2010年12月

2010年12月20日
アニソンライブ★

12月19日、ギザクリ生徒企画ライブ【アニソンライブ】が開催されました!
その様子を写真で少しだけ紹介します。

anison-stage1

anison-stage3


本当にアニメソング!という曲から、アニメの主題歌になったJ-POP曲まで、様々でした。
出演者も衣装などにこだわって個性的ですね〜☆

anison1

anison3

gizacs2 at 18:00|この記事のURL

2010年12月17日
「堀江のことならドットコム」掲載情報!!

本日、「堀江のことならドットコム」にギザクリが掲載されました!!


ギザクリのある大阪・堀江の街に関する情報を多数掲載・発信しているサイトです。
ギザクリの近くのアノ店・気になるソノ店…など、情報盛りだくさんです!


『ギザクリに来たついでに堀江の街を散策。。。』

なんてのも良いのではないでしょうか☆


ぜひ1度ご覧下さい。


「堀江のことならドットコム」http://bit.ly/bHLgot

ギザクリ掲載ページhttp://bit.ly/h5ytJv

gizacs2 at 21:40|この記事のURL

2010年12月13日
サウンドクラス/レコーディング実習(ドラム&ベース)

クリエイターコース・サウンドクラスのレコーディング総合実習がありました。
GREENWAY STUDIOの環境をフル活用した、ドラムとベースをレコーディングをレポートします!


今回より取り上げるのは、サウンド2年生のまとめとして、生徒オリジナル楽曲の制作も兼ねています。
生徒自身が作曲・アレンジを行い、これをサウンドクラスの「作曲・アレンジ実習」で
担当の小林 哲 講師にアドバイスを貰いました。

この楽曲を、実際の楽器演奏に差し替えて録音していきます。
楽器演奏はギザクリの楽器クラスを担当している豪華講師陣です!
ヴォーカルとコーラスは、アーティストコースの定例オーディション等を考慮して、
ヴォーカルクラス在籍生より選抜しました。

楽曲のイメージは、ザ・ビーイング!!!
生徒が好きなWANDSの楽曲を参考にしているそうです。今から完成が楽しみですね!


生徒自身のオリジナル曲を制作していくので、ディレクションも肝心です。
「どういう音楽にしていきたいか」……そこをしっかりとイメージして、
明確にプレイヤーに意思を伝えていく練習にもなっていくと思います。



【12月9日(木)15:30~】

この日はドラム・レコーディング。
事務局日記やmixi、Twitterでもおなじみ、亀井俊和講師(the☆tambourines)に演奏を依頼しました。

生徒のオリジナル楽曲の録音なので、目標地点を生徒と相談しながら探っていきました。
生徒には、作曲する際にイメージした参考曲を提示してもらい、
それを元に亀井先生に音作り・フレーズなどを考えてもらいました。


スタジオに入り、早速生徒はマイク・機材等の準備。

1209dr11209dr3

亀井先生もドラムセットの準備に取りかかりました。

1209dr2

亀井先生は慣れた手つきでスピーディーに準備していました!
一方、生徒はスタジオ実習が少し期間が空いたせいか、若干手こずっていたようです。。。


音作りでは、タムの音を低くしたり……と生徒のイメージするものに
先生が具体的な音やフレーズで応えてくれました。

演奏自体はサクッと進み、ドラムはデモ段階からかなり変化した部分もありました。
全体ではもちろん、カッコイイ音源が録れました!



【12月13日(月)】

この日はベース・レコーディング。
ベースクラス担当の寺田 章 講師に演奏を依頼しました。

ドラム録音後の音源を寺田先生に預け、フレーズ作りなどの参考にしてもらいました。
また、生徒のイメージを実際に先生と話し、具体的なものとしていきました。


スタジオに入り、マイク・機材・楽器等の準備を進めました。

1213ba1

寺田先生所有のBass Podが今回も登場し、音作りに活用されました。

1213ba3

これはもう購入してから10年程経つそうですが、今でこそ同じ様なものがたくさんありますが、
当時は画期的なアンプシミュレータだったそうです!
確かに、カンタンに色んな音を作り出す事ができます!
それだけに、どんな音にしたいかの明確な目標を持って取り組む必要があると思います。

ベースとDI、Bass Pod、アンプ、ミキサーの接続で生徒は少し悩んでいたようでした。
何をどう録音したいのか、また回線の「入」と「出」をよく考えれば、
いくつか接続パターンがある事に気付けたようです。

ベース演奏も、生徒と相談しながら、先生から出たフレーズを選んでいきました。

1213ba2

こちらも、デモ段階とはまた違ったフレーズになっていて、カッコイイ!



