2010年07月

2010年07月29日

due italian@市ヶ谷 東京都千代田区

italianガチンコラーメン道でもお馴染みの石塚氏の店が市ヶ谷に。黄金の塩らぁ麺で絶大な支持を得ている。

今回はその黄金の塩らぁ麺を。黄金色をした鶏油が表面を覆う美しいビジュアル。先日の福島市の遠征時の「自家製麺えなみ」で食べた塩もこの系統であった。このタイプはもうすでに目新しいものではないが全国に広まったのはこのdue italianの影響が大きいのでしょうか??

麺は細麺ストレート。スープを適度に拾い上げ、麺とスープをバランスよく食べられる、完成された一杯。フライドガーリックも良いアクセントとなり、最後までおいしく食べられる。


【due italian】
東京都千代田区九段南4-5-11
11時〜15時 17時〜22時
土曜11時〜22時
日祝11時〜21時
無休

2010年07月28日

可以@神保町 東京都千代田区

可以渡辺樹庵氏の新店。今回は味噌ラーメンの店。濃厚な動物系スープで味噌ラーメンを完成させた。山椒がガツンと効いて痺れを演出。スープがドロっと濃厚なので山椒の痺れ感がよいアクセントとなっている。

麺もこれまで食べたことのない平打ち縮れ麺。食感がサクっ?でもモチ?なかんじでドロっとした味噌スープに良く合っているなあと思います。

生姜とひき肉を合わせたトッピングと白ネギ、山椒痺れと濃厚味噌を最後まで飽きずに食べさえる仕掛けが随所にみられる新しいラーメン。江戸のラーメンだな。

【可以】
東京都千代田区神田神保町2-2-12
サンネスビル1F
11時〜20時
無休

麺屋33@神保町 東京都千代田区

33丸鶏旨味そばを。鶏の風味が強く出ていたり、香味油もガッチリ主張していたり丼の中を所狭しと色々な要素が詰め込まれているなあ。あっさりということではなく、油分も多いかんじ。

麺はサクサクした食感の細麺。スープが塩、丸鶏ということでこの組み合わせは無難なところだと思います。個性の強いラーメンでこじんまりまとまっていないので、面白かったです。江戸のラーメンというかんじがしました。


【麺屋33】
東京都千代田区神田神保町1-44
11時〜14時半 17時〜22時
※スープがなくなり次第終了
無休


2010年07月24日

滋魂@松崎 新潟市東区

滋魂燕ラーメンを全国に知らしめた「潤」出身の店主が営むお店。東区で本気の燕ラーメンが食べられる貴重なお店として、開店以来順調に客足を伸ばしている様子。

雑誌「WEEK」にカレーらーめんが提供されているという記事が載っていた為、訪問。



濃厚な動物系スープで自家製カレールーを伸ばしたものに更にとどめのカレールーがオンされる。もともとのスープの濃厚さとカレーが混ざり合い密度の濃い旨みがやってくる。とどめのカレールーも威力十分で力強い一杯。

夏野菜も大量に載っていて彩りも美しいし、爽やかな野菜が箸やすめ的な存在となり良いバランスを保っています。スープに負けない太麺も存在感がありスープに負けない力強い品。


仕上げに半ライス投入を忘れずにどうぞ。



【滋魂】
新潟市東区松崎1-1-28
11時〜22時
(上記は開店当初の営業時間です。中休みとってるようです。ご注意ください)
無休
(今後定休日設けるかもしれないとのことです)

冷製牛出汁の二段仕込み醤油らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市 東区

来味冷やし牛不定期メニュー。牛を前面にガンガン感じる構成ではないが醤油ダレと上品に組み合った飲みやすいスープ。とはいえ牛脂分もくどくない程度に感じられて冷たいスープに絶妙のコクが加わっていて「やられた。」というかんじ。

具材もきゅうり、わかめ、桃など「こうきたか。。」という構成で、特に桃は面白い組み合わせでおいしかった。。




【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休


2010年07月19日

麺屋 茉莉蔵@米山 新潟市 中央区

まりぞう山椒の刺激、そして濃厚豚骨スープと練りゴマのドロっとしたクリーミーな味わいが病みつきになる坦々麺。次回は基本のしょうゆを食べてみよう。自分の中で市内での序列を一気に駆け上がった。






