2008年02月

2008年02月29日

食い道楽@横手市

2006e95a.jpgもう一軒焼きそば。こちらは昨年のグランプリ店!駅前の居酒屋「食い道楽」。居酒屋なのに焼きそばのみ注文。

こちらも色目が薄い感じ。魚介の出汁と香味油が味の決め手らしいですが、そこまで判りませんでした。麺は一軒目より短く少し食べにくい気がしました。全体的に水分があり、しんなりしているのが横手やきそばの特徴のようですね。2軒食べただけでもそれぞれの違いを感じることができました。。地元の方々はどんな感じで食べるのですかね??おやつ感覚ですかね??



【食い道楽】
横手市駅前町7−2石川ビル1F
11時〜14時 16時〜24時
不定休

出端屋@横手市 

5b46fe9f.jpg秋田県横手市では「焼きそば」が名物となっていて、町全体で盛り上げて行こうという姿勢が溢れています。民間で設立した「暖簾会」も存在し、市内の「焼きそば」自慢のお店が多数加盟しており、加盟したお店は、店先に暖簾会ののぼりを掲げています。毎年、「横手焼きそばグランプリ決定戦」も行われているようです。

今回は、第一回のグランプリ店「出端屋」を訪問。「焼きそば屋」というよりは、居酒屋のような雰囲気です。金曜日ということもあり、飲兵衛が大集合。「焼きそば」だけ食べている人なんておりません。

太めで断面が丸い、ほぼストレート麺。少し薄い色目で少ししんなりとして酸味を感じます。挽肉とキャベツと半熟の目玉焼きが載る。半熟の目玉焼きを途中で溶かして全体に混ぜるととてもおいしい。

ワンコインで気軽に食べられて、横手の人はうらやましいですね!




【出端屋】
横手市田中町1−25
11時〜14時 17時〜23時
日休

2008年02月28日

なんばん屋@米山 新潟市中央区

e8fbbf4a.jpg風の味グループで白根にあるgoingoinの2号店。ペニーマラーZさんと訪問!事前情報では、今月末で閉店とのことだったが、リニューアル移転するとのことです。今回は悩んだ挙句、「ブラック」のほうを。

富山ブラックインスパイア系。富山の「大喜」を食べた時は食後にひどい頭痛を引き起こすほどしょっぱかったが、こちらは新潟向けにアレンジされ、それほどしょっぱくない。とはいえ、醤油とブラックペッパーがガツン!と効いた、充分インパクトのある出来栄え。

全体のバランスとしてはこちらのほうが断然素晴しいと思います。鰹出汁の割りスープがついているので濃いスープを薄めることが出来ます。麺はスープの載りが良い切れの良い細麺。一気に啜り上げたい。移転後は「goingoin」の名前が付くようです。


【なんばん屋】
新潟市中央区米山2−2−9
2月末にて上記住所での営業終了
移転リニューアル予定!



心一家@東早通 新潟市江南区

e3f5d394.jpg心一家で新しいメニューがスタートしています。なんと「塩」です。横浜家系ど真ん中の店で塩はビックリ。

笹川流れの塩+魚介だそう。スープのベースは塩のままだがタレが塩なので雰囲気はガラリと変わる。麺も太麺ではなく細麺となり塩ラーメン用の構成。分かりやすい旨味がガツンと来ていたな。。。

どっちかというと、これまで食べてきた醤油(直球の家系)のほうが断然好みかなあ。




【心一家】
新潟市江南区東早通2−1−3
025−381−7713
11時〜15時 17時〜21時
火休


2008年02月25日

一兆 河渡店@河渡庚 新潟市東区

33232f54.jpgだるまや系の5店舗で、限定メニュー対決らしいです。河渡の一兆はその名も「大舎厘」だそうです。「○厘舎」インスパイア系ということは容易に想像付きますが、すごい直球ですね。

通常のつけ麺の2倍の時間を掛けて動物系の粘度を高めたとのこと。確かにこれまでの一兆のつけダレより粘度が高くドロっとしています。中央には海苔のイカダの上に魚粉が一山。見た目はまさにインスパイア?。酸味が結構効いていて、あれ?今ってこんなに酸味あるの?六厘舎っぽいかどうかは別として、東京っぽいつけダレという印象です。新潟でいうと「麺や勝」とか。

