2006年07月07日

電磁波の正しいこわがり方

ミニセミナーのご案内です

名づけて

「電磁波の正しいこわがり方」

日時:平成18年7月9日 14:00〜15:00

松江市学園通り

 タカラスタンダード松江ショールームにて

 

仰々しいタイトルですが・・・

良くも悪くも

巷にはたくさんの情報が流れています

本タイトルの

「電磁波」についても

電磁波はこわいよ!!!

からそうじゃないよーというものまで

中身のあるものから

そうじゃないものまで

 

では、一体どれが正しいの???というところを

電力さん寄りでもなくガス屋さん寄りでもない立場から

皆様にアナウンスしたいと思っています

 

電磁波に関する情報は先に申したとおりたくさん流れています

情報の氾濫はかえって正しい情報の取得の妨げとなることもあります

その一助となりますようわかりやすくお伝えしたいと思います

 

参加は無料

というか当日タカラスタンダード松江ショールームでは

リフォームフェア(見学会)実施中です

お気軽にお立ち寄りください


2006年05月01日

電磁波について

メルマガのご愛読ありがとうございます

ブログのほうもひきつづき応援よろしくお願いします

 応援クリックよろしくお願いします→強くてやさしい木の家〜別館

さて、最近の電化リフォームをご検討中のお客様との話の中で

電磁波

についての相談がありました

やっぱりあぶないIH調理器とかなんとかという本の中で

電磁波の被害を第二のアスベストにするな・・・

とか言ってるし・・・

 

実際どうなん?????

という話題・・・・・

 

正直言ってわたしはオール電化絶対主義ではありませんが

自宅はオール電化です・・・

いまのところ電磁波の恐怖なるものを実感したことはありません

 

とはいえ・・・いまのところ・・・というのが引っかかる方のため

 

ちょこっと・・・あちこち調べました

続きを読む

2006年04月20日

結露した間取り1

メルマガのご愛読ありがとうございます

ブログのほうもひきつづき応援よろしくお願いします

 応援クリックよろしくお願いします→強くてやさしい木の家〜別館

さて、現在メルマガでお話している間取りを書いておきますね

結露している間取り1

実際に相談を受けているのは妹さんの寝室です。

1.冬場エアコンで暖房しています。

2.東側アルミサッシは表面結露がすごいです。

3.北側のクローゼットの中がじめじめしているから、クローゼット内の湿気取りあり

  →たくさん水がたまります。

4.部屋自体は乾燥しているので、のどを痛めないように加湿器を使用しています。

5.入り口の木製建具およびクローゼットの建具にはガラリや換気口はありません。

6.古い建物のため、室内に換気扇はなく、換気は窓の開閉頼り、冬場は必要換気量が足りないかもしれません。

 

実は過去にブログに書いた内容ですが、追加事項あります。

ご興味のある方は

結露してカビが生えるまえに出来ること「住まい方編」』 (ID:0000189139) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

2006年04月13日

マイナスイオンってなんなんでしょう

4月はじめての投稿になります

最近なぜかメルマガを発行・・・

ブログもつづけますので・・・・・

 応援クリックよろしくお願いします→強くてやさしい木の家〜別館

過去に 「水」 について何回か取り上げたことありましたが

最近、活水機(ブログ上では水処理機と書きますね)を扱うビジネスに参加しないかと

声をかけてくれる人が多いのです

実は過去に書いたとおり

私自身

水道水ではなく山水を浄水器にかけたものを汲みに通い

飲料水ほか食用の水としています

で・・・そんな話もつたわって

あそこの機械がいいよ!!!

いやいやこっちの機械がすごいぞ!!!

と知り合いがすすめてくる訳です

 

しかし・・・水商売は?????

しょっぱなの紹介で「水を信仰する」と書いたとおり

わたしの勝手な解釈ですが

水処理機の世界は、科学よりも思い込みが大切な世界

 

批判を恐れずに勝手な解釈を続けると

いわゆるフィルターで不純物をろ過するタイプのもの

相談コーナーで登場した軟水機などは

理屈的に理解可能なんですが・・・

ほとんどの機械が科学的に解釈不能^^

すすめてもらう水処理機のほとんどがそうなんです

わたしの会社は水道工事もやってます

プロの水道屋として・・・理解不能なものはお客様に売り込めない

 

そんなわけで

理解不能なのは、わたしの知識と情報収集が不足しているからかも

というわけで

ここんとこ精力的に調べてましたんで・・・

一部わかった???のかわからなくなったのか???

