2011年06月

2011年06月25日

仮4)

朝らーめん 手仕事らーめん八
塩豚骨つけ麺 麺屋あごすけ
はんなり はな禅

2011年06月24日

仮3)

ちゃーしゅーめん(表記失念)肉バカしゃがら@木崎辺り
にぼにぼ冷やし(仮)(表記失念)昔食堂なおじ@上所上
つけ麺(細) 麺や来味@大形本町

2011年06月19日

仮2)

油そば 麺や来味@大形本町
らーめん 麺屋笑和@中興野
ド醤油 ジャッキーラーメン@東堀通

2011年06月15日

油そば生卵、焼チーズトッピング 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG0932やみつきブラックホール系油そば。茹であげられたばかりのホカホカのムッチムチ太麺を油ダレ、少量のスープとガンガンかき混ぜてガツくスタイル。醤油、ラー油、酢、すりおろしニンニク等の調味料セット⇒トッピングの生卵、焼きチーズという仕掛けは通常の麺量では不足しますので、、大盛りを頼んで生卵2個くらいがちょうどよい感じがします。



油そば、和え麺、、首都圏ではかなり流行したわけですが、新潟では提供店がそんなにない。あったとしてももう一息だなあと感じることが多いのが正直なところです。。がこちらのお店の油そばは鉄板。



【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休



2011年06月14日

ばるむ食堂@粟山 新潟市東区

CIMG0903こちらもかなり前の分になりますが。。新潟市を代表するラーメン。醤油とも塩ともとれるビジュアルだが厚みのある出汁感とラード層の力でグイグイと引き込まれます。出汁感が出ているとはいえ、タレ、出汁、油のバランスがとれてこそ「おいしい」と感じるのだろうと思います。そういう意味でバランスの取れた一杯だなあと。荒々しいラーメンが幅を利かせる昨今だがらこそ、私の中でこういうタイプのラーメンの存在感が一層増しています。

【ばるむ食堂】
新潟市東区粟山1-22-1
11時〜14時半 17時〜21時半
水休(2011年1月より)



俺たちのらー麺屋 ちょび吉@坂井東 新潟市西区

CIMG0902かなり前の分になりますが、醤油らー麺。フレッシュな生姜の風味とそれを下支えする豚骨スープと油層のバランスは記憶にシッカリ刻まれる、ヤミツキ系。ウルトラスムージーなツルツルプルプル麺は思いっきり啜り上げて食べるのが吉。男らしく喰らいたい。ネオ生姜醤油。全体的に気持ち濃いめの味付で新潟市民の心を鷲掴みだ。どうしても定期的に無性に食べたくなる常習性が非常に高い。代替がありそうで、ない、ここでしか食べられない一杯。




【俺たちのらー麺屋 ちょび吉】
新潟市西区坂井東3-28-6
11時〜15時 17時〜21時 
木休



2011年06月11日

冷やし坦々麺 麺や ようか@若葉 新潟県小千谷市

CIMG1031さて先週から間髪入れづに訪問。本来食べる順序としては「ようか」⇒「春雪」が正しいと思いますが、混雑が予想される時間帯との関係でこの順序に。。キンキンに冷やした半透明な器。そこに麺、ひき肉の入った坦々ゴマだれ、彩り鮮やかなタップリ野菜、半味玉が載る。暑くなり始めて少し体が疲れていたので、この冷やし坦々麺はジャストなタイミング。


坦々麺は元来は「汁無し」であるが、今回の冷やし坦々麺もやはり「汁無し」で「和え麺」「まぜそば」の体。丼の底からたっぷりの艶やかで、しなやかな麺(断面長方形)を思いっきりかき混ぜます。ゴマだれと野菜をまんべんなく混ぜ込み一気に啜り上げます。うまい。絶妙な辛さの坦々ゴマだれで、更にひき肉も入っているので旨み、コク充分。クセになる味わい。中にナッツが少量入って良いアクセントになります。そして麺量が多い。おいしい麺をこれでもかというくらい堪能できるのは非常に嬉しい。1/3は麺だけで啜りましたが。。

