2008年12月

2008年12月31日

今年を勝手に振り返る2008

2008年もあっという間に今日で最後ですね。

今年は自身の職種が変わり、食べる杯数が激減して思うような活動が出来なかったというのが正直なところです。。ただ、食べる機会が限られていたのでお店選びに例年以上に気を使ったのも確か。絶対数が足りない中で中々満足度の高いラーメンが多かったかなあと思います。個人的には新潟のつけ麺に少し物足りなさを感じましたが。。

毎年のことですが県内では「麺や来味」がやはり頭抜けていたように思います。引き出しの多さもそうですが、それを具現化する力も本当にすごい。定期的な限定メニューを出す店は回によって当たり外れがあることが多いですが、この店は毎回期待以上のクオリティーで我々を驚かせてくれました。
強いて挙げるのならば「鰤の塩らぁ麺」ですかねええええ。「あさりと鯛」「名古屋コーチン系メニュー」も良かった。。

食べる機会は非常に少なかったですが、上越では「あごすけ」「GOGO宝来軒」の頑張りは、物凄い勢いを感じましたし、なかなか食べに行けず悔しい思いもしましたよ。。

新店に目を向けると、今年最後の「麺や ようか」が一人勝ち。少し遠いですが、定期的に通いたい魅力的なお店です。久しぶりにゾクゾクするような新店でした。。


県外も時間の許す限り遠征してきましたが、おいしいお店がたくさんありました。「なかなか行けない」というプレミアム感を差し引いても素晴しかったのが、仙台市の「くろく」です。「鶏の醤油らーめん」「黒」おいしかったあ。未だに味を鮮明に思い出せる、強烈に記憶に残ったらーめんでした。


また、会津若松市の手打ち系のお店にツボな一杯が多かったです。「古川農園」「牛乳屋食堂」「いさみ」等シンプルな醤油ラーメンですが、力強い麺と相性抜群で印象に残っています。

今年は原油の高騰等の影響なのか新店の数が比較的少なかったように思います。とは言え、これだけお店の数が増えたラーメン業界、これからは淘汰の時代、生き残りの時代に入っていくのかなあなんて思います。定期的な限定メニューを考案し、自らの引き出しの数を増やしたり、既存のレギュラーメニューを日々ブラッシュアップさせる等、生き残りのためにはイノベーションの発想が不可欠なのではないか?と思います。ラーメンに限った話ではなく、これからはそういう時代なのかなあ、、なんて思います。


と言うわけで生意気な意見かもしれませんが、今年を振り返るとこんなかんじになりました。今年おいしいラーメンを食べさせてくださいました皆様、このブログを御覧になって下さった皆様、本当にありがとうございました。来年も宜しく御願いします。


2008年12月29日

春紀@高柳町 柏崎市

84a73b88.jpgすっごいわかりにくい!本当に小さな小さなラーメン屋さんですなあ。中に入ったらカウンター4席が埋まっている。満席。

しばらくして入店。メニューはらーめん、しお、つけ麺、赤、鶏白湯など。今回は初訪問なのえ基本の「らーめん」を。


上品な魚介系の香りがフワッと香る。スープを啜ると穏やかながら、しっかりとした旨味が伝わってきます。全体の印象は和風の趣なのですが、動物系素材がでしゃばることなくスープの土台を支ええいるのでしょうか。。口に含むとスープ全体が丸〜い印象で角のないおいしいスープです。

麺はスープの印象に対して意外な組み合わせ。太麺で縮れがあるボコボコした麺。しっかり茹で上げてやや柔らかめに。これがまたしっかりスープを拾う。


トロッとしたバラチャーシューが多い昨今だが、しっかりした厚手のロースは本当においしい。この間の生粋@池袋も然り。

年末にイイ ラーメン食べられました。




【春紀】
新潟県柏崎市高柳町山中3644−1
11時半〜15時
火休



麺や ようか@若葉 新潟県小千谷市

fcf3df88.jpg今年オープンの新店。券売機を見ると鶏塩らーめん、うめしおらーめんが先頭に。他にも醤油、つけそば(細麺)もりそば(太麺)などがラインナップ(つけ麺系はまだ提供していなかった)。麺は自家製麺のようです。入店すると製麺室もあり期待が膨らむ。