【麺屋 茉莉蔵】
新潟市中央区米山2-9-4
11時〜14時 18時〜22時
日祝11時半〜14時
月休

麺屋 一本気@東青山 新潟市西区

一本気
久しぶりの一本気。らーめんを。鰹中心の魚介系が前面に出ているスープ。動物系は割と軽めに仕上げている印象を受ける。しゃきっとしたストレート麺を合わせた幅広い年齢層に受け入れられそうな一杯ですね。





【麺屋 一本気】
新潟市東青山1-6-1
11時〜15時、17時〜21時
火休


2010年07月17日

チャーシュー撃城 源流@鯵潟 新潟市南区

源流淡麗白根のシェでも「海老つけ麺」を、、とも思ったが、濃厚系つけ麺の連食がきつそうなので断念。。同じく白根の話題店へ。

未食の淡麗ラーメンを。塩ラーメンのようなビジュアルだがタレは白醤油らしい。赤い海老油が良いアクセントに。海老の香りが支配的になるかと思いきや、スープと絶妙のバランスを保ちおいしく食べられた。



インパクトは源流ラーメンのほうにあるが淡麗もシッカリした味わいで物足りないかんじは皆無。中細ストレート自家製麺も張りのあるおいしい麺。チャーシューうまい。今日の2杯目は胃袋の許容量的にキツかった。。

つけめんは胃袋にきますね。歳ですね。。


【チャーシュー撃城 源流】
新潟市南区鯵潟636-5
11時〜23時
無休


限定えびつけめん 昔食堂なおじ本店@上所上 新潟市中央区

なおじ本店えびつけめん飛ぶ鳥を落とす勢いのなおじグループ。最近の江戸での動きは多くのラーメンフリークの話題となっているようです。新橋の「ヒノマル食堂」四谷の「もぐら」等新店がどんどん誕生しています。早く行ってみたいです。。

今回は期間限定の新作ということで、「えびつけめん」の提供がスタートしました。本店は「えびつけめん」白根のシェは「海老つけ麺」ということで、レシピも少し違うようです。本店は本店店長川島さんレシピなんだそうです。



見るからに濃厚そうなつけダレ。超高濃度でドロ系です。自家製南蛮海老を使ったつけダレはガッチリ乳化させた高濃度豚骨スープとブレンドされ、海老の香ばしい香りが立ち込め、さらに甘みを感じるマイルドな口当たり。濃厚ポタージュスープ。

自家製極太麺は押し返しの強い、武骨で屈強な麺。しかし、つけダレの存在感が今回は圧倒的!シッカリと麺につけダレが絡み、途中でつけダレなくなりそう!!なほど麺に良く絡んでいました。

新宿の「克味」のドロ系を未経験なので今回のつけめんとの「差」がどのくらいあるのか判別付きませんが、少なくともこの「えびつけめん」も「イイドロっぷり」です。おいしかったです。

【昔食堂なおじ】
新潟市上所上3-1-28
11時半〜23時半
木休


2010年07月13日

洋食とんかつ・フリッツ@赤坂見附 東京都千代田区

フリッツ2赤坂の「旬香亭」という洋風小皿料理店の斎藤元志郎さんが手掛けたお店だそうです。石神先生がよく訪問しているので気になって気になって。

ラーメン類は夜営業のみの提供のようです。今回は「とんかつラーメン」を。普段はパーコー麺の類は注文しないのですが、とんかつメインのお店なので今回はこちらを。


豚、鶏ガラと野菜でとったスープに醤油ダレを合わせた支那そば風。表面には大きめな背脂が少量浮かぶ。生姜の香りがふんわりと効いているが、長岡生姜醤油のようにガツンとインパクトのあるタイプとは少し異なる、じんわり優しい味わいが印象的。

麺はゆる〜くウェーブした中細麺。しっかり茹であがったプルンとした食感で、スープにシッカリ絡んでよく馴染んでいます。

とんかつは別皿で注文し、半分はとんかつ単独で楽しんで、半分はラーメンに載せて頂きました。きめ細かい衣のとんかつはうまい!ごはん食べたくなる。。
ラーメンに載せればとんかつの油がスープに乗っかり、コク深い味わいになり、載せる前とはだいぶ雰囲気変わります。

