麺や来味

2012年06月01日

牛清湯塩らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG2403食べ歩きは継続的に行ってきましたが、どうも気が乗らずに更新が滞ってしまいました。とても思い入れの強いお店、麺や来味の6月からの限定が素晴らしかった為、再開です。6月1日シャッター1番乗りで訪問しました。今回は「牛清湯塩らぁ麺」。ここ1、2年、首都圏では「マタドール@北千住」、「香味徳@銀座」(未食、本家は鳥取県)など牛骨を使ったラーメンがちょっとした盛り上がりを見せており、幡ヶ谷の「不如帰」も「牛薫る麺処 嵐風@新井薬師前」(未食!!)など今年に入っても牛をキーワードにしたラーメン店や限定メニューがポツポツと見受けられます。

そういったムーブメントはかなり遅れて新潟に伝播する印象があるのですが、さすが麺や来味はアンテナが高い。そして具体的に味を作って提供してしまうんだから恐れ入ります。


牛骨を使った清湯。丼から漂う牛独特の甘い風味が特徴的。スープを啜るとしっかりとした旨味を感じ、鼻を抜ける風味もふわりと牛。ただし、飲み口は後味も含めて牛筋などを煮込んだものとは異なり、甘ったるすぎる「クドさ」は感じないスッキリとしたもの。薬味の揚げネギの微かな苦みもアクセントとなり、こういった小技も抜かりなく一杯の完成度が高いです。珍しくゴマが浮かんでいますがクッパを意識した?模様。

麺は細麺を合わせており、丸鶏塩と同じタイプの麺だと思われますが、今日のはこれまでより風味が強いように感じるモノでした。スープの特徴をストレートに感じられるよう「塩ダレ」をあわせたと推測されます。「牛」という一見どぎつそうな素材イメージとは裏腹に、これなら塩ダレが良いですね!!という内容のスープ。マタドールの塩は未食なので是非食べてみたいなあ。。

【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時半〜21時
年中無休


2012年05月27日

シークァーサーと黒糖仕立ての冷やし中華 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG2399もう冷やし中華の季節です。。毎年恒例の来味の冷やし中華。一般的な冷やし中華は食べた後の喉の渇きやタレの後味が口の中に残ってしまうことが多く、本来あまりオーダーすることが無いのですが、こちらの冷やし中華は黒糖、シークァーサーでスッキリ、サッパリ食べられます。麺は細麺を合わせており、コリコリとした食感を出しております。あっさりとしながらも麺を喰らわせるには充分な旨みも兼ね備えた来味らしい冷やし中華です。


近