今回は「とりしおらーめん」を。ネット上では某有名店で修行したなんて情報もちらほら見ていたので、「どこだろう?」なんて思っていましたが、運ばれてきたラーメンを見て、一口食べた瞬間に。。。ですね。。なんだよもったいぶるなよ!ってかんじ(すみません)。天神下でしょ。


それを差し置いてもですよ!以前より私が求めていたタイプのドンピシャな塩ラーメンですよ。新潟の塩ラーメンって乳化させた塩豚骨的なタイプが多かったので。。

淡麗、ジワジワ、と言う言葉が適切です。一口目は薄いと感じますが食べ進めるとじんわり鶏の旨味と、かすかな煮干し(たぶん)がやってきます。表面の少量の油と鶏そぼろが終盤効いてきて箸を進めるスピードが加速します。

淡い繊細なスープに極細麺がぴったり。いい塩梅でスープを拾います。ああ、醤油も食べたかったなあああああ。つけそば、もりそばの提供も楽しみです。今年の最後の最後になって新潟ラーメン界に一大事が起きていることに気づきましたよ。

立地的にもラーメンのタイプもマーケティングがしっかり成されているような気がします。流行らない理由が見つからない。





【麺や ようか】
小千谷市若葉1−21−2
11時〜15時 17時半〜21時
火休

手打ち麺処@三仏生 新潟県小千谷市

464566ca.jpg今年の10月にオープンした新店で超人気店「勝龍」の姉妹店。今回は群馬遠征のつもりでしたが、途中で予定変更。(何か運転に疲れて)

「手打ち麺処」ということで自家製麺のお店です。角煮ラー麺が雑誌等で押されていましたが、本日は連食予定なのでノーマルの「ラー麺」にしました。

「勝龍」といえば体育会系の豪快なラーメンが印象的ですが、姉妹店の「暁天」はスープ自体の傾向は大まかに括ると同じ方向性なのでしょうが、どちらかというと大人しいというか上品にまとめたバランス型のスープという印象です。

運ばれてきた瞬間に動物系素材をふんだんに使っているであろう油、脂の風味が漂うが飲んでみるとコッテリギットりというかんじはまったくない。油で食べさせる安直なスープではなく、土台がしっかりしている印象。



肝心の自家製麺はさすがの一言。ツルツルとのど越しの良い中太ストレート。四角く角の立った麺で啜り心地が面白くメリハリがある。来味でも体験しているがこの形状は今後採用する店が増えそうな予感。。かなりイイかんじです。


店舗はかなり広く、厨房も広い。客を捌くぞ〜という気合が伝わってくる店舗構成です。開店直後の入店だったが、あれからすごかったんでしょう。。しかし小千谷も選択肢が増えてきたぞ。。


【手打ち麺処 暁天】
新潟県小千谷市三仏生3560−2
10時〜21時
火、第2、4水休

2008年12月21日

麺や来味@大形本町 新潟市東区

9b475eb3.jpg久しぶりに「鶏白湯醤油らぁ麺」に遭遇。いやあ実に久しぶり。


ガッツりと鶏を炊きあげた濃厚鶏白湯。豚骨ラーメンかと見間違えるほどのいかにも濃厚なビジュアル。たしかに濃厚で舌にまとわり付くかんじはあるのだが豚骨とは決定的に異なる軽やかさが有るというか、クドさがない。その分飲みやすいかんじがします。



淡麗清湯から濃厚乳化白濁スープまで引き出しの多さはさすがのひとこと。



【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
025−272−4198
11時〜15時、17時30分〜21時
火休


2008年12月20日

麺や勝@物見山 新潟市東区

7e97ecab.jpg中華そばを。満足。WEEKに載ってた「漢のつけ麺」食べに行かねば。













【風の味 麺や勝】
新潟市東区物見山3−2−5
11時〜15時 17時〜22時
水休


2008年12月14日

創新麺庵 生粋@池袋 東京都豊島区

329fe6bd.jpg超個性的ラーメン。今回久しぶり食べたら、本当にうまくて。。東京はやっぱ層が厚いなあ。行列もしてないし。どうなってんだ?