次回以降のレコーディングで、更にブラッシュアップしていく過程が見られそうで、
今から非常に楽しみです♪

ちなみにこの楽曲、全てのパートをレコーディングした後、
3月開催予定のスクールライブで初披露されるかも……!!お楽しみに!!!

gizacs2 at 19:15|この記事のURL

2010年12月10日
12/4(土)&5(日) 「寺尾 広 氏による冬の特別音楽講義」開催!

夏のオープンスクールでも好評を頂いた、GIZAディレクター 寺尾 広 講師による特別講義の
第2弾が開催されました。夏にお越し頂いた方がまた来て下さったり、初めて来られた方も
沢山いらっしゃいました。今回は夏の約2倍の時間、1日、4~5時間にも及ぶ長丁場となりました。

kanban


☆4日(土)「作詞のしかた」☆

作詞って簡単に出来るようで、実はとっても奥深い!ある法則に従って作っていくと、素敵な詞が
作れるんですよ~…という話や、ビートルズのヒット曲に共通する点は、実は…という話なども。
実際に参加者の方に作って頂いたものを、寺尾講師が即興で歌ったり、公開講評などもありました。

terao1

トークゲストとして、GIZAアーティスト さぁささんが来て下さいました!
この日はパン工場でライブという忙しい最中、“さぁさが来る!again☆”が実現しました。

saxasa1

寺尾講師とのお話も終始なごやかに楽しく進みました。
この日のテーマの「作詞」関連では、『ハロー ハロー ハロー』の作詞ノートを見せてもらえた事も
貴重でしたね。完成までに何度も書き直されているところも興味深く、1つの作品が出来上がる
課程が見られて貴重でした。

saxasa3saxasa2

参加者の皆さんには、興味深いお話を聴いて貰えたんではないでしょうか。
また「講義に参加された方は、この日のライブをご覧下さい!」という、
さぁささんのご厚意に感謝です。スタッフも観に行かせて頂きました。ノリノリノリ~☆
途中のMCで、ギザクリ講義のお話も出てきましたよ。


☆5日(日)「作曲・編曲・レコーディング」☆

作曲する人は絶対に気になる!コードの効果的な選び方を話して頂きました。
楽器を最大限活かしたアレンジや、1つの曲を様々な形で表現する醍醐味が分かりました。
さらに、楽曲制作の一連としてのレコーディングのポイントも登場しました。

terao2

参加者が寺尾講師の言葉を真剣に書き取っている姿が、多く見えました。

また、GIZAでおなじみのあの作曲家の、貴重なデモ音源などを聴かせて貰いました。
実際に作品として世に出た音源と聴き比べ、このデモにアレンジの手が加わって
あの曲に仕上がるんだという過程がみえました。

この日のトークゲストは葉山たけしさんにお越し頂きました!
ZARDや愛内里菜さんなどの作品でお名前を見た事のある人も多いのではないでしょうか?
作曲家・編曲家・ギタリストとして活躍する葉山さんから生で話を聴く事ができ、
参加者の皆さんの貴重な機会となりました。

葉山さんのこれまでの音楽活動や、仕事として音楽に取り組む姿勢などを、実際の
制作エピソードを交えてお話し頂きました。作曲家やミュージシャンなど、これから
音楽業界を志す参加者にとっては、今後の指標となるアドバイスを頂けたと思います。

また、葉山さんの楽曲制作に関するこだわりやオリジナリティーなどの質問にも、
丁寧に答えて頂きました。


2日間連続の講義に1日のみ参加された方、両日参加された方様々でしたが、たくさんの感想と
講師への質問を頂きました。また、GIZAディレクターの寺尾講師にオリジナルデモの
コメントバックを貰える機会に、作曲・作詞など多くのデモ音源の提出がありました。

これらは少しずつですが、寺尾講師に回答をいただいています。
回答は後日発送しますので、楽しみにお待ち下さい!

gizacs2 at 16:20|この記事のURL