水処理機の広告に使われるなぞのキーワードでわたしがこう思うところを公開

というか自己確認の為に残しておこうと思いました

科学的にこれが正しいという確認ではなくて、わたしはこの意見に賛成だ

ということで、いいわけがましいようですが

自分的には「目からうろこ」が10枚くらい落ちた状況でっせ!!!

続きを読む
gita195 at 17:41|この記事のURLComments(2)TrackBack(0) 

2006年03月30日

ミニ勉強会と論より証拠

やってまいりました

久しぶりに人の前でのミニ勉強会講師

というより 押し売り講師

緊張しましたが、楽しかったです^^

「どれだけ伝わったかは・・・そのうちわかります^^」

 応援クリックよろしくお願いします→強くてやさしい木の家〜別館

実は

今回友達がやってるNPO法人の経営する施設なんですが

2棟目です

 

以前の建物もうちの施工なんですが

当時の友人の依頼の概略ですが

「知り合いから土地が借りられたんで、デイサービスセンターを建設したい」

「ついては、自己資金がゼロに近い状態からのスタートなんで協力してほしい」

「必要最小限の建物を建てたいんでよろしく」

その当時(5年前)

わたしの出した回答は

構造はしっかりと

仕上げはローコスト仕様

設備は機能重視で見た目それなりに

骨組みがしっかりしていれば、あとはなんとでもなる

という考えだったんですね

温度についてのバリアフリーだとか

シックハウスに対する知識だとか

どう考えてたんでしょうね(お恥ずかしい・・・)

 

なんとかその施設も軌道に乗りましたが

今年の介護保険の改正(改悪?)にともない

運営内容の縮小もしくは拡大の選択にせまられ

今回の2棟目の建設とあいなったのでした

 

今回は、なんとか構造はもちろん

気密・断熱・換気に主眼を置いた耐久性の向上につとめ

限られたコストの中ではありましたが

いい出来だと思います(自画自賛)

 

何が違うって

空気です

暖房した部屋と

暖房してない便所や脱衣が

ほとんど同じ温度状態

ミニ勉強会の際、測定してみましたが 2℃以内の温度差です

これってどうでしょう

気密・断熱のレベルはびっくりするようなハイグレードではありませんが

一部で最強のセントラル換気

と語っている

デライトという普通の換気扇

体感の価値アリです

講師が久しぶりでたどたどしかったこともありり

勉強会に参加してくれた職員の皆さんの理解度は未知数ですが

現場での体感は

やがて実感にかわるかもと確信できます^^


2006年03月23日

換気扇にできること

ひさしぶりにシックハウスのお話です。

出口規制と換気扇・・・なんかすごい結果が・・・

 応援クリックよろしくお願いします→強くてやさしい木の家〜別館

 

住宅ではないんですが、在来の木造平屋建てのデイサービスセンターを先だって竣工しました。

友達がやってるNPO法人の経営する施設なんですが

何とかいいものをという思いで施工してきましたが・・・

 

そこにつけたのが

床から換気する24時間回しっぱなしの換気扇

換気扇の可能性

 

写真は、換気扇のチャンバー部分

今回VOC測定を実施したのですが

 

3室で測ったんですが
 
ホルムアルデヒド <0.01
トルエン <0.01
エチルベンゼン <0.01
キシレン <0.01
スチレン <0.01
 
すべて値はppmです
 
非常に優秀な結果です。
 
というかまあ外気温が10℃前後の日の測定だったので
 
揮発がゆるい とはいっても
 
良すぎです。
 
現在、データの信憑性を確認中なんですが・・・
 
ほとんど測定誤差レベルのVOC濃度
 
 
出口規制的には
 
GOODです!!!
 
正直建設した本人が一番びっくりです。
 
今後、このデータが
 
使用した材料がよかったのか
 
はたまた
 
換気システムが優れていたのか
 
はたまた
 
ただの計測ミスだったのか
 
 
追跡調査の予定・・・報告をお楽しみに???
 
 
とりあえず、利用者の皆様相手に
 
来週 3月27日(月) 17:15
 
出雲にて セミナーが開催されます。
 
題して
 
「温度差を少なくして得すること」
 
講師はこのひと
 
joudai
 
チケット残りわずか???
 