秋刀魚を塩焼して醤油ダレに使用するという唯一無二のラーメンが食せる。店内は秋刀魚の塩焼きの匂いが立ち込める。「正油そば」と「塩そば」は両輪だが今回はその正油そばの特製に当たる「上生粋正油」を。

秋刀魚の香りがブワ!!とやってくるがスープ自体は醤油ダレがしっかり効いているが穏やかな飲みやすいスープで一気にグイグイ食べさせる。



地味にチャーシューがうまい。いやうまい。




【創新麺庵 生粋】
東京都豊島区池袋2−12−1
11時半〜15時 18時〜22時半
水休

2008年12月13日

麺や桜木町二ー五ー四@桜木町 さいたま市大宮区

a04dd1d1.jpgつけめん102に引き続き、こちらのお店。住所が店の名前という変化球系のお店。
油そばで有名な「ぶぶか」の店主が立ち上げに携わったらしい。ということで当然今回は「油生卵そば」。

胡麻油の効いたタイプで麺が至極少ない!もっと食べたいというところで食べ終わる。最近は油そばを出す店が多くなってきたと言うこともあり、大きな衝撃は受けなかったがオーソドックスな油そばといったところか。麺が思ったより細くて力強さが無かったかなあ。。




【麺や桜木町二ー五ー四】
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2−5−4
11時半〜23時半

つけめん102@さ桜木町 さいたま市 大宮区

55670241.jpg東京の人気つけ麺店「つけめんTETSU」が埼玉に進出。千駄木のほうは開店当時に結構通ったのだが、行列店となってからは全く足を運ぶことが無くなったので、かなり久しぶり。

麺が浅草開化桜から自家製麺に切り替わった。この大宮の店舗は支店としての機能と工場兼研究所としての側面も持ち合わせているそうな。。

今回はつけめんを。以前はものすごい魚介豚骨のインパクト!という印象だったが、今回のつけダレは動物系スープが濃厚でマイルドな印象。全体の安定感と言うかバランスはさすが。完成された「つけめん」という感想です。


自家製麺に切り替わったのだが、モチモチツルツルとしたストレート太麺は食感、啜り心地ともに文句がなくうまい。そしてツルツルしながらもつけダレの乗り方もイイ!イイつけめんだなああああ。

割りスープに焼き石を投入しするとスープが生き返る。これは非常にうれしいサービスですよねえ。新潟ではないし。。



【つけめん102】
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2−446
11時〜15時半 18時〜18時
無休

2008年12月09日

天龍@東堀 新潟市中央区

aaa2104d.jpg新潟市のあっさり中華そば。一杯600円になってました。。

スルりスルりと食べられます。煮干しがほんのり香りシミジミとおいしいです。
麺は少しフニャフニャでしたけど。許容範囲。





【天龍】
新潟市中央区東堀通6−1035
11時〜16時半
月休


2008年12月06日

麺や来味@大形本町 新潟市東区

5327c7d7.jpg12月〜1月の限定メニューは「牛と鶏と豚の醤油らぁ麺」。


運ばれてきた瞬間に牛の甘〜い香りがリッチな気分にさせてくれます。動物系のみで
構成されたというスープだが、クドさがなく、それでいて最後までグイグイ引っ張られるいつもながらの脱帽らぁ麺です。

平打っぽい独特の麺の角張った啜り心地も健在で、この麺は今後定着しそうな麺ですね。

スープと具材の牛スジを残し、そこにたまごかけご飯を投入すると「すきやき雑炊」の完成です。うめえ!



【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
火休