2010年11月

2010年11月21日

中華の来味@紫竹 新潟市中央区

CIMG0484本家のほう。自家製麺に切り替わっているとのことで訪問。チャーハンとセットで。ふわっと煮干中心の魚介が香る中華そば。ボディがしっかりした安定感のある品。

自家製麺はこれまでの太洋軒の麺から大きく系統を外すのではなく、あくまでその流れを踏襲しているように感じます。啜り心地は麺の角が立った印象だが噛みこむと独特の弾性があり特徴ある麺に仕上がっています。伸びるもの以前より遅くなったような気もします。隙のない完成された味わい。

チャーハンはもう少し油っぽかったような気もする。いやにサラサラしていたような。。

【中華の来味】
新潟県新潟市中央区紫竹1-17-8
11時30分〜14時 17時30分〜21時
火休



2010年11月14日

ジャッキーラーメン@東掘通 新潟市中央区

CIMG0483今年度の新店の中でも個人的には1番好みのお店。今回も病みつき、ド醤油を。相変わらずスマートな醤油ラーメンながら、シッカリとした旨みとコクがジワリとジワリと広がります。過度に油っぽくないのでいつものように終盤加速度がすごい。醤油の角がなくマイルドなのは相変わらずだが、今までより甘みをかんじた。

ザクザクした加水の低い細ストレート麺はシッカリとスープと馴染んで好相性。具材も手ぬかりないスマートな一杯。次はえびそばだな。



【ジャッキーラーメン】
新潟市中央区東掘通5-424
11時半〜21時
025-225-5713
(定休日情報は未確認です)




2010年11月13日

自家製手打ち麺 らーめんシェ@上塩俵 新潟市南区

CIMG0482日本最強豚骨ラーメン。超高濃度ドロ系豚骨ラーメン。店主のドロ系に影響を与えたと思われる、先日頂いた無鉄砲系列の「無極」の濃度の比ではない。無極のつけ麺は濃度をかなり抑えられているらしいが、それにしても、このラーメンは超高濃度。食べ手を選ぶマニアックすぎる一杯。

麺を少なめでオーダーしたけど、肉の量を全く計算に入れていなかった。胃袋玉砕。3日何も食べずに訪問したい。



【自家製手打ち麺 らーめんシェ】
新潟市南区上塩俵杯山1761-2
11時〜23時
土日祝
11時〜21時半
不定休



麺's冨志@富永 新潟県燕市

CIMG0480オープンはたしか2007年だったと思います。久しぶりの訪問ですが、個人的には燕の名店扱い。今日は醤油らぁめんを。県内には魚介豚骨ラーメンを提供するお店が増えていますが、その中でもこちらのお店は屈指のクオリティ。サラリとした飲み口のスープは魚介系が鮮明にき効いているがボディがシッカリしているので物足りないかんじもない。何より粉(魚粉)っぽくないのがイイ。

麺は自家製とのことだが、プルプルした加水高めのタイプでスープとよく合っています。あまりメディアにガンガン取り上げられないお店ですが、シッカリとしたラーメンを提供しています。

【麺's冨志】
燕市富永100−1
11時30分〜14時半
17時半〜21時半
水休


2010年11月11日

醤油らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

来味醤油最新麺や来味にて醤油らぁ麺。以前に増して基本の醤油らぁ麺のグレードがアップ!スープの印象これまでと少し違っていて、白濁ぶりが顕著になっていた。魚介の芳香はそのままに動物系の濃度が格段に上がって、土台のしっかりしたスープに仕上がってます。油分も過度でないのでクドさなく、重厚なスープを最後まで楽しむことができます。




自家製麺はつけ麺で食べた麺と少し印象が違っている。モチモチした食感で、のど越しがよい。しっかり茹であがっていてスープによく馴染んでいます。後半ダレないのもイイ。

間髪入れず、「油そば」を。太麺を存分に楽しめる。自家製らー油がおいしい。麺少なめで控え目にしたけど、大盛りでもいけたな。。うまし。

麺や来味ヲタとしては近日中に「醤油」を食べることを激しくお薦めします。



【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休



2010年11月06日

太安亭@高井東 新潟市南区

CIMG0476新店。燕背脂醤油ラーメンの老舗福来亭出身?らしい。手打ち麺を売りにしているようだ。今回はラーメンを。

背脂の量は調整可能だが、今回はデフォで様子見。そんなに多くないようだ。醤油ダレと背脂の甘い風味が同時にガツンとやってくる。最近煮干ガンガン効いたラーメンばかり食べたせいか、煮干し感はそんなに強く感じることができなかった。醤油ダレがガンガン前面に出てきてます。