ただいま資料作成中
 
観覧御希望の方はコメント欄までお問い合わせください
 
・・・コミックショーにならないようにがんばるべー!!!

2006年03月22日

さていつまで引っ張るのか

さてさてひっぱてが、こうなるとどこまで引っ張ろうか

と思っちゃうんですが・・・一応回答編です^^

 応援クリックよろしくお願いします→強くてやさしい木の家〜別館

問題はこちらで書いてます。

結露の出やすい部屋

 おさらいです。

この時期、開放型のストーブを使ったり

部屋うちに洗濯物を干したり

なんやかんやで

一番水蒸気を発生させてるのは

使用時のお風呂をのぞいては

LDKであることが多いと思います。

でも

一番結露が発生しやすいのは納戸なんです。

何度も言いますが納戸なんです・・・

 

ではなぜ???

それは暖房してないからです。

はあ・・・

 

暖房したら空気が乾燥しやすいから

てのは2次的な産物で

一番大きな要因は

暖房して納戸の温度が上がると

 

LDKとか水蒸気をバンバン発生させてる部屋から

 

水蒸気をもらってきにくくなる

これが大きいんです

 

何度も書きますが

部屋間の温度差をなくすことが

湿度調整をするにあたって

一番大事なことです。

 

依然書きましたが

温度差の解消なしに湿気をとってもムダ骨になることが多いのです

暖房してない部屋で湿気取りしてるのは

実は暖房して水蒸気をバンバン発生させてる部屋から

まわってきた水蒸気なのかもしれません

暖房して乾燥した部屋は ますます乾燥し

暖房なくて湿った部屋は ますます湿気る

悪循環に落ちいていませんか!!!

今回のひっぱりぎみの話ひとまずおしまいです。

もっとひっぱって話が聞きたいというマニアの方は

こちらの「まぐまぐ」からメルマガの登録をお願いします。


2006年03月20日

結露の発生しにくい条件

さてさて出しっぱなしのクイズのつづきです。

 応援クリックよろしくお願いします→強くてやさしい木の家〜別館

問題はこちらで書いてます。

結露の出やすい部屋

さて、一番湿度の高い部屋はどこでしょうか?

LDK:温度25℃ 湿度65%

居間:温度25℃ 湿度65%

主寝室:温度18℃ 湿度75%

納戸:温度10℃ 湿度80%

こんなかんじが一般的な傾向です。

使用時のお風呂をのぞいては

一番湿度が高いのは、納戸であることが多いですね

 

また、一番結露しやすい部屋はどこでしょうか?

これもやっぱり納戸なんです。

なんどでしょう・・・いやいやなんででしょう?

そうそう・・・この辺の細かい経過をメルマガで発行始めました。

ブログの更新も絶え絶えなのに・・・メルマガ???

上代のつぶやきが聴いてみたいというコアなマニアの方は

こちらの「まぐまぐ」から登録をお願いします。

 

さて、「湿度が高いから結露しやすい」というのは正解ではありません。

 

仮に 納戸の湿度が60%だったとして

他の部屋よりも湿度が低い条件でも

一番結露の発生しやすい部屋は・・・

 

やはり納戸なんです。

なんどでしょう・・・なんででしょう???

引っ張りながらつづく・・・


2006年03月14日

結露の発生しやすい条件

結露のおはなし続編です。

 応援クリックよろしくお願いします→強くてやさしい木の家〜別館

前々回のブログで書いてます結露の発生経過をおさらいしてみます。

結露の出やすい部屋

間取りは、図のような平屋の1戸建てという設定に置き換えさせてもらいます。

生活の主体は、南向きのLDKとそれに続く和室の居間が中心となります。

LDKおよび居間の暖房器具は、灯油ファンヒーター(開放型)です。

冬場は天気が湿りがちなため居間内で洗濯物を干したりします。

 

北西向きの洋間は、寝室で夕方から夜間のみ暖房します。

北東向きの納戸は、たんす類がおいてあって普段使っていません。

 

さて、一番湿度の高い部屋はどこでしょうか?

また、一番結露しやすい部屋はどこでしょうか?

