2012年01月09日

滋魂@松崎 新潟市東区

CIMG2157久しぶりの滋魂。。基本の中華そば。燕系背脂醤油の系統の中でも出身店である潤のカラーが色濃く出た一杯。序盤のスープは煮干しの風味を強く感じますが、中盤以降は背脂と醤油の風味と次第に融合し、煮干し「風味」は奥のほうに引っ込むかんじ。相変わらずパンチのある構成。燕系の中でも潤系列はスープ自体、厚みがあるかんじなのかなあ。。しばらく、燕系も食べていないので比較してみようと思います。先日、市内のあっさり中華そば系を食べ歩いた際に色々な新しい発見があったので、やってみたいなあ。

刻んだ玉ねぎ、柚子の破片が時折爽やかさをもたらします。これがまたイイ塩梅で効いておりイイですね。トレードマークの岩海苔もオンされておりますが。個人的にはあまり好きな具材ではありません。麺は太麺のほぼストレート。ツルツルと啜り心地の滑らかさが特徴的で、バキバキした食感とは真逆のソフトな食感がこのスープによく馴染みます。流石のクオリティ。


【滋魂】
新潟市東区松崎1-1-28
11時〜15時 17時〜21時
水休



posted by303at 17:13│Comments(0)TrackBack(0)clip!新潟市東区 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