飽きることなく最後までガツけて食後も気付くと意外にサッパリと。。引きの強い坦々ゴマダレは食後感の後味がまったりとしがちですが、そんな後味をサッパリと終われるような工夫がなされているという。帰りの車の中で辛さの波が収まった後に独特の酸味と旨みらしきものが残っていました。あーこういうことかと、、帰りの車の中で二ヤリ。。

【麺や ようか】
小千谷市若葉1−21−2
11時〜15時 17時半〜21時
火休



麺の春雪@和長島 新潟県魚沼市

CIMG1030正月に念願の初訪問を果たして以来半年ぶり。13時半頃の訪問。前客3。相変わらず券売機はラーメンと替え玉、他はライスと飲み物だけという潔さ。ラーメンの食券を購入して店内に入るとBGMのない殺伐とした雰囲気が漂っている。店内を見回すと窓に小麦の外袋が貼ってあります。。あれ?ビリオン??パン用ですよね?ほ〜。

殺伐とした雰囲気とは裏腹に店主のゆっくりとした作業が「魚沼時間」なんでしょうか?この店内は適度なカオスぶりで好きです。

やはりルックスは熊本の雰囲気を色濃く出したかんじ。マー油も前回の写真と比べると色が濃いタイプになっているようです。しっかり乳化した白濁豚骨スープはタレとしっかり結びつきシッカリとした旨みとコクを出していて満足度が高いです。マー油の存在感は前回より強くなり苦みもやや強めに。。前回のスープとマー油のバランスが個人的には好みでしたが、これもこれでインパクト増しでよいかも。。

麺は細麺で加水低め。しっかりと茹であがっています。風味が出ていて、伸びきったかんじもない。ムニュっと食感もよく、啜り心地良好。地味においしい麺だなあ。連食予定なので替え玉しなかったけど、これは近所なら毎回替え玉だろうな。


【麺の春雪】
新潟県魚沼市和長島
国道17号沿い。長岡方面からいくと左手
黒いガルバニウムの壁が目印
11時〜14時くらい
17時〜19時くらいとのこと
定休日未定



2011年06月10日

お食事処 一平@小口川 新潟県村上市

CIMG1028村上市のお店は候補に挙げられる店は実に限られてしまう。ちくに、一平。。夜の部訪問となると選択の余地はない。。ということで3年ぶりくらいの一平。

20時前くらいの訪問であったが、3組くらいのお客さんが。。地元の人気店ですねえ。。今回はラーメンを。表面の油層が少なく湯気が立ち込め、魚介系の風味がふわりと微妙にやってきます。


スープ自体は浅く濁りを出しており、薄っぺらい感じはなく、しっかりとした作りに。しかし、動物系スープは判別不能。チャーシューの味付けが濃く、更に多めの脂分が溶けだしているのでその辺もスープに影響しているのかなとも感じます。

麺はザ・中華麺という塩梅で主張は少ないですがしっかりとスープに馴染んでおります。昔ながらのノスタルジックなラーメンでもなく、最新型のラーメンでもない、一見どこにでもありそうなラーメンですが少し特徴のある一杯でした。

「食堂系フルボディ」な一杯といったところか。。


【お食事処一平】
新潟県村上市小口川19−16
11時半〜13時半 17時〜20時
不定休



2011年06月08日

秋刀魚煮干し塩らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG10042度目の「秋刀魚煮干し塩らぁ麺」。今回は前回に比べて煮干しの旨みが強く出ていた印象を受けました。明らかに前回より量を増やしたように思います。その分油層は煮干しに押されて少し引っ込んだようなバランスに感じました。実際は油層の量は変わってないのかもしれませんが。。

煮干し感といっても荒々しい煮干し風味、苦みとは無縁の上品ながら力強い出汁がグッと効いております。


【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休



2011年06月04日

塩もりそば 麺や ようか@若葉 新潟県小千谷市

CIMG1010新潟のブロガーの方々が集まる会合に呼んで頂き、県央へ。。みなさんありがとうございました。。とその前にWGさんと麺やようかへ行ってこようということですっ飛ばしてきました。諸事情で遠出ができない状況でしたので、ようかは実に久しぶり。「何年ぶりですか!」という突っ込みも頂きましたw

今回は勝手に激しく煽られていた「塩もりそば」を。まあ、どのブログでも大絶賛されているこちらのお店。今更私のようなモノが語る必要もないでしょう!!

