2011年04月

2011年04月24日

中華のカトウ 支店@南浜通 新潟市中央区

CIMG0561カレーつけめん。市内でも指折りのお気に入りつけめんが食べられますが今回も中毒性の高いこちらのカレーつけめんを。出汁にカレーというよりカレーに出汁という塩梅に感じるつけダレ。ドロ度が割と高いが適度な濃さ。カレー味は食欲が増進しますねえ。

極太平打ち麺は風味はそこまで強くないが啜り心地、噛みごたえ、弾力、つけダレの持ち上げどれも素晴らしい出来栄え。


【中華のカトウ 支店】
新潟市中央区南浜通1-375
11時〜15時 17時〜翌1時
水休



仮4)

昔食堂なおじ@上所上
ヒラメキかけしお
なおじろう油そば

麺や来味@大形本町
油そば 生卵、焼きチーズ
引きが強すぎて最強。太麺の状態が今季最高!
シルナシやつけ麺にして食べるべき良麺。

俺たちのらー麺屋ちょび吉@坂井東
つけ麺
相変わらず美味。香ばしい米がアクセントに。

ダルマ食堂@小新
ラーメン。あの辺のインスパイアだろうけど、
だとしたら、ヤバいと思うよこれ。

名無しラーメン屋@某所
黒ゴマ担々麺
アグレッシブニボ







2011年04月18日

ばるむ食堂@粟山 新潟市東区

CIMG0903らーめん。冷静になってみると、ばすきや時代とは別物なかんじがします。もう少しジワジワ系だったような気もしてきました。記憶というものは曖昧で困る。過去の味を思い出そうとブログ記事探したけど、ばすきや時代のブログ記事少なすぎ。ばすきや復活!みたいに騒がれているけどなんだかなあ。今日は麺がもう少しか。。コリコリしてるけど「コシ」と表現できるものはないように思う。足が速すぎたな今日のは。しかし、結論はプースーのバランス良すぎて「超うまい」です。

なんというか人がうまいと感じる急所を決めにくるのが本当にウマいなあと感じます。要所を知っているというか。。

【ばるむ食堂】
新潟市東区粟山1-22-1
11時〜14時半 17時〜21時半
水休(2011年1月より)



2011年04月17日

俺たちのらー麺屋 ちょび吉@坂井東 新潟市西区

CIMG0902醤油らーめん。安定感でてきましたド生姜!フレッシュな生姜の風味とそれを下支えする豚骨スープと油層のバランスは記憶にシッカリ刻まれる、ヤミツキ系。ウルトラスムージーなツルツルプルプル麺は思いっきり啜り上げて食べるのが吉。男らしく喰らいたい。ネオ生姜醤油。全体的に気持ち濃いめの味付で新潟市民の心を鷲掴みだ。




【俺たちのらー麺屋 ちょび吉】
新潟市西区坂井東3-28-6
11時〜15時 17時〜21時 
木休



自家製麺 手仕事らぁめん八@堀之内南 新潟市中央区

CIMG0660朝らぁセット。最近休日朝の定番となっています。朝の煮干し中華は油分に頼らないフレッシュな煮干しと醤油感が楽しめる。よくできた中華そばだ。。生卵とライスで楽しみ方色々。のど越しのよい中細麺はムチムチ感も兼ね備えた佳作。オタ、フリークには朝を推します。一般受けするのは昼の部。なかんじ。



【自家製麺 手仕事らぁめん八】
新潟市中央区堀之内南1-1-17
7時〜23時
定休日不明



2011年04月14日

昔食堂なおじ本店@上所上 新潟市中央区

CIMG0889ヤマタニさんのヒラメキ。今回はタンメン。タンメンとは言え、海鮮っぽい雰囲気を持った独特のバランス感覚が面白い一杯。フムフム、なるほど、、おっと、、詳しい解説はニィさんのブログのほうで!漢字変換すると「海鮮野菜豚骨」。かな。。うめええ。。麺は短めで噛んだ後の跳ね返りが強い屈強な品。相性はよいと思いました。頭で考えるというより無心で喰らいたくなるラーメン。




