2012年11月16日

【DM】E2限定構築!緑白ワイルドベジーズ

card100007156_1
はい、かなりお久しぶりです。何とか生きてましたよw
てかツイッターでは毎日つぶやいてるのでそちらを見てる方はわかると思いますが(笑)

さて、いよいよデュエルマスターズも全国大会の時期!そしてそのフォーマットはE2限定構築ときた。
というわけで当ブログでもE2限定特集ということで、一つE2限定構築のデッキを紹介したいと思います。

・・・そも前に、E2環境は通常環境とどう違うのかについてですが

1.超次元クリーチャーが少ない
通常環境では猛威を奮っていた(今は抑えられていますが)超次元クリーチャーが大幅に削減。
何とボルシャックドラゴン、チャクラ、ガイアール一式しかいませんw
それゆえに、通常環境ではトップクラスの採用率を誇る《超次元フェアリーホール》などが大幅弱体化。
つまりE2環境ではそこまで露骨に超次元対策をしなくても良いということです。例を挙げればファンクですね。
ファンクはサイキッククリーチャーを殺しつつ、-1000をばら撒く超優秀なクリーチャー。
ところがサイキッククリーチャーの減った当環境ではあまり活躍が見込めません。ボルシャックもチャクラもギリギリ耐えますからね。
それを考えると、相手のコッコ→ゲイザーの流れを止めやすい薔薇城のほうが有用とも取れます。環境が変わるとこのように刺さりやすいカードも当然変わってくるのです

2.ハンデスがかなり少ない
これも一つの特徴。通常環境では3ターン目に当たり前のように飛んでくる《パクリオ》や《解体人形ジェニー》といったカードが存在しません。つまり手札に持っているカードは比較的安全なのです。
手札破壊に弱いデッキなんかは朗報ですよね。マナ加速から大型クリーチャーに繋げるデッキは1回のハンデスでかなり不利になりますが、それがありません。ゆえにマナ加速さえしてしまえばやりたい放題なわけです。
一応《ゴーストタッチ》はありますが、ランダムハンデスなのであまり採用率は高くならないでしょう。

3.強力重量カードの増加
これはE2環境というより最近のDMに言えることですね。
代表例はみなさんご存じの《覇》や《ローゼス》、《ウェディング》などです。これらはマナが非常に重いですが、出してしまえばそれだけで勝負を決めかねないほどに強力なカードです。
ゆえに序盤はひたすらマナ加速、マナが貯まったら大暴れといったデッキがとても強いです。
例え重量カードをマナにおかざるを得なくなっても、《獰猛なる大地》で引っ張ってこれるところも強い(獰猛なる大地は、今エクスを除いて最もDMで何とかしてほしいカードですね)。


さて、これらを総括すると
・超次元クリーチャーが居ない代わりに強力な大型クリーチャーが増加
・ハンデスがないためにマナ加速→重量クリーチャーに繋がりやすい
ゆえにいわゆるビッグマナ系統のデッキ、それに近い構成を持つ連ドラなどがかなり強いと言えるでしょう。

じゃあこれらに勝つにはどうすればいいか?
答えは一つです。そう、殺られる前に殺ればいいのです。つまり早いデッキ。
色々あります。たとえば自ら盾を手札に変換し、デュアルショックなどでビートする【赤黒スーサイド】など。
今回紹介するデッキも早いデッキです。基本的にこれらのデッキは覇を出されたらまず負けなので、出される前に殴りきることを考えます。とにかく最速で決めて殴りきる!そんなデッキです。

それでは続きからレシピです



【E2限定緑白野菜】
クリクリ・イガラーズ×4
光牙忍ハヤブサマル×1
剛勇妖精ピーチ・プリンセス×4
グレイト・カクタス×4
バロン・ゴーヤマ×4
霊騎コルテオ×3
密林の総督ハックル・キリンソーヤ×3
味頭領ドン・グリル×4
味頭領ドン・ドリアン×1
未来設計図×4
千切秘伝ワイルド・ベジタブル×4
父なる大地×4

・回し方
やることはもちろんドン・グリルのG0を狙うことです。

味頭領 ドン・グリル VR 自然文明 (5)
進化クリーチャー:ワイルド・ベジーズ 9000
進化−自分のワイルド・ベジーズ1体の上に置く。
G・ゼロ−バトルゾーンに自分のワイルド・ベジーズが4体以上あれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー


ドングリル最大の強みはこのパワー9000なところ。これはフォーエバープリンセスに割られず、寝ている覇に相打ちをとれる数値です。非常に頼れる値です

しかしそんなドングリルも出せなければただのでくの坊。というわけでこのデッキはドングリルを5ターン目に出せるよう色々な工夫を施しています。

・基本的な動き
2〜4ターン目に野菜を2枚以上展開し、5マナ目でバロンゴーヤマを出します。


バロン・ゴーヤマ VR 自然文明 (5)
クリーチャー:ワイルド・ベジーズ 5000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中からカードを1枚選んで自分のマナゾーンに置いてもよい。そうした場合、カードを1枚自分のマナゾーンから墓地に置き、《バロン・ゴーヤマ》以外の進化ではないワイルド・ベジーズを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。その後、山札をシャッフルする。


この効果でグレイトカクタスをマナに置き、そのまま出します。


グレイト・カクタス SR(R) 自然文明 (4)
クリーチャー:ワイルド・ベジーズ 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中からワイルド・ベジーズを1体選び、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。


これでドングリルを手札に加えつつ、野菜が4体揃ってます。G0でドングリル出現、手札に元々1枚握ってれば2枚目出現。全員で殴れば相手はお陀仏です

・その他カード解説
剛勇妖精ピーチ・プリンセス C 自然文明 (3)
クリーチャー:ワイルド・ベジーズ/スノーフェアリー 2000
ターン中、2番目に召喚する自分のクリーチャーのコストを最大2少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。


非常に優秀な野菜クリーチャーです。6マナあればピーチ→ゴーヤとつながることをお忘れなく。
また、3ターン目ピーチ、4ターン目にピーチと出すと1マナでゴーヤが出せます。4ターン目にしてドングリル降臨とかw


クリクリ・イガラーズ P 自然文明 (2)
クリーチャー:ワイルド・ベジーズ/アンノイズ 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、次のうちいずれかひとつを選ぶ。
►クリーチャーを1体、自分の墓地からマナゾーンにタップして置く。
►クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから手札に戻す。


効果は使わずとも出しちゃって構いません。重要なのはとにかく野菜を並べることです。
終盤になればなるほどマナ回収は意味をなしてきます。これでキリン回収はよく締めでやりますね


味頭領ドン・ドリアン P 自然文明 (5)
進化クリーチャー:ワイルド・ベジーズ 7000
マナ進化GV−ワイルド・ベジーズを3体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。
W・ブレイカー


ゴーヤで野菜展開後、トップカクタスから引っ張ってこれるSA。
普通に出しても割と強力なのがうれしい



未来設計図 UC 自然文明 (2)
呪文
S・トリガー
自分の山札の上から6枚を見る。その中からクリーチャーを1体選び、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。その後、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。


最初はフェアリーライフを入れてたのですが、マナ加速するよりは少しでも野菜を並べたほうが強いという結論に至りました。しかし他に優秀な野菜が居ない・・・。
というわけで採用したのがこのカード。2ターン目に打てるとその後の動きがかなり安定します。
野菜が2枚以上いなければ低コスト野菜を。充分揃っていればドングリルをサーチするのがオススメ。
さりげなくSトリガーなので発動すればワンチャンハヤブサマル持ってきて耐えるなんてことも


密林の総督ハックル・キリンソーヤ UC 自然文明 (3)
進化クリーチャー:ドリームメイト 5000
マナ進化−自然のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次のSF能力を得る)
SF−自分のクリーチャーは、それよりパワーの小さいクリーチャーにブロックされない。


ドングリルが9000未満にブロックされないとか何事w
主に最後の締めに使います。序盤はマナに埋め、イガラーズで回収できるとオイシイ。
E2チートクリーチャーであるパーフェクトマドンナ対策になるところがイカス!


千切秘伝ワイルド・ベジタブル UC 自然文明 (3)
呪文
アタック・チャンス−ワイルド・ベジーズ
このターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体のパワーは+6000され、シールドをさらに1枚ブレイクする。


ドングリルアタック時に使えばトリプルブレイカーです。これがあるとより安全に相手に引導を渡せます。
できれば手札に持っておきたいカードですね。


・最後に
とにかく5ターン目のドングリルを心がけましょう。
長引いていいことは何一つありません。盾を割り切り相手にプレッシャーを与えることが最重要です

今日はこんなところで、ではまた次回〜




girogiro5 at 12:56│Comments(0)TrackBack(0) デュエルマスターズ | デッキ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天市場