うまい麺だ。。常々言っています、麺の「硬さ」と「コシ」についてのコラムがどこぞに掲載されておりましたが、私が語るより何倍も説得力があったよう。その辺については、こちらの麺を食べればよくわかりますね!滑らかで、しなやかで啜り心地が良く、水でしっかり締められながらも「ソフトな弾力」が感じられます。加水が何パーセントだとか、そんなとこまでわかんないですけど。。麺だけで1/3くらい食べちゃいました。。

つけダレは塩ダレ、鶏の旨味をビシッと感じながらも、麺と合わせると両方のおいしさをシッカリ味わうことができます。うまー。そして冷やし系、、今年も予定していると。。。。これもやばそうだ。発売が楽しみ。


【麺や ようか】
小千谷市若葉1−21−2
11時〜15時 17時半〜21時
火休




2011年06月02日

ロッソ中期型 昔食堂なおじ@上所上 新潟市中央区

CIMG1007恒例のヒラメキシリーズ。今回は前回のロッソ初期型延長上に位置するロッソ中期型。詳細はご本人のブログにて確認頂くとして。。バジルオイルからガーリックオイルに変更になっており、粉チーズ、ブラックペッパー、フライドガーリックが麺の上に載ります。

野菜の濃度がかなり高まったのかドロ度が前回より高い印象。鶏なかんじは言われて初めて感じるかなと。。いや感じているものは違うものなのかな。。

麺に付着したガーリックオイル、チーズの影響なのだろうが、中盤からグッと旨みが伝わるようになりギアチェンジし加速度アップ!味が食べ進むにつれてジワジワと変化していきます。終盤は付けダレも冷めてくる頃にサバ節っぽさがが顔を出してました。

麺を少なめに頼んでしまったのを後悔します。もう少し啜りたかったなあ、、というかんじでフィニッシュ。中期型のほうが初期型より全体的まとまりがあったように思います。さあ、後期がたはどうなるのでしょう。。

【昔食堂なおじ】
新潟市上所上3-1-28
11時半〜14時半 18時〜23時
日祝は21時まで
木休



2011年06月01日

秋刀魚煮干し塩らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG10046月1日より新規の限定メニューがスタートしております。「秋刀魚煮干し塩らぁ麺」です。スタート初日に行ってきました。前回同様「煮干し」がテーマの限定メニューですが、今回もその流れを汲む構成となっているようです。

テーマ食材となる秋刀魚の「煮干し」。初日について言うと風味という点では煮干し感は強くないかんじですが旨みは出とりました。定番メニューで使用される鶏油、香味油、塩ダレで強さとまとまりを出しています。

今回もカギとなるのは「油」。前回同様煮干しの旨味に鶏油、香味油が融合して「コク」となって表れているのではないでしょうか。。鶏の風味を強く感じますが今回に関してはスープと言うより鶏油に依存するところが大きいのかなあと、、スープ自体無動物のようです。そういう意味で前回、今回と「油」がキーであると感じました。(強い鶏の風味を感じるのは「鶏油」で感じることが多いように思います。)

麺は細麺を合わせており組み合わせとしては鉄板。ネギがいつもと変更になり、干しエビ、ピンクペッパーが載ります。秋刀魚煮干しは他の代表的な煮干しよりタンパクな味わいの出汁が出るなんて聞いたことがありますが、こういうかんじのこというのでしょうか。。

【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休