号泣だった。

大切なのは物質ではなくて心なんだよ、という気持ちになる。
都合のいいところもあるけど、絵がキレイで、心温まるコメディとして楽しめます。


710: (名前は掃除されました) 2011/12/29(木) 17:23:31.97 ID:LcSWjDCv
>>709を読んだだけでウルッときた

711: (名前は掃除されました) 2011/12/29(木) 17:38:29.58 ID:xEGewtbf
>>709お正月休みに見てみる!

712: (名前は掃除されました) 2011/12/29(木) 18:00:24.74 ID:m9saHpey
709 書き忘れましたが、捨てて後悔ではなく、捨てることで前向きに
なれる物語です。
捨てる場面で自分が泣いてしまうのも、悲しいからではないです。

思い出に執着することを止めて”今”を生きるカールじいさん
対するライバルが過去だけに執着し変わることができないキャラ
というのがまた、カレン的片付け風水にも通じるところがあると思います。

713: (名前は掃除されました) 2011/12/29(木) 18:31:45.43 ID:LcSWjDCv
ライバルとか出てくんのかあれw

>捨てることで前向きに
>なれる物語です。
なるほど。原題が「UP」だけのことはあるんだな

714: (名前は掃除されました) 2011/12/30(金) 10:19:39.78 ID:vhGBFD/B
リンドグレーン「長くつ下のピッピ」
モンゴメリ「丘の家のジェーン」
どちらもまだ年端もいかない女の子が主婦業をこなしてる

ジェーンは掃除もインテリアもハイレベルだししまいには家選びまでしてるし
ピッピは適当きわまるやり方ながら、きちんと毎日ごく当たり前に掃除をしてる

我が身を振り返って一瞬おちこんだ後、こんなことじゃいかんと気合いが入る

715: (名前は掃除されました) 2011/12/30(金) 12:17:46.70 ID:hJeaj/fi
丘の家のジェーンいいね
これに登場するエムおばさんもなんだか素敵

716: (名前は掃除されました) 2011/12/30(金) 22:39:40.48 ID:wBd70q8H
ジェーンいいよね
丘の家に行く前の「月をピカピカに磨く想像」からわくわくする

717: (名前は掃除されました) 2011/12/31(土) 15:01:22.37 ID:ku9GwG2v
プリズンブレイクのファースト1。
背景の牢獄の何もない様子にも、色々と感じる所があるのだけれど。
脱獄のために、秒刻みで準備する様子や、その手つきの無駄なさ、その他、せっせと就労している時の様子に餅が上がる。

720: (名前は掃除されました) 2012/01/08(日) 10:23:45.42 ID:CuliYarl
ピッピのダイナミックな掃除は良いですな。
乾いていない床を見て、気にする友人に
「床は風邪をひかないから」
と返すところとか。

721: (名前は掃除されました) 2012/01/08(日) 22:58:20.06 ID:nmijTCDr
海外のリアリティ番組のHoardersとかClean Houseがお勧め。
前者は病的なタイプ(ゴミ屋敷レベル)で後者はものぐさタイプ(汚部屋レベル)。
ホーダーズのほうは、ゴミ屋敷になるまでの原因とか経過もわかるし、
ゴミを取り除くときも、心理カウンセラーが説得しながら進めるので、面白いと思いました。
つまらないガラクタに固執している姿を自分と重ねる時があります。
最後にピカピカとは言えないけれど、すっきり物が無くなった部屋を見ると、
モチベーションが上がります。

929: (名前は掃除されました) 2013/11/19(火) 19:08:13.05 ID:bedRVZU2
>>721でも出ているHoarding Burried Alive
どんなものかぐぐったら、Youtubeにいくつかあがってて
軽く観るつもりだったけど、つい最後まで見てしまったんだけど、
”捨てられない人たち”が家族や友人の協力の下で
カウンセリングを受けながら物と別れていく経過で
顔つきの変化がすごかった。

722: (名前は掃除されました) 2012/01/11(水) 03:44:23.32 ID:bup/rs3O
まんがだけど
『きのう何食べた?』よしながふみ

おもに台所シーンが多くて参考になる。
料理を作りながら洗えるものは洗ったり、洗ったものを使い回したり。
掃除・整頓の基礎はこまめに行うことだよな~って実感する。
たまにぐちゃっとなった部屋の描写もリアル。

「今日はしんどいからもういいや、手抜こう」
「めんどうだけどちゃちゃっとやっちゃおう、後から楽なんだよな~」
ていう場面がどちらもあるから、わたしも手抜こう~がんばろう~と真似できる。
働いてるひと、比較的忙しいひとだとモチあがるかも。

725: (名前は掃除されました) 2012/01/19(木) 02:54:32.29 ID:iLdS7wrz
>>722
あれは汚部屋体質の自分にはちょっとハイレベルだなー
基本がすごいきっちりした生活ぶりで敷居が高いw
料理は参考にしてる

引用元: ・【ドラマ】掃除のモチベーションが上がる物語【小説】