他にもおいしそうな洋食がラインナップされています。何度も通い合くなる魅力的なお店です。

【洋食とんかつ・フリッツ】
東京都千代田区永田町2-13-10
プレデンシャルタワー11F
11:15〜14:30 17:15〜21:30
日休

本枯中華そば魚雷@春日 東京都文京区

魚雷トッピング2010東京の新店の中でも抜群の存在感を示してるのがこちら「本枯中華そば魚雷」。長野の「気むずかし家」「信濃神麺 列士洵名」の店主塚田氏のお店。

旨玉本枯中華そばを。ビジュアルは極めてシンプルで美しい。注文時にトッピングを3種類選択できて、別皿で提供される。今回はナルト、鶏チャーシュー、メンマを選択。


見た目はシンプル醤油ラーメンだが実に手の込んだ作りとなっているようです。昆布、鰹、鯖、鯵などの節類の魚介系スープと青森産赤鶏、もみじ、豚足等の動物系スープを合わせている。更にサイフォンのフラスコにスープを入れて「ロート」に枕崎の本枯鰹節を削ったものを入れて、フレッシュな鰹風味をプラス。更にトッピングとして鰹出汁を「エスプーマ状(ふんわりした泡)」にして更に香りを楽しめる寸法。

魚雷そのスープはシンプルながら奥深い味わいで「キュン!」と味覚を刺激します。鶏油でしょうか、スープとしっかりマッチしておりグイグイ引っ張られる。う、うまい。家にもサイフォンありますが、普通に入れたコーヒーと何か違うかと問われると、、「うーん雰囲気!」という感じですけどね。。





麺。これがうまい。「はるよこい」に「はるゆたか」を石臼引きした全粒粉を合わせている。中細ストレート麺はしなやかで、滑らか、しっかり茹であげられているのだが独特のコシというか食感がある。ありそうであまり体験したことのない麺。勢い良く啜りスープをスルッと持ち上げて食べたい。

うめえです。江戸すげえです。でも長野ですよね?全国クラス。


【本枯中華そば魚雷】
東京都文京区小石川1-8-6
11時〜15時 18時〜23時
水休



2010年07月11日

冷製鶏塩らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

来味冷製鶏しお麺や来味の夏季限定メニュー。今年は夏季メニューは3種類。「冷製鶏塩らぁ麺」「赤味噌と島とうがらしの冷製ピリ辛らぁ麺」「シークヮーサーと黒糖仕立ての冷やし中華」。この夏、大変重宝しそうな魅力的な涼麺系。

今回は、「冷製鶏塩らぁ麺」を。定番の鶏の澄ましスープをベースに笹川流れの自家製塩を使ったタレ、平打細麺の組み合わせ。ノンオイルのさっぱりラーメン。トッピングには鶏ひき肉のトマト和えがあしらわれています。

鶏コラーゲンがたっぷり詰まった旨み充分なトロッとしたスープ。この鶏スープは本当に贅沢な雑味のない至極のスープです。ノンオイルながら物足りないという感じもない。トッピングの鶏ひき肉とトマトが溶けだすと旨みが更にプラスされていく。冷製パスタでもありそうな雰囲気。

あわせた細麺がトロッとしたスープをガッチリと持ち上げてくるので麺とスープのうまさを同時に充分味わえる。シソの香りを所々感じたり、爽やかな夏にぴったりの一杯。これはこの夏、相当お世話になりそうです。冷たくておいしい〜。最高。


【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休


2010年07月10日

リンク追加

リンクを新たに追加させて頂きました。どのサイト、ブログも有益なラーメン情報が満載でいつもお世話になっております。よろしくお願いいたします。

三吉屋@西堀通り 新潟市中央区

三吉屋新潟の老舗書店北光社の閉店(市役所前で別形態で営業中)、老舗デパート大和の閉店、三越横のマクドナルド閉店と界隈では暗い話題が続く。しかし、ここだけは元気にやっています!新潟ラーメン界のゴッドファーザー「三吉屋」。

いつもの中華そばを。年齢層高くてイイですね!!



