2009年12月

2009年12月31日

来味 東掘店@東掘通 新潟市 中央区〜今年の総括

ec8716d8.jpg1年の締めくくりは来味の東掘店で中華そばを。

市内に東掘含めて3店舗ありますが、3店とも味が異なります。紫竹店と東掘店は中華そばであることは共通ですが、味が異なります。東掘のほうが煮干し感が強く、味のブレも東掘のほうが大きいようにも感じますが、非常に高水準の無化調中華そばが食べられます。いいもの食べた!



さてさて今年を振り返ると170杯と控え目に。「麺や来味」「なおじ系列」「ようか」「中華のカトウ支店」が印象に残っています。

とは言え今年はブログ未掲載がかなりの回数あったし、本当に手抜きの1年でした。。新店もあまり開拓できなかったのも心残りな気もしますが、今年に関しては、引きの強い新店が少なかった。いやほんと少なかった。その中でも異彩を放った、なおじ系列の「シェ」が一番良かったなあ。淡麗鯛塩、ムロ鯵醤油など個性的。少し遠いけどいいお店です。

新潟ラーメン界の一般的なトレンドとしてはやはり首都圏主導型の魚介豚骨が威力を発揮していたかなあと。しかし、少し飽きましたよねえ?うまい店はうまいですけど。まだまだ一般的には受ける感じですが。
あとはドカ盛り系ですか。。もう若くないので「量」は求めていないのでこのムーブメントに対しては完全に蚊帳の外でしたけど。色々なお店でドカ盛りを体験できるようですので、他のラーメンブログなどで情報収集してみてください!


県外も高水準の珍しいラーメンを色々経験できたのが大きかったです。東京では「月島ロック@佃」「ほん田@東十条」「BUZZ@鴬谷」が印象に残っています。群馬では高崎市「しなそば なかじま」、石川県は金沢市の「神楽」も外せません。。新潟のラーメンは全体のレベルはものすごく高いと思いますが、県外店個別の閾値の高さには驚かされます。振りきれてます。世の中広い。


一方、なんといっても残念だったのは西区の名店「ばすきや」の閉店でしょう。現在は、東区粟山(竜胆の向かい)で「バルム」という名前でハンバーグとカレーのお店をやっています。ハンバーグ旨いです!頑張ってほしいです。とは言え、曜日限定や二毛作で「ばすきや」復活を願います。

来年も、今年くらいのペースでしか食べられないことが予測されますが、密度濃く食べ歩きたいなあと思います。個人的には魚介豚骨はほどほどに、すっきりシンプルなラーメンが来年初めの狙い目になりそうです。来年(今年も)もよろしくお願いします。




2009年12月29日

酒麺亭 潤@小牧 燕市

潤わいばん酒麺亭 潤へ。東京は芦花公園駅にあるアイバンラーメンの店主アイバンさん直伝の低温ローストトマト、ニンニク、玉ねぎをトッピングに据えた、限定の「和伊バン味噌」を。

濃厚な豚骨スープに豆乳が加わりまろやかな味わいに。豆乳が加わるとコクがしっかりあるのにすっきり飲めるというか、グイグイいけちゃいます。後で知ったのですが、蠣醤がかかっているらしいですが、魚介系の匂いが強烈で好みが分れそうです。


存在感のある太麺を合わせてますが、これ以外ない最高の組み合わせでした。トッピングのトマトは旨みがギュッと詰まっていてトマトってうまい!と改めて叫びたくなる程。ニンニクは柔らかく仕上がっており酒の肴にしたい一品。



【酒麺亭潤】
燕市小牧464-12
11時〜15時 17時〜23時
土日祝
11時〜23時
火休

雷電@新栄町 加茂市

雷電加茂市の雷電へ。これまで鶏白湯を看板として営業していましたが、その鶏白湯ばパワーアップ。「極上鶏白湯 俺の塩」が大完成!

私の鶏白湯のイメージはタレが塩、白醤油ベースで出来ているものなんですが、
自分が固定観念で持っている鶏白湯に限りなく近い感じでした。初めて食べた人は豚骨スープだなあと勘違いしてしまいそう。鶏のゼラチン質で口の周りがペタペタします。非常に濃厚なスープです。


麺は加水の低い麺を使用しており、スープをごっそり持ちあげます。以前の鶏白湯に比べてタレが塩になった分、鶏の輪郭を激しく感じることができました。他のメニューも気になるものが多数で、再訪必死です。特に「中華蕎麦」はカツオ仕立てのロックンロール風あっさり醤油ラーメンとのこと。。マジですか??超楽しみ。

【雷電】
新潟県加茂市新栄町11−7
11時半〜14時 18時〜20時
月休