【昔食堂なおじ】
新潟市上所上3-1-28
11時半〜14時半 18時〜23時
日祝は21時まで
木休



2011年04月10日

うるめ煮干 つけ麺(細) 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG0653うるめ煮干。煮干の出方が独特で酸味と旨みがジュワッと。初回の感想同様、このシンプルな一杯で煮干しと同じくらい重要なキーワードはやはり「油」これ超重要。超シンプルな設計ながらここまでおいしく感じさせるのは尋常ではないと思います。)。       




▲うるめ煮干らぁ麺

CIMG0711つけ麺(細)。こちらのつけ麺を細麺で食べることに開眼。(もちろんWGさんの影響。)細麺でうまいつけ麺は市内はここだけだろうな。他にあったら教えてください。何度も書きますが、麺とつけダレのバランスが秀逸です。また、割スープお願いするとお鍋で温め直してくれてネギが加わりスープが生き返ります。 



▲つけ麺(細)       

あと、ここの店員さん(布川さんではない)。回すのが尋常じゃなく早い。来味の「回転の遅さ」という弱点を完全に払拭しています。早い。

そして、仕込みもしっかりしているし、常時あの味をほぼブレなく提供できるのは相当ヤバいと思う。今の来味の屋台骨とも言えよう。

【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休






2011年04月09日

自家製麺 手仕事らぁめん八@堀之内南 新潟市中央区

CIMG0660わかりました。個人的には八は朝の煮干中華がベスト。生卵と白飯セットでものすごいバリエーション。
1、煮干中華のみ
2、白飯のみ
3、生卵×麺
4、スープを投入した生卵×麺
5、スープを投入した生卵×白飯
6、白飯を煮干中華へ

楽しすぎます。煮干中華自体も油層が少なくフレッシュな煮干の風味と旨みがダイレクトに伝わる作りで、秀逸。


【自家製麺 手仕事らぁめん八】
新潟市中央区堀之内南1-1-17
7時〜23時
定休日不明



2011年04月07日

名前のないラーメン屋@某所

・名前のないラーメン屋@某所 醤油豚骨(like a IE)

2011年04月05日

OGIKAWA@亀田中島 新潟市江南区

CIMG0663新潟の諸ラーメンブログで大絶賛のつけめん狙い。開店当初に魚介豚骨食べて以来の訪問。新潟では比較的豚骨の濃度が高いつけダレで脂泡が浮いています。そんなに新しく特筆する部分は感じられないけど、普通においしい魚介豚骨だと感じましたが、言うほどピンとこないかんじだな。麺は一時期の麺や勝のつけ麺もこんなかんじだった。。太めの多加水モグモグ系。相馬製麺ぽい。

こちらは充分においしいと感じますが、新潟の魚介豚骨はまだまだなのかな、、という気もします。江戸の魚介豚骨ははんぱねえすからねえ。。

【RA-MEN OGIKAWA】
新潟市江南区亀田中島3-1-8
11時〜不明(中休みあるかもです)
不定休



2011年04月03日

自家製麺 手仕事らぁめん八@堀之内南 新潟市中央区

CIMG0660営業時間が尋常じゃないくらい長い、ありがたいお店。「朝らぁめん」を新潟島以外で取り入れた挑戦的な業態を採用。新潟島以外でどれだけ朝ラーが根付くか興味深かったのですが、このたび自分も実践してきました。

これまでは所謂、昼営業の時間帯での訪問だったが、今回は朝7時過ぎに訪問。先客が2、後客が1という状況。券売機で朝セットを購入。生卵と半ライスが付いてきます。

昼の煮干し中華と比べて表面の油層がかなり少ない。油の蓋がないので湯気がモクモクと立ち込めます。煮干しの出汁感も昼とはやはり異なっていてフレッシュな風味が際立っています。