しかし、麺が。申し訳ないが。尋常ではないフニャフニャぶり??な上ブツブツ切れた短いフニャフニャ麺が下の方にどっさり。箸で掬えないから、丼傾ける。湯切が甘いから茹で汁がつけダレにジャバジャバ入るという悪循環。混んでたし、運が悪かったのでしょう。麺を比べるとこれは致命的。麺を期待してたのに。でも売れるんだろうなあ。


【一兆】
新潟市東区河渡庚251−1
025−270−7006
11時〜21時半
無休




2008年02月20日

いっとうや@紫竹山(移転) 新潟市中央区

227e2861.jpg新潟市西区小新の人気店、「いっとうや」がラーメン店がひしめく紫鳥線に移転しました。店舗自体かなり広くなり、座席数も倍近いでしょうか。。営業時間も通し営業となり(しかも無休!)気合入りまくりです。

メニューも少し変わっていて大まかには「らーめん」(魚介を効かせたもの)「かさね醤油」(既存のらーめんをブラッシュアップ)、「つけ麺」「辛つけ麺」という構成。今回は既存のメニューをブラッシュアップさせたという「かさね醤油」を。

大筋で魚介豚骨は変わっていないのだが、第一印象としては魚介の効き方が以前と比べて変わっているかなあと。荒々しい感じが少し無くなったというか。。動物系はこれまでと同様濃度が高いが、飲みやすくなったという印象です。麺はサクモチッとした三河屋さんの麺。スープとの絡みはかなりよく、麺自体もおいしい!チャーシューは前の方が好みですが。。短冊メンマも健在。

これまでのいっとうやの個性を残しつつ、全体的に客層の間口が広がった味になったのかなあと。これまでの味も当然大好きですが、今回の味も満足度は高いです。「らーめん」のほうも気になりますなあ。しかし、この店は新潟のどこに行っても行列を作るでしょうねえ。紫鳥線一人勝ちの予感。


新潟市中央区紫竹山3−5−23
11時〜22時(スープ無くなり次第終了)
無休

2008年02月17日

麺s冨志@燕市

484ebe1c.jpg開店当初以来の久しぶりの訪問。カウンターから厨房が見えないように仕切りが出来ていた。店内はほぼ満席で安定した人気があるようです。年齢層も結構幅広い印象です。この辺りは背脂系らーめんが主流なので、冨志のようなタイプのらーめんは逆に重宝されそう。





醤油ラーメンを。軽めの動物系+魚介系スープですがスッキリとした飲み口で重たくないが物足りない感じはしない。なるほどこれが年齢層を選ばない理由でしょうか。スープはこれだけ白濁し、魚介の風味があるのに出汁等の破片が全く見当たらない。
近頃の魚粉直接投入(個人的にはそろそろ今更感もあります。。)頼みのスープではないので逆に新鮮です。



【麺s冨志】
燕市富永100−1
11時30分〜14時半
17時半〜21時半
水休


2008年02月16日

昔食堂なおじ@上所上 新潟市中央区

ce343c10.jpg夜の部の訪問。リスペクトシリーズの和歌山らーめんを。本場の和歌山らーめんというと「井出商店」くらいしか経験がないですが、これまで食べたリスペクトものの中でも一番好きなかんじでした。これはうまい!粘度の高い豚骨醤油スープは醤油がビシッと効いていてメリハリがありましす。旨味が最後まで持続するコク深い一杯でした。細ストレート麺にスープがよく乗ります。かまぼこのトッピングもも和歌山風。




【昔食堂なおじ】
新潟市上所上3−1−28
025−283−3059
11時20分〜23時30分
木休


竜胆@粟山 新潟市東区

346cf455.jpg「たかみち」「麺ちん」「竜胆」の3店合同企画創作ラーメン。こちら「竜胆」は胡麻味噌つけめん。目を引くのはど迫力のパーコー。カレー味が付いた食べ応えのあるトッピング。

つけダレは胡麻の風味が際立った味噌ベースのもの。あまり濃度は高くないが、酸味が程よく効いている。麺はツルツルした太麺でした。パーコーありきのメニュー。満腹になり満足感があります。




【竜胆】
新潟市東区粟山4−33−1
11時〜14時半 17時半〜22時
木休

2008年02月14日

麺や来味@大形本町 新潟市東区

9134f3eb.jpg名古屋コーチン系メニューがやっている日は結構少ないようです。ということで、久しぶりのレギュラー塩らぁ麺。こりゃ最高です。この「塩」が麺や来味の底力を見せてくれます。揺るぎない美味さ。