投げかけだけして続く・・・


2006年03月06日

築100年の木の家リフォーム完成見学会

ひさしぶりの登場したら、日記が出てこないじゃないですか(反省)。

 応援クリックよろしくお願いします→強くてやさしい木の家〜別館

昨日築100年の木の家のリフォーム見学会やりました。

点火完了

一昨日は、所属する会の主催するいえづくりユーザーセミナーと

立て続けのイベントとその準備

忙しさことはけっこうなことですが、忘れ去られないように更新がんばります

 

さて昨日のリフォーム見学会ですが

暖かい天気も味方につけまして

ご近所の方中心にたくさんの方にお越しいただきました

見学会

感謝 感謝です

詳しい模様はまた近日UPします


2006年02月21日

鉄筋コンクリート造住宅の結露

ひさしぶりの登場でこむずかしい話いきます。

 応援クリックよろしくお願いします→強くてやさしい木の家〜別館

結露について、理解を深めようと勉強したのを知ってか知らずか・・・

以前に立てたRC造(鉄筋コンクリート造)の住宅で結露の相談をいただきました。

※無垢の木が好きとか書いてますが、当社はいまのところ公共工事の方かウエート大きいんです。

今回の相談は、市が管理する7年前にうちが建てた公共建築物(賃貸集合住宅)です。

結露クイズ

1フロアあたり4所帯、1所帯あたり3DK、東西方向に並んでいます。

基本的に、各所帯同じ間取り(左右1部逆勝手にはなりますが)です。

さてここで問題です。

今回相談のあったのは、どの色の世帯のどの部屋でしょう???

RC造の場合、気密・断熱については型式が当然木造とは異なりますが、結露の発生要因については同じようなルールが当てはまります。

続きを読む

2006年02月03日

結露の話〜おまけ編

結露の話については引き続き勉強していきます

が、先に質問いただいた内容にだけ回答しておきますね

 応援クリックよろしくお願いします→強くてやさしい木の家〜別館

結露対策について、たまたまさんから以下の質問いただきました。

なんか別のブログの延長戦になってる感もありますが^^

〇笋浪‘れの襖を開け放していることが多いのですが、建具をガラリ等にすれば閉めた状態でも充分に空気は流れるのでしょうか?

 住宅の間取りと同じで、空気の通り道ができているかどうかが問題です。

 ガラリの前が布団とかでびっしり状態であれば無意味になるかもしれません。ガラリの位置だけでなく押入れの使い方(つめこみ方)を工夫すれば空気は流れると思います。

 ちなみに今施工中の物件では、24時間換気の換気扇の吸い込み口を押入れの中にレイアウトしています。より空気が流れやすくなりますよね。

押入れも室内の一部として考えるとグッドでしょ^^(余談ですが、部屋うちで焼肉とかやるときは、押入れの中のものに臭いがうつらないように気をつけなきゃいけませんね)

建具を通気性の良い物にした場合は除湿剤も有効なのでしょうか。それとも除湿剤自体が無意味でしょうか?

への回答と一部かぶりますが、究極をいえば押入れの中を部屋内と同じ環境に近づける(過乾燥の状態にする)わけですから、基本的に除湿剤は無意味です。

ただし、布団等の湿った物体から空気中への湿気の放散を手助けする類のものであれば存在価値がないことはないかもです。

2‘れを開放して湿気の一方通行が解消されると部屋自体の過乾燥も緩和されると考えても良いのですか?

プラス方向に作用するとは思いますが、基本的に冬の部屋内の暖房した空気は過乾燥側にあると思ったほうが無難です。

こんなところですが

快適な住宅環境の実現は

気密・断熱・換気・暖房のバランスが大切です。

すべてをハイグレードにできればいいのですが、そうでなくてもそれなりのバランスのとり方を覚えるともいえづくりの知恵であると思います。

 

いいいえづくりを(= ̄∇ ̄=)にぃ~


2006年02月01日

間違いだらけの押入れの湿度対策

眼からうろこ情報・・・・・反応がいまひとつふたつみっつってとこですが

勝手に回答編いってしまいます( ̄▽ ̄;)

 応援クリックよろしくお願いします→強くてやさしい木の家〜別館

下の図のような状況で、湿度対策として間違ってるのは・・・

湿度の問題

1.寝室では、冬場エアコンで暖房しています。

2.北側のアルミサッシは表面結露がすごいです。

3.北側の壁は内部結露もあるようです。

4.クローゼットの中もじめじめしているから、クローゼット内の湿気取りには、たくさん水がたまります。

5.部屋自体は乾燥しているので、のどを痛めないように加湿器を使用しています。

6.入り口の木製建具およびクローゼットの建具にはガラリや換気口はありません

7.古い建物のため、室内に換気扇はなく、換気は窓の開閉頼り、冬場は必要換気量が足りないかもしれません。

 