今日は豚感が少し強めな印象だったけどスルリと食べられるお馴染みの味。なんだか落ち着きます。新潟人のDNAに刷り込まれた味ということですね。


話は少し変わりますが、みなさんご存じの にいがたラーメン親父の会 では現在スタンプラリーを行っていて、5店舗分のスタンプが集まると親父の会の手ぬぐいがプレゼントされます。各店舗で販売もしています(4色展開)がスタンプラリーでもらえるのは非売品の「ピンク色」。本日三吉屋にて「ピンク」をゲットしました。店主も喜んでおられました。ありがとうございました。他の色は全色購入してたのでこれでコンプリートです。デザインもイイので新潟土産にも適しています。県外の人にお配りしたり、新潟ラーメンをアピールできる良品です。みなさんも是非。1枚500円と格安!!

CIMG0306









【三吉屋】
新潟市中央区西堀通り5−829
025−222−8227
11時〜20時30分
火休、第3日休



秋刀魚煮干しの二度仕込み醤油らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

来味秋刀魚土日限定の「秋刀魚煮干しの二度仕込み醤油らぁ麺」を。醤油の風味と魚介の旨みが前面に出たスープ。単層ではない立体的な旨みが広がり、いつもながら感動を覚えます。「スープの旨みがまだ舌の根に残っています。。」たしか高校の現代文の授業だったか、、「ゆうべのエビフライの旨みがまだ舌の根に残っている。。」みたいな話があったなあ。。調べた結果「盆土産:三浦哲郎」だった。


まあ、そのくらいビシッとうまい醤油らぁ麺だったわけです。平打ストレートもいつもながら良い組み合わせ!しかし、素人は言われないと食材何使っているかやはりわからないもんだ。色々自分で材料煮だしてみたけど秋刀魚煮干しはやったことないもんな。。

メンマが元に戻っていた。限定用?

冷やし系メニューが3種登場しています。
「赤味噌と島とうがらしの冷製ぴり辛らぁ麺」「冷製鶏塩らぁ麺」「シークァーサーと黒糖仕立ての冷やし中華」。どれも夏場重宝しそうな楽しみなものばかりです。

【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休


2010年07月09日

極麺 克味@上王瀬町 新潟市東区

克味特製東区に「昔食堂なおじ」の系列店が。オープンして既に2カ月近く経過しているが当方も既に結構な回数通っています。サボってしまい記事にはしていませんでしたので今回満を持して。

これまでのなおじの店の作りは、味のあるレトロな雰囲気をもった店が多かったのですが今回は、シンプルな設計で万人に受け入れられそうな雰囲気。メニュー構成も全体的にリーズナブルに設定されているし、「爆食ドカ盛系」も網羅しているので、色々な客層に対応できるかんじ。

今回は基本となる「克味中華」のトッピング増の位置づけとなる「特製」。大きな角煮が3,4個、チャーシューが2枚どっかりと鎮座。すごい迫力!!提供前にバーナーでネギを炙って焦がしネギを作るのですが、大きな火柱を上げ、見た目のインパクトが物凄い。

甘みを伴った醤油ベースのコク深いスープ。トッピングの角煮、チャーシューから油、出汁が出ているようで、スープ自体も豚感を感じる。おろし生姜があしらわれてるので、スープに溶かすとスッキリとした味わいに変化して雰囲気がガラリと変わる。

麺は国産小麦を使用した自家製麺の細ストレートをあわせている。メリハリのある啜り心地で、のど越し良いキレの良い麺です。ものすごく、腹が減って、疲れているとき等の選択肢として、いつもこの克味が自然と思い浮かびます。


【極麺 克味】
新潟市東区上王瀬町2 フレスポ赤道内
11時〜26時
不定休


2010年07月04日

自家製麺 えなみ@南矢野目 福島県福島市

えなみ塩2軒目は福島市で絶大な人気を誇るというこちら「自家製麺えなみ」。夕方は17時からという事前情報だったが6月から18時からに変更になった様子。18時前に訪問したがすでに10人ほどの行列が出来上がっている。。すごい。新潟で夜営業開始前の行列はそんなにお目にかかれない。




殆どの人が自家製麺を堪能できるつけめんをオーダーしている。ラインナップとしては「醤油」「黄金の塩」「つけめん」の3本柱。今回はお目当てにしていた「黄金の塩」を。

スープは会津地鶏、川俣シャモを9割、魚介1割。塩ダレはカンホアの塩、福塩。ビジュアルが美しい!!黄金の正体はたっぷりかけられた鶏油。一見あっさり塩らーめんの様子だがこの鶏油のおかげで結構重量感のある仕上がりとなっている。鶏の旨みを充分に感じられる満足度の高い綺麗な塩ラーメン。

あわせる自家製麺は細ストレート。序盤はコリコリした食感で後半はスープになじんだ柔らかめの食感に。細麺だと自家製麺の味わいはわかりにくそうだが、実際食べてみると心地よい風味と味がやってくる。

目新しい感じではありませんが、こちらもこだわりを強く感じる良店だなあああ。大ファンになりました。今回は2軒のみですが他にも福島市内にはまだまだ良店が多いようで、また近いうちに福島市にこないといけません!