麺は平麺で太さは思ったより太くない。茹で加減はかなり柔らかめ。食感がフニャフニャで柔らかい。こういう狙いなのかな?スープの強烈さを考えるとバランス的にねえ。。

刻んだ玉ねぎは濃いスープを中和してやはりよい存在。背脂ラーメン店の宿命ですが既に床はヌルってますw

【太安亭】
新潟市南区高井東1-13-27
11時〜15時 17時〜21時
火休


わか家@吉田文京町 新潟県燕市

CIMG0472ここのところ色々なラーメンブログに登場するわか家。気になって気になって訪問。メニューが豊富!塩、タンメン、坦々麺、味噌、背脂味噌、ドカ盛り系まで守備範囲は広い。今回はトップに掲げられた「塩」を。

ビジュアルが美しい塩らぁ〜めん。塩角はなく口当たりの良い塩だが、物足りない感じはなく旨味は充分充分充分。スープが冷めると出汁感の輪郭がはっきりしてくる。

麺は細麺ほぼストレート。組み合わせとしては鉄板なかんじ。燕エリアは塩を売りにした店が少ないと思うので重宝がられそうだ。。ガッツリ系メニューも豊富で受けの良さそうなお店だなあ。

【わか家】
新潟県燕市吉田文京町3-16
火〜土 11時半〜15時 17時半〜21時半
日祝日 11時半〜15時 17時半〜21時
月休



2010年11月04日

つけ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

麺や来味。たぶん人生で最も食べたラーメン屋さん。学生時代や社会人の初期はコレクターというよりはリピーター的な食べ方をしていたので今のように色々なお店に顔を出さずに、特定のお店にばかり通っていた。

学生時代は池袋の「ごとう」「十六」にハマった。特に「十六」。今でこそ立教生御用達の行列店のようだが、開店当初、まだお客さんが着いていない頃、ピーク時は週4〜5回は通っていた。夕方は客が私一人なんてのはザラだったなあ。らーめんがたしか450円という恐ろしい値段設定だった時代。今振り返ると魚介豚骨という類の「はしり」のお店とも言えるだろう。しかも自家製麺で腹もちが異常に良く、一日これ一食で充分という学生には優しすぎるお店で愛着を持っていた。ラーメンにハマった自分のラーメンライフの中で最重要店の一つ。

社会人となり埼玉の東大宮に住み始め「天風」「一兆」「蛍」という優良店に恵まれ、この三店のローテーションで一週間を過ごしていた。どれもシッカリとした土台の上に魚介の効いたラーメンだった。本当によく食べた。


そして新潟に戻り、とうとう出会ってしまったこの店に。たしかお初は「鶏の澄まし塩らぁ麺」だったような気がする。醤油ベースのラーメンばかり食べていた私は、塩ラーメンってこんなにうまいの??と衝撃を受けたのをよく覚えている。ただし、麺。その時食べた麺の印象が個人的にはあまり良くなくって「麺が惜しいなあ」なんて思ってた。。それ以降、二か月に一回、最近ではそれ以上のペースでじゃんじゃん優良限定メニューを繰り出し、レギュラーメニューも更に更においしくなっていった。それに伴い、麺の出来栄えもドンドン良くなって、完全に心掴まれてしまい、上記のお店を抜き去り「一番通った店」になり上がり、現在に至っている。

こんなに私の心を鷲掴みにし、こんなに気持ち悪い文章を書かせておきながら、どうだ。。今度は「自家製麺」だそうだ。。

と言うわけで前置きが長くなりましたが、、つけ麺を!

CIMG0469
期待の自家製麺。太麺を選択したのですが、最近の世間の「太麺」からすると太く感じない。でもいたずらに太くないこの太さ、流石です。来味のつけダレにはこの太さなんだなああと。風味がよく水でしっかり締められていて弾力が強いコシのある麺。「固い」麺が多い昨今、やはり一味違います。プリプリと張りがありつけダレをシッカリ拾います。いきなりこのレベルとは、、凄いですわ。





つけダレは辛、酸と煮干中心の魚介が効いたライトタイプ。煮干しのかすかな苦味がフックとなりグイグイ食べさせる。ネギもいいなあ。割スープうめええ!食べ終わるのが本当に惜しい。食べ終わりたくない。と思ってしまうほどだ(笑)。

この一杯でいろんなことを思い出したり、感じたり、、、色々出てきたな。。ラーメンライフのキーとなる一杯になるのかなあ。「人の心を動かすもの」は「本物」だよなあ。しかし今日は長くなっちゃいました。

それだけおいしかったってことで。失礼しました〜。



【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休