【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
025−272−4198
11時〜15時、17時30分〜21時
火休


2008年02月13日

東横 寺尾店@寺尾 新潟市西区

8cfa0533.jpg東横寺尾店のみの限定メニュー「油そば」があるとのことで早速訪問してみました。所謂、油そばのビジュアルだが、これは東横の油そばです。そこは当然割りスープが付いてきます。

どんだけ濃厚なのか、恐る恐る食べてみましたが、割りスープは要らないと感じる程バランスの良い油そばでした。得濃味噌ベースとのことだが、過剰に味噌味噌しない味油には好印象。更に自慢の極太麺が味油をガンガン拾ってきます。油そばファンは必食。

割りスープは全く使用しませんでした。


【東横 寺尾店】
新潟市西区寺尾台1−2−27
11時〜23時30分??
無休


2008年02月10日

かまや食堂@須賀川市 福島県

38288425.jpg店の前を通ると醤油の香ばしい匂いがすごい。店構えは知らなければ絶対入らないであろう古くて味のある佇まい。

メニューをみると「かけそば」「つけめん」なんかもやっているが中華そばを。店内はほぼ満席で皆さん「中華そば」を食べているようです。連戦なので麺を半玉にして頂きました。



ビジュアル的には店外の醤油の匂いからも予想された通り、醤油が濃い目に効いてそう。醤油と鰹の香りがガツンと来て、見た目以上のインパクトでビックリ。何由来なのでしょう、酸味が結構効いているので正直後半は少しキツかったです。表面の油が結構多かったので、「油なし」も受け付けている張り紙にも納得。固めの細麺でパンチ力あるスープを一気に拾い上げる。最後の最後で醤油の威力を思い知って帰りました。

【かまや食堂】
福島県須賀川市八幡町16−16
11時〜スープなくなり次第終了
無休??

支那そば幸雲@須賀川市 福島県

3d9975f7.jpg東京は目黒の「八島」出身のお店。「八島」と言えばワンタン麺なので、「肉ワンタン麺を。オーダーすると、「醤油」と「塩」があります、とのことでお奨めを尋ねると「塩」とのこと。。醤油ツアーのつもりだったけど、あっさり「塩」を。。

メニューの裏には名古屋コーチン丸鶏、山田丸鶏(滋賀県)←知らなかったなあ。真昆布、羅臼昆布、福塩(福建省)の厳選素材で無化調とあります。

一口目に塩角がキツいなあ、、と思ったが飲み進むとスープの穏やかさに気付かされる。透き通ったスープは、バランス型で丸みがあり甘味を伴う。油は自分にとっては適量で全然くどくない。(地域性に合わせて油を多くした、なんて聞いてたけど。)

麺はシャキシャキした、中細ストレート。歯応えがあり、メリハリのある切れのよい麺。ワンタンは肉がギュッと詰まって皮もピロピロと食感が面白い。無化調だからって物足りない感じは無く、満足度も高かったです。「塩」にして良かったかも。

【支那そば幸雲】
福島県須賀川市大袋町182−1
11時半〜15時 17時半〜20時
木休


伏龍@須賀川市 福島県

23814b02.jpg醤油ラーメンツアーを企み、福島遠征です。白河まで行く元気がなくなってしまい、須賀川でストップ。白河の「とら食堂」の分店。13時頃の訪問も、席はほぼ満席で後には待ちがでるほどで、年齢層も幅広く、人気の高さが伺えます。
基本の手打ち中華を。とら食堂譲りの綺麗な醤油ベースのラーメンです。醤油の香りが心地良い。醤油タレがキリっと全体を引き締めます。その醤油タレと出汁が有機的に絡まりグッと来るものがあります。シンプルながらもスルスルと箸を進めます。表面の油も加わり旨味が持続するので最後まで一気に完食です。