「油」の存在でかなり印象の違うラーメンになります。油のマスクが無いことにより醤油の「キレ」と煮干しの「酸味」がハッキリ浮き出た印象を受けます。

のど越しの良い細ストレート麺を少しスープを足した生卵に潜らせて一気に啜りあげ、半ライスを残ったスープにぶっこんで食します。

八の朝セット、イイです。昼とはタイプの異なる中華そばでした。休みの朝に食べたいですねええ。

【自家製麺 手仕事らぁめん八】
新潟市中央区堀之内南1-1-17
7時〜23時
定休日不明



2011年04月02日

麺や真登@喜多町 新潟県長岡市

CIMG0655勝丸さんのブログで情報を頂いた長岡の新店。若い店主が営む勢いのありそうなお店だ。開店は11時半ということで、5分前にに到着で先頭を獲得。と思ったらワラワラと人が並び始め、開店前に10名ほどの行列が。みんな車内待機だったんですねw。

食券制。塩と醤油の2枚を購入し、先に塩をオーダー。他にもつけめんがラインナップされております。説明書き見るとかなり濃厚そうです。


薫る塩ラーメン。まずは海老の香りがお出迎え。スープを一口啜ると見た目の淡い印象とは異なりグッと奥行きのある重層型。海老の後に甘みが際立ってやってきます。鶏と魚介(内容は判別不能。かなり色々重ねてる)のふくよかな出汁に鶏油が効いています。

麺はカネジンだそうですよ〜。今回は正直もうちょい。。オペレーションがまだまだバタついているという部分もあるけど、茹で過ぎ感が強く、茹で上げた上での弾力やハリが弱く、足が異常に早い。

真空低温調理法を採用した、おいしいチャーシュー。旨みをギュッと閉じ込めた絶品。食感も弾力が異常に強くこれはうまい!2杯目の醤油にあわててチャーシュートッピングをお願いしました。


CIMG06572杯目。鳥だし醤油ラーメン。鳥感は抽出されていると思いますが、全体的な「キレ」という点ではもうちょいな感じでした。じんわり系という印象でもなかったしなあ。方向性はアレなかんじなんので、これから楽しみな一杯です。揚げネギは個人的にはなくてもよかったかもでした。。




新潟にはないラーメン店で、総じてこれからの期待が大きい。明らかに首都圏のラーメンに影響を受けた品が並びます。長岡に新風を巻き起こすお店ではないでしょうか。また行きたいなあ。

【麺や真登】
新潟県長岡市喜多町1000-1
11時半〜14時半 17時半〜スープ終了まで
火休


2011年04月01日

うるめ煮干しらぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG06534月1日。新しい限定麺のスタート。今回はシンプルに「うるめ煮干しらぁ麺」。

過去の限定麺、地鶏らぁ麺シリーズ同様、具材が丼と別皿で提供されます。「煮干しを思い知れ!」の合図です。今回は「塩ダレ」ということになると思いますが、ビジュアル的には塩とも醤油とも捉えられるかんじです。


ジワッとと煮干し旨み、若干の酸味が広がり、「コンパクト煮干し澄まし汁」といった風情。(ここでいうコンパクトは「小さくまとまった」という意味ではなく、「引き締まった」という意味で。)

一言に煮干しと言っても銘柄、出汁抽出方法によって本当に色々ありますねえ。。昨今の獰猛なギンギン系とは系統が異なります。そして煮干し出汁の力を思い知らされた、、勉強になりました!というかんじで、、自分の中でも煮干しの見方がまた少し変わりました。同時に昨今のラーメンの重要な要素である「油」の存在もここでは欠かせません。個人的に後で振り返った時、地味にキーとなる一杯かも。。

麺は細ストレートで相性はいうまでもなく。。別添えのレモンは爽やかさを演出しますが、煮干しをトコトン味わうなら無くても良いかもしれません。好みの問題ですからご自由にというところですが。。

「頭で考えて食べること」が絶対的な「是」とは思いません。ガッツリ食べることも好きです。しかし色々連想したり気付いたり、驚いたり、うまいのはもちろんのこと、そういう楽しみがあるお店はそうそうないですよね!量とか値段じゃないんだな、、求めているものは。だから好きなのかなぁ。。 


【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休