 この中で一番の問題は、「内部結露」であることは間違いありませんが、今のところは想像の話ですので、今回は具体的に眼に見える部分について考えてみますね

この中での眼にみえる最大のムダは

クローゼットの中の湿気取りです!!!なんてこったいヽ(゜ロ゜;)ノ

 

湿気取りぞ○さんとかいろいろ商品ありますが・・・


今回の問題のような設定の場合


まったく役に立ちません( ̄□ ̄;)!!


なぜなんでしょうか?????


ここからは物理の話になりますんで
興味のある方のみ読み進みくださいませ・・・・・

実は、住宅の湿度対策は、温度差の話しぬきには語れません。

はじめに部屋と押入れの温度と湿度について考えましょう

冬場の部屋の温度・湿度ですが、エアコンをつけ、加湿器使って

温度25℃ 湿度50%

建具を閉めた押入れの中はというと

温度10℃ 湿度70%

こんな感じが一般的でしょうか

ちなみに

温度25℃、湿度50%の空気中の絶対湿度は 約10g/kg

温度10℃、湿度70%の空気中の絶対湿度は 約5.5g/kg

湿気というのは、絶対湿度の高いほうから低いほうへと流れます。


つまり湿度の川は、部屋内から押入れに向かって流れるわけです

ちなみに

押入れの建具が閉まった状態というのは

温度の通行は、シャットアウトしますが

湿度の通行は、税関なし、運び放題・・・

図のような状況での押入れの中の湿気取りは

洪水になりそうなので、川下で水をバケツですくっている行為に等しい

よって無駄な抵抗であるとなるわけです。

続きを読む

2006年01月30日

クイズです。湿度対策の間違いはどれでしょう?

先週は、住宅の省エネ・健康・安全を考えるセミナーに参加しました。

眼からうろこ情報を忘れないうちに投稿します。必見です^^

 応援クリックよろしくお願いします→強くてやさしい木の家〜別館

今回のセミナー、内容は主に住宅の気密・断熱・換気・暖房についての問題点を科学的に分析するというものです。

建築のセミナーというよりは、中学の理科、高校でいう物理・化学の勉強です。これらの知識をつかって住宅における先のテーマを分析し、私たちの日常が合理的にできているか、はたまた矛盾をかかえているのか・・・そんなセミナーで眼からうろこだったわけです。

先生は、知り合いのブログで抜き打ちテストを講評しましたが、その出題者の方です。

えらそうに結露とかの話書いてましたが、今まで書いた内容にさかのぼっての修正は加えませんが、矛盾点に気づいた方は、上代間違えてやんのと笑っちゃってください^^

では、はじめにクイズです。下の図をご覧の上問題を考えてコメントください。

湿度の問題

実際に相談を受けている事例です。

1.寝室では、冬場エアコンで暖房しています。

2.北側のアルミサッシは表面結露がすごいです。

3.北側の壁は内部結露もあるようです。

4.クローゼットの中もじめじめしているから、クローゼット内の湿気取りには、たくさん水がたまります。

5.部屋自体は乾燥しているので、のどを痛めないように加湿器を使用しています。

6.入り口の木製建具およびクローゼットの建具にはガラリや換気口はありません。

7.古い建物のため、室内に換気扇はなく、換気は窓の開閉頼り、冬場は必要換気量が足りないかもしれません。

 

どうでしょうか?今回指摘する間違いのポイント

みなさんの生活においても心当たりのある人が多いと思われる項目です。

 

コメント集まり次第、回答編に入りますんで、よろしくお願いします^^


2006年01月25日

塗り壁研究会の活動

すっかり週一の更新ペースになってしまった今日この頃

昨年は、塗り壁に泣いたり笑ったりしたんで・・・

今年は、塗り壁研究会と活動をともにしてみようとひそかに企んでいます^^

 応援クリックよろしくお願いします→強くてやさしい木の家〜別館

本日は築100年のリフォームで「はいからさん」の施工中です。

はいからさん

古い材木の間に真壁のはいからさん

写真では、どことなく漆喰ぽくみえるかもしれませんが

現地では、いい味出してます^^

さて、タイトルの通りですが

地元の左官さんが塗り壁研究会なる正体不明の酒飲み話会をつくっています。

塗り壁材の普及促進につとめる会

実活動は、飲んでるだけと思うのですが・・・

暖かくなったころからある計画を実施に移そうと画策しています。

 

