com-assets_c-2015-04-ELL86_yasasiihikari-thumb-1000xauto-12413


※注意書き
こちらはカレン・キングストン著、「ガラクタ捨てれば自分が見える」のスレです。
本を読んでなくてもわかると思いますが、
更に知ってみたい!という方は調べたり本を読むのもおすすめです。
右上・左下などの用語は風水定位置盤の位置を表しています。
風水定位置盤についてはこちら
占術理論実践板からの転載になり
スピリチュアル色もやや強いので
苦手な方はスルーしてくださいね。


75: (名前は掃除されました) 投稿日:2013/11/05(火) 14:50:05.25 ID:nKXVAb/A
なぜかお金に困らない友人がいる
聞くところによると貯金はあまりないらしいが
「あれ欲しいとかこれやりたいと思うと、必要な金額が流れてくる」らしい
一緒にふらっと入った画廊で300万ぐらいの絵をさらりと予約したのを見たときは本当にびっくりした
「直前に大きな仕事が決まったの、そのお金が入ったら払うんだ」と言っていた
後日友人の家を訪ねたら、リビングにその絵が飾られていた
壁の真ん中の少し高い位置に飾られた小さな絵は、正直言って私には価値が分からない
でもうまく言えないけど、それを眺めてニコニコしている友人とその絵は、ぴったり結びついてるように感じた

友人は仕事でも買い物でも人間関係でも、自分と縁があるものすべてに惜しみなく感謝と愛情を注ぐ
どんなにちっぽけでも、見過ごしやすいくだらないようなことでも大事にする
「私のところに来てくれてありがとう、ありがとう」と口癖のように言う
そして必要がないと判断した物には絶対に手を出さないし関わらない
驚くほど徹底してる
やってみれば分かると思うけど、それは本当に難しい
真似をしてみてるけど、私はまだ友人のようにはできない

今度会ったらカレン本を薦めてみるつもり
もし友人がカレンに興味を持ったら、どんなことが起こるんだろう
心から楽しみだ

76: (名前は掃除されました) 投稿日:2013/11/05(火) 14:59:25.76 ID:pILBnlZK
>>75
そういう人って、カレンを知らなくても
自然とカレンのような捨てを実行しているんじゃないのかな
>必要がないと判断した物には絶対に手を出さないし関わらない
>驚くほど徹底してる
というところなんて、捨てる以前に捨てるようなものを手にしない究極の形。

77: (名前は掃除されました) 投稿日:2013/11/05(火) 15:03:34.87 ID:nKXVAb/A
>>76
ところがそうじゃないんだ
本人が「物の整理だけは思うように運ばない」とこぼすくらい、物に溢れた家に暮らしている
大事な物が多すぎて捨てられないんだそうだ
冷蔵庫も本棚も、ありとあらゆる収納に物がみっちり詰め込まれてる
いつ行っても空気が清潔だから嫌な感じはしないんだけどね

78: (名前は掃除されました) 投稿日:2013/11/05(火) 15:23:48.60 ID:1R8XOzI+
>>77
そういう人って家面積は普通でも物に対する愛情の幅が広いのかも
家にある物を全て愛せればどこに何があるかわからないとか
空気が淀むとかいう事は起こらないから
アーティストのアトリエ兼自宅とか評価の高いコレクターとかの部屋がそんな感じかな
凡人は管理できるものの数に限りがあるから物理的に減らすしかないんだよねw

79: (名前は掃除されました) 投稿日:2013/11/05(火) 15:30:08.25 ID:2W0ZvcS2
>>75
うわ、素敵だなぁ素直に羨ましい!
ついつい損得考えちゃうさもしい自分も
こんな風にいろんなことを大事に感謝できるようになれたらいいな

80: (名前は掃除されました) 投稿日:2013/11/05(火) 15:55:05.77 ID:+PDKiibc
>>75
オカルトになっちゃうけど、丸きり引き寄せの法則だなあと思った
素晴らしいね。真似して出来るものじゃないよ。
友人にカレンは別に必要ない気はするけど、それを決めるのは友人だから教えるのは良いと思う。
いやー、会って話してみたいわ

81: (名前は掃除されました) 投稿日:2013/11/05(火) 17:09:09.12 ID:5KV4IqR9
>>75
>>80に同意
友人にカレンは必要ないと思う。
それにしても、その友人すごいな。
モデルルームみたいにすっきりした家に住んでいるんだろうなぁ…。

>友人は仕事でも買い物でも人間関係でも、自分と縁があるものすべてに惜しみなく感謝と愛情を注ぐ

なんて、簡単にできることではないし、本当にすごいと思う。

95: (名前は掃除されました) 投稿日:2013/11/05(火) 23:53:42.37 ID:xF2rNmPN
>>75
私は最小限のものでいい!みたいな極端な考えになってたんだけど、結婚してから変わりました。
旦那が本好きで蔵書が半端なく多いんだけど、どの本もちゃんと気に入ってるんですよね。
気に入るものや便利なものは持ってていいんだ、って思ったよ。
本にはちゃんと書いてあったのにものは少ない方がいいんだって思い込んでました。
そのご友人は趣味の範囲が持物の多少に比例してて、
物が多いけど、すべて気に入ってて必要なものなのでは、と思いました。

引用元: ・ガラクタ捨てれば自分が見える(カレン・キングストン)5冊目