2011年09月

2011年09月24日

油そば 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG1412麺や来味の油そば。ムシャクシャしたらこれです。私的定番の生卵、焼きチーズでカスタマイズ!今日はちゃーしゅーごはんを追加し、油そば完食後のお楽しみ用。この油そばは初期の頃と油タレの構成が異なっており、少量のスープで割ってある構成になっております。まんべんなく麺に絡んで食べやすくなっています。



まずは焼きチーズを横によけて、まぜまぜして味油で「ホカムチ太麺」を「ガツ」きます。そして中盤で焼きチーズをまぜまぜして、ちょっとコク深い洋風な雰囲気で食します。焼きチーズを楽しんだ段階で、生卵を投入し、味油と生卵が絡んだドロドロ麺を堪能。残り3分の1くらいで調味料セットの登場。醤油、ラー油、すりおろしニンニク、酢を投入し、油を飛び散らせながら一気に食べきります。バモラ!

今日は、ちゃーしゅーごはんを頼んでますので油そばを食べた後の丼を有効活用です。最終的に味油、焼きチーズの風味、生卵、醤油、ラー油、すりおろしニンニク、酢が混ざったちょっとドロっとした「スープ」が残りますのでそこにちゃーしゅーごはんを少しずつ投入して〆ます。最高です。というのが私の食べ方です。この工程をすべて成しえるには麺大盛(無料)が必要ですのでお忘れなく!

カスタマイズの自由度が非常に高く、組み合わせも豊富なので、さながら「僕の油そば」といった塩梅。お楽しみ要素が多いので色々なトッピングを組み合わせて自由にやっちゃいたいです。ブラックホール系危険メニュー!
過去の記事はこちら。

【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休




2011年09月23日

ばるむ食堂@粟山 新潟市東区

CIMG1344休日の昼時に訪問。行列ができています。元来ハンバーグ店ですので当然ハンバーグ客が多いわけですが、、ラーメン店と違ってそもそもの回転がとても遅いのと、「オペレーション」があまりよろしくない。

らーめん。穏やかで芳醇な出汁感とラード層でインパクトはなくともグイグイと食べさせてくれます。低加水の細麺を合わせていますが足が早いので要注意。詳細は過去記事を参照ください。


【ばるむ食堂】
新潟市東区粟山1-22-1
11時〜14時半 17時〜21時半
水休(2011年1月より)


中華の来味@紫竹 新潟市中央区 

CIMG1343久しぶりの「中華の〜」ほう。自分は「中華そば原理主義者」ではないのですが、おいしいものはおいしい。オーダー後3分?で到着し、3分?でスルりと食べ終え、550円(だっけ?)ちょうど払ってササッと退店、腹八分。この流れがイイんですよね〜。県外のラーメンフリークや同業者にもファンが多い新潟を代表する一杯。詳細は過去記事を参照ください。



【中華の来味】
新潟県新潟市中央区紫竹1-17-8
11時〜14時 17時30分〜21時
火休

2011年09月22日

ジャッキーラーメン@東掘通 新潟市中央区

CIMG1347ゆずつけ麺の提供がスタートしたようです。先日、ネギ油を加えてバージョンアップしたばかりでしたが、更なる改良を加え期間限定での登場です。

元々、ドロ系のような「濃度」に特化としたタイプではなく、あくまでトータルバランスを重視した鶏白湯つけ麺が特徴だったわけですが、今回この「ゆず」の存在により、適度な満足感に加え、「キレ」が生まれたように感じました。

油にゆずを使っているのだろうか??(定かではありませんが)香り方が尖って浮いた感じがせず、つけダレによくフィットした印象です。

星野さんのすごさはこの辺のなんとも言えない、巧妙なバランス感覚にあるように思います。「魚介豚骨の亜流」が主流の新潟のつけ麺の中にあって異彩を放つ、つけ麺であることは間違いないと思います。地方で食べられるつけ麺じゃないと思う。ソッコウ食べたほうがイイ。

CIMG1349続いて定番ド醤油。今日のはスープがかなり来てました。醤油がいつもより引っ込んだ印象でしたが出汁感がビシッと出てたと思います。鶏チャーシューと穂先メンマもおいすぃー。頭一つ抜けた感じするな〜。あんまり褒めすぎるとアレなんでこのくらいにしておきます。






【ジャッキーラーメン】
新潟市中央区東掘通5-424
11時半〜14時半
17時半〜21時
水休


2011年09月19日

麺や河野@中村橋 東京都練馬区

CIMG1110自分のハンドルネームがテキーラなんですが、なんとテキーラを使った塩らーめんが提供されているということで、、七彩出身の麺や河野へ。カウンターのみの隠れ家的な店内に食券機。初訪問で申し訳ないのですが。。

R20の食券を購入すればテキーラの塩らーめんを食べられます。


見た目がとても爽やか。パクチー、ハラペーニョ、チリパウダーが配され「メキシコ」な雰囲気。スープを啜るとテキーラの風味とアルコール感がガンガンやってきます。タレなどに隠し味程度に使用するのではなくショットグラス一杯は入っているようでこれはすごい。。塩ラーメンのスープ自体を味わえないかと言うとそんなこともなくしっかりと味わうことができます笑。当然ですが未体験な味わい。すきじゃなきゃこんな組み合わせは思いつかないでしょ!!

合わせた麺に七彩のDNAを色濃く感じさせられます。手もみのボコボコした不揃い感のある太めの麺。プリプリ、ムチムチした食感と小麦っぽさを感じられるもので「テキーラ」の威力に負けない存在感を示すすばらしい麺。明らかに万人受けするらーめんではないですが、これは、この存在は、見逃すわけにはいかない一杯です。笑帰る頃には多少酔っ払い気持ちよくご帰宅できることでしょう!