勿論麺は少しボコボコしたとら食堂系の手打ち麺。柔らかめに茹でられスープとよく馴染んで食べ易かったです。麺の味をしっかりと感じるおししい麺でした。

【伏龍】
須賀川市大字西川字後田6−2
11時〜14時半
火休

2008年02月06日

めん屋いなば@大野 新潟市西区

dda33073.jpgオープン当初以来となる「めん屋いなば」へ久々の訪問。「濃厚和風とんこつラーメン」を。前回食べたとき極太麺が固めの茹で具合で、麺との絡みがもう少し欲しいなあと思い、茹で加減を「柔らかめ」と指定してみた。
スープ自体少し前回と色が違うようだ。魚粉を効かせているのでパンチのある香りがガツンと襲いかかる。スープ自体は動物系(豚骨、豚足など)のマイルドなスープで濃度、粘度(コシヒカリ使用の影響もあるのでしょう。)がすごい。

魚粉も粒子が細かく良く溶け込んでいるのでマイルドな舌触りのスープを邪魔しない点も食べやすく好みでした。スパイシーな風味も健在で相変わらずの重層スープで満足度が本当に高いです。


柔らか目に指定した麺も思惑通りで、麺と良く馴染んだ。柔らかくしたからといってヘロヘロにはならない屈強な麺で、弾力もあり存在感がすごい。麺、スープ共に個性際立つラーメンでやはりツボな一杯です。開店当初から見てもかなり好みのバランスになっていて益々好きなお店になりました。個人的に2007年の新店の中でもで屈指のお店と前述しましたが、もはや新潟全体の中でもかなりの重要店だなあと思います。




【めん屋いなば】
新潟市西区大野186−1
11時半〜15時
17時半〜22時
金土は23時まで

2008年02月04日

肉バンク@米山 新潟市中央区

0e89fd5b.jpg2度目の肉バンク!鬼濃厚つけ麺を期待しての訪問だったが、本日は「鬼濃厚味噌ラーメン」のみの提供であった。しかし、未食なので勿論「鬼濃厚味噌」を。

今日は、醤油らーめん用?のスープを使っての鬼濃厚味噌とのこと。見るからに濃厚そうなスープは、甘味のある白味噌ベースのマイルドなスープ。動物系の脂分、コラーゲンがよく溶け込んでそう。尚且つ魚介特に節っぽい風味を感じる。兎に角、様々な要素が丼の中に凝縮されている。たっぷりと野菜(キャベツ、もやし等)が載る。

味噌らーめんはやっぱり体がぽっかぽかになりますね。

麺も個性的。太麺で大きく縮れを出した、プリプリツルツルとした多加水麺。噛み心地、啜り心地、麺の味、共に好みでした。次は「鬼濃厚つけ麺」狙おう。



【肉バンク】
新潟市中央区米山2−9−4
11時〜14時半
木休



2008年02月02日

麺や来味@大形本町 新潟市東区

4273136a.jpg意表を付かれたもう片方の限定は「鶏白湯塩」ではなく、「地鶏塩らぁ麺」でした(すみません)。本日夕方の訪問で運良く提供されていました。メニューを見ると「地鶏塩らぁ麺850円」と「地鶏塩らぁ麺と鶏塩の油そば1050円」とあります。欲張りなのでらぁ麺と油そばの方を注文。(全部食べられるか心配しながら)

説明書きによると動物系スープ名古屋コーチンのみから。和だしは焼干し、一等級真昆布のみの構成。麺は極細麺。油そばは鶏油と香味油のブレンド。塩味で麺は半分とのこと。

地鶏塩らぁ麺本体はトッピングが別皿ということもあり、ネギが載っただけの潔い姿。材料もかなりシンプルな構成になっているからか、鶏の味がストレートに伝わる。表面に油を浮かべてあります。レギュラーの塩同様、穏やかな塩らぁ麺。新潟では白濁させた塩豚骨をよく目にしますが、こういう澄ました塩はなかなか御目に掛かれない。極細麺もまた良く合うなあ。スープはもちろん完飲。


鶏塩油そば<トッピングは別皿で提供されるとのことで、トッピング皿に、麺半玉分の鶏塩油そばが一緒になっている。レギュラーのチャーシューの代わりに鶏肉が。「鶏塩の油そば」のほうは少しお腹が一杯で大変でしたが、シンプルな構成とお味なのでスルリと食べられました。ごちそうさまでした。




同行者の鰤塩を少し分けてもらったけど、こりゃうまいっすわ〜。魚好きにはたまらない。魚嫌いにもたまらない。w

【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
025−272−4198
11時〜15時、17時30分〜21時
火休