2017年01月18日
音and音ユージックバドトル vol.4

2017年1月15日(日)
ギザミュージックスクール主催の高校生バンドコンテスト
「音and音ミュージックバトル」が、今年もヒルズパン工場に於いて開催されました!

DSCN3345 のコピー

前日よりまさかの雪予報…。
遠方から出演予定のバンドさんや、東京から来られる審査員にまで
多大な影響を及ぼしました。
なぜ、この日に限って。。

本当に寒い朝!スクール生スタッフと共に会場設営etc…をしました。

DSCN3198 のコピーDSCN3199 のコピー

続々と出演者が集まり、リハも順調に進みます。
皆さんテキパキと行動して下さるので、予定よりも早く進みました。

DSCN3203 のコピーDSCN3200 のコピー

13:30の開場と共に、受付には長蛇の列ーー!
学校の仲間や、ご家族、ファンの方などなど、たくさん観に来て下さいました。

本コンテストの審査員は、
葉山ひろしさん、宅見将典さん、寺尾広さんです。
数々の楽曲制作や、様々なアーティストとの共演、自身の豊富な音楽経験から出る
コメントは、いつも熱くて的を射たアドバイスだと思います。

DSCN3246 のコピーDSCN3245 のコピーDSCN3249 のコピーDSCN3262 のコピー

司会はFMはしもとのNinaさんが担当して下さいました。

DSCN3240 のコピー

出演組数は10組。
バンド、ユニット、ソロ…と、今回も様々。
それぞれにカラーがあり、メッセージがありました。
この日の為に練習をして、考えて、臨んでくれたのだと感じました。

DSCN3253 のコピーDSCN3264 のコピーDSCN3272 のコピーDSCN3277 のコピーDSCN3285 のコピーDSCN3291 のコピーDSCN3294 のコピーDSCN3302 のコピーDSCN3311 のコピーDSCN3322 のコピー

さあ、全ての演奏が終わり、審査員による話し合いです。
毎回、本当に頭を悩ませながら、ひとつひとつのバンドの良かったところを
振り返り、絞り込んでいきます。

出演者の皆さんは、甲乙付けがたい素敵なバンドばかりでした。
それは演奏している皆さん自身が音楽を楽しんでいて、それが音に、声に、
パフォーマンスに現れているからだと思います。

コンテストが終わって何日も経つのに、まだあの曲のあのフレーズや
あのヴォーカリストのあの歌声や…なんかが頭の中でグルグル繰り返しております。
あー、楽しいライブだったな。という気持ちです。

賞に選ばれた方、おめでとうございます。
素晴らしい演奏でした。

出演者の皆さん、これからももっともっと音楽を続けて欲しいです。
未来の輝くミュージシャンが、この中から沢山出てくれますように。

DSCN3341 のコピー


gizacs2 at 15:32