今年の三月に東北地方で七彩系のお店を食べていますが、どれも外さないなー。木更津の「ばくばく」もなんとか年内に詣でたいものです。


【麺や河野】
東京都練馬区中村3-13-10
11時半〜13時半 17時〜20時
不定休(火曜が多いらしい)

BEE HIVE@六本木 東京都港区

CIMG1105これまた7月の分。千葉県九十九里のほうで話題になっていたお店が東京六本木に進出しています。千葉時代は遠すぎてなかなか行けなかったのですが、六本木なら気軽に訪問することができます。

塩naminori。シャモロック、三元豚など27種類の材料を使用した無化調清湯の塩。この塩ラーメンを決定づける白トリュフの香味油が存在感大。注意書きにあるようにたしかにニンニクが入っていると勘違いしてしまうかも。

スピルリナ練り込み麺は薄く緑がかっており彩りも美しい。私が記憶していたビジュアルとは異なっており豚、鶏胸チャーシューが2枚づつ載っていたり細かい変更点があったようです。

無化調の線の細さとか味のぼんやり感というものはなく最後までおいしく頂ける塩ラーメンで「シュッとした味」というかんじでした。ジワジワと表情が変わり最後に箸が加速する大好きな終盤加速型です。

【BEE HIVE】
東京都港区六本木7-11-10
11時半〜18時
日休


CHABUYA Zutto Branch@四谷三丁目 東京都新宿区

CIMG11067月訪問の分。行ったっきりそのままになりそうなところを踏みとどまり。。護国寺「ちゃぶ屋」の新業態。油の重要性が語られるようになった昨今。その流れを考えると汁無し、油そばが再び来るというのもよくわかる気がします。

今回は森住氏が打ち出したのは「うまみそば」という油そばの新コンセプト。第六の味である「油味」というものを提案しているのだそうです。今回は「牡蠣うまみそば醤油味」。


オリーブオイルと牡蠣油と醤油から作った油がねっとりと麺に絡んでいます。油っこさが少なく満足感があるのに食後の胃もたれ感がないのも好印象。なによりこの麺に油の味がしっかり絡んで兎に角うまい。吸引力は物凄いものがあります。麺量がとても少なく感じるほど夢中になってしまいました。

CIMG1108自家製の細ストレート麺はねっとり油をまといスルスルとしたかんじはなかったですが油に負けず存在感を示していました。細麺で提供する辺りもちゃぶ屋らしいというか。。

油そば=「ジャンク」などというキーワードで安易にひと括りにされてしまいそうですが、こういう油そばを食べると「いやそうでもないんだな」ということに気付くことができます。



【CHABUYA Zutto Branch】
東京都新宿区舟町7番地ポワロービルディング1F
11時〜23時(LO2時半)
日曜日のみ〜23時
月休


2011年09月06日

うるめ煮干しと秋刀魚節の黒醤油らぁ麺 麺や来味@大形本町

CIMG13419月からの限定(9月末で終了予定)。何度か肩すかしをくらったが、ようやく実食ことができました。最近の限定でテーマ食材として使用された「うるめ煮干し」と「秋刀魚節」を黒醤油でまとめた一杯。

最初に勢いよく「魚介の風味」と「醤油と結びついた舌の横部分で感じる独特の酸味にもにた感覚」が広がりますが、徐々にスープの表情が変わって魚介の「風味」は引っ込んでいきます。


醤油のかんじがいつもとは少し異なり独特な印象を受けました。スープ自体は魚介出汁をしっかり抽出しているようですが無動物なのかな??詳細不明です!!

麺は細麺を合わせていますがこれはいつもの麺だと思いますので、組み合わせとしては鉄板なやつです。自分の先入観なのか、このスープスタイルは低加水というパターンが多いけど多加水のプリプリしたやつ合わせたらどうなるのかなあと、ふと思いました。普通にうまいというか、普通にこのレベルが出てくることがすごい。

【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休





2011年09月02日

丸鶏京醤油らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

丸鶏京醤油らぁ麺。9月からの限定がそろそろかなと思い訪問しましたが、まだはじまっておらずこちら、久々の京醤油。うまー。詳細は過去記事でご確認お願いいたします。


翌日の訪問もまだ始まっておらず、油そば、生卵、焼きチーズ。毎度毎度のおいしさ。詳細は過去記事でご確認お願いいたします!


【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休


2011年09月01日

麺や ようか@若葉 新潟県 小千谷市

CIMG1332塩もりそばと醤油らーめん。まずは塩もりそば。もりそばの麺はその日に打った打ち立ての麺を使用しています。麺を啜れば素直に、しなやかに唇を通過していきます。バキバキと硬めの極太麺とは異なり、つけダレと寄り添うように馴染む独特の麺のように思います。風味も過度に強く出たものではなく、落ち着きがあります。



塩つけダレは塩分濃度も程良く、鶏の出汁感をジワジワ味わうことができます、食べ進めた先の少し冷めたところでまたこのつけダレの威力が発揮されるように感じています。魚介豚骨一辺倒なつけ麺とはベクトルが異なるスタイルでこういうタイプのつけ麺をもっと色々なところで食べられるとうれしいですが、無理な注文でしょうか。。

CIMG1334続いて醤油。割とようかの中では控えめな目立たない存在のように感じているのですが、こちらの醤油もうやはりとてもおいしい一杯だなあ。先日訪問した、あぢとみ食堂とは少し方向性の異なる醤油ラーメン。味の記憶が鮮明な同じ日に食べ比べてみたかったな。。





【麺や ようか】
小千谷市若葉1−21−2
11時〜15時 17時半〜22時
(土日祝 11時〜21時)
※スープなくなり次第終了
火休