【自家製麺 えなみ】
福島県福島市南矢野目字中江12-1
11時〜15時 18時〜21時
水休

うから家から@松川町関谷 福島県福島市

うら家らーめん福島市の気になるお店へ足を運んでみました。東京は「麺や七彩」の店主がアドバイザー?となっているというこちらのお店へ。

無化調、自家製麺、地産地消というグッとくるキーワードが並ぶ。今回は基本となる醤油らーめんを。「七彩」というと無化調で喜多方ラーメンというテーマのお店なのでやはりその流れを汲む作りとなっている。


会津地鶏のガラ、もみじ、丸鶏、魚介系素材を綺麗にまとめたじんわり系醤油らーめん。まるーくまとまっていて、しかもうまみもグッとくる。醤油の角が立たないやさしい味わい。

自家製麺は太い縮れのあるもの。福島県産の小麦を数種類ブレンド。本日の自己採点92点というその麺は表面がツルツルしていて、のど越しが良く、風味もしっかり感じる噛みごたえのあるおいしい麺。この麺うまい!

細部までこだわった良店でした。たまごかけごはんの表記は「TKG」でした。。

【うから家から】
福島県福島市松川町関谷字坂下71
11時〜100食限定 売り切れ次第終了
不定休

2010年07月03日

茉莉蔵@米山 新潟市中央区

まりぞうこちらも数年ぶりの訪問となる。いかにここ1,2年の食べるペースが落ちたかよく分かる現象だなあ。

一押しが「坦々麺」になっている。メニューにはあったような気がしたけど、一番人気扱いではなかったような記憶があるが。。豚骨強めな面白いバランスの魚介豚骨のお店という印象だったのだけど時は流れたのですね。


今回はその「坦々麺」を。四川山椒の香りと刺激、練りゴマ、濃厚豚骨スープでどろっとっしたスープはマイルドな口当たり。口の周りがペタペタになる高濃度系。辛さとマイルドさと適度なビリビリ感で病みつきになるかんじ。

中細と表現するのが適当かなあ、、というストレート麺。挽肉が中盤でスープに溶けだし旨みが増幅します。なるほど一番人気なんだろうな。という一杯。お薦め!

【麺屋 茉莉蔵】
新潟市中央区米山2-9-4
11時〜14時 18時〜22時
日祝11時半〜14時
月休

東横@笹口 新潟市中央区

東横超久しぶりの東横。久しぶりにどれだけ濃厚だったか確認したくなり訪問。ノーマルのみそラーメンを。

全国的にもこの割スープ付味噌ラーメンは浸透してきているのかな?最終的な味の設定をお客に委ねるというフリーキースタイルには賛否両論ある。個人的には以前は「否」のほうだったが、最近では「お客様志向」という観点からみると「有りかも」のほうに意見がシフトしつつある。。

やってきたラーメン本体と割スープ。割スープのレンゲが大くて存在感あります。割る前のデフォ状態で一口。。濃い!舌が一気に土俵際まで追い込まれる逃げ場なし状態。割スープ投入して調整を試みるが、全投入でようやく好みの状態にカスタマイズ完了。

割スープ自体はマイルドなやや白濁した豚骨系スープだと思われるが、割っても旨みが損なわれて「薄く」なることもない。パンチあるラーメンだなあ。

極太麺も柔らかめに茹でられていて、スープとよく馴染んでさすが老舗の安定感と言ったところか。。「麺は固め」というわけのわからない定石がまかり通っているけども、、柔らかい麺が似合うラーメンもありますよね。

【ラーメン東横 笹口店】
新潟市中央区南笹口1-1-38
11時〜22時(日曜日は11時〜21時)
不定休