その計画とは

ワイン小屋造り

ふふふ・・・

誰が金出すんでしょうね

詳細は後日・・・・・機会があれば・・・・・たぶん・・・・・


2006年01月17日

薪ストーブ導入してもいい人チェック

livedoorにも強制捜査が入りましたが、ブログのほうは大丈夫なんでしょうか

よろしく頼みますよ・・・なんてこといいながら今年2回目の投稿です。

 応援クリックよろしくお願いします→強くてやさしい木の家〜別館

ずいぶん間があきましたが、昨年末の話題の続き蒸し返します。

 

薪ストーブは導入してもいいひとチェックリストつくってみました

 

□ 1.薪ストーブが好きだ

□ 2.薪割りは大変さを理解したうえで楽しいといえる

□ 3.薪置き場を確保できる

□ 4.薪運びの困難を乗り越えられる

□ 5.使用にあたって家族の協力が得られる

□ 6.一日中火をつけっぱなしに出来る

□ 7.薪ストーブのもつ雰囲気が何にも変えがたい

 

7点満点です。チェック箇所が3点以下であればわたしなら導入を進めません。

ただし、7番目の項目をピックしてインテリア的な存在として導入するならその類ではありません。

いかがでしたでしょうか?

項目の説明

1:これがNOなら即やめましょう^^

2:薪割りを含め薪の確保は、それなりの労働(あるいは金銭)を必要とします。

3:薪置き場については過去書きましたね

4:これについても過去ログ参照

5:一人で管理するのは大変です。最小限でもいいから家族の同意を得ましょう

6:シーズンつけっぱなしのほうがパフォーマンスがグッドです。

基本的に、いわゆる囲炉裏や焚き釜と同じで、釜の温度を下げないのが理想です。

オキが切れないうちに次の薪を入れる流れが出来ると暖房性能もあがります。

7:なにはともあれ炎の雰囲気はほんとに落ち着きますもんね

 

以上でした。


2006年01月12日

あらためましてよろしくお願いします

今年初アップですね

 応援クリックよろしくお願いします→強くてやさしい木の家〜別館

ずいぶん間があきましたが、今年もよろしくお願いします。

なんとなくですが、タイトルを変えてしまいました。

おもえば約1年前、「無垢の木をつかってってもシックハウス」で書き始め、

内容の変遷にあわせ「無垢の木どっとこむ」

名前は非常に気に入っていたんですが・・・

本家の会社のHPの改造にあわせてのタイトル変更となりました。

無垢の木のフレーズを残そうかどうか悩んだのですが・・・

内容にあまり無垢の木でてこないし・・・

初期のころ知らない人は、なんでこのブログが「無垢の木どっとこむ」???

と思われてたかもしれないし・・・

新年のスタートにあわせ

「強くてやさしい木の家〜別館

(本館はまだ改造中・・・)

となりましたので、ひきつづきご愛顧いただければ幸いです。

あっプロフの写真も心機一転初心にもどってみました^^

(戻りすぎ・・・大建太1才のころ)

以上年末年始の飲みすぎですっかりリバウンドした上代がお送りしました。

 


2005年12月23日

薪運びの動線つづき

ここらの雪は一休み、とはいえ奥のほうは130cmってすごいね。

薪ストーブって大変シリーズつづきです。

応援クリックよろしくお願いします→無垢の木どっとこむ


さて、よく見るとタイトルに書いてたから、引っ張った意味ないですね^^


昨日書いた大変は


1.薪の入手方法


2.薪割り


3.薪の保管場所


についてでしたが、本日の大変は


薪ストーブまで薪を運ぶ動線を考える


です。


当然のことですが、その日使う薪は薪ストーブの近くに適量置いておくとします。


薪を燃やせば、おそらく毎日、ストック場所から薪ストーブの近くまでへの


薪を運んでくる作業が発生するわけですね。


 


1日に焚く薪の本数を20本としましょう


(20本が多いか少ないかは、生活形態によって異なりますが)


一度に手に持って運べる本数はせいぜい5本程度です。


 


したがって手で持って運ぶならストック場所から


薪ストーブまで4往復


 


これが毎日となれば、結構しんどいと思いませんか!


 


出来るならストーブ近くの出入り口(掃き出しのサッシ等)まで手押し車かなんかで


いっぺんに運びたいですよね


 


仮に


「玄関からしか運び込む動線がなーい」


なんてなった暁には


 


毎日のお掃除も大変になることを覚悟しましょう


 


ある意味


この動線確保が、薪ストーブライフ成功の鍵ともいえます。


 


薪のストック場所から薪ストーブまでの動線は


 


短距離であること


手押し車等の通行が可能であればなお良い


そして


屋内を通る動線が可能な限り短かくなるように


 


ということを間取りのプランニングの際に考慮しましょうね!



2005年12月22日

薪運びの動線

島根は雪になりました。奥部は1m近く積もってるようです。
この辺はそこまでじゃないですが、
近所のホームセンターとパチンコ屋さんから駐車場の除雪依頼が来ました。

薪ストーブについて、ここらで大変なところについても書いておきましょうね・・・

応援クリックよろしくお願いします→無垢の木どっとこむ



薪ストーブライフにおいて


一番大変な点


 


 


 


薪の手配です。


(言われなくても知ってるっていわれそうですが・・・)


最近では、ホームセンターなどにもあるようですし


地域によっては、デリバリーの方式もあるとどっかで聞いたような・・・


しかし、すでに使用できる薪の購入は


それなりのお値段となります。


 


大変だといったのは、自分で薪を安価に手配しようとした場合の作業量の話です。


山から切り出してくるのは


むずかしいにしても


どこか材木屋さんと渡りをつけて


丸太をわけてもらう(または安く購入する)。


 


ということで


山からなり材木屋さんからなりで丸太の株を手に入れたとしましょう。


 


次に大変なのは


薪割りです。


これが楽しいって思えない人は、


あきらめるか、ちょっと高くても割った薪を購入することになります。


薪割り楽しくて、薪が出来たとしましょう。


割った薪・・・


 


基本的に使えるのは


 


 


 


1年から2年後です。


(乾燥期間が必要ですから)


したがって割った薪を1年から2年ストックしておく。


(当然ストックする場所が必要となってきます。


基本的には、屋根付きで風通しのいい場所がいいですね)



薪の山



 


ストックする場所については、割った薪を購入する場合でも


ある程度確保しておきましょう。


※少量づつ買い込んで来て、部屋内のみでストックできればいいんですが


そんなわけでもうひとつ大事なポイントがあるんですが


それはまた次回へ・・・つづく



2005年12月21日

きれいな灰にすること

島根は雪になりました。今夜は荒れそうです・・・明日は除雪だな・・・
本日は薪ストーブの焚き方について予備知識おば・・・

応援クリックよろしくお願いします→無垢の木どっとこむ

先日、薪ストーブ屋さんが現場をのぞいてくれました。


お客様のおうちで取り付けた薪ストーブ、工事期間、ご厚意で現場の暖房に使用しています^^



ストーブ屋さん:「ストーブのガラス窓に煤(すす)がついてるけど、針葉樹か濡れた木燃やしました?」


(※脂(ヤニ)の多い針葉樹や含水率の高い木を燃やすと煤がつきやすいんですよね)


わたし:「いや、針葉樹の木屑を燃やすのは着火時だけだよ」


(※着火時には、脂の多い針葉樹は燃えやすいから重宝する※あくまで焚きつけ用ですが)


ストーブ屋さん:「じゃあ燃焼温度が低いのかなー?」


(※燃焼温度がひくいとやはり煤けやすい。ベストは200度から300度)


わたし:「基本的には、ベストゾーンで燃やしてるよ。帰り際に絞って帰るけどね」


(燃焼効率は、吸気口の開放具合で調節が可能である)


ストーブ屋さん:「ああ、薪の塊が残ったまま絞りすぎると、温度が下がってやっぱり煤けるよ


基本的に薪は高温で灰にするが原則ですからね」


わたし:「らじゃー、みんなにも伝えます!」


ストーブ屋さん:「あんまり煤の出る燃やし方すると煙突掃除が大変だからね」


(わたしの知り合いのお宅では、上手に管理されていて設置して7年、


まだ煙突掃除するほど煤がついていない・・・こんな例は極端らしいが^^)



こういうこと

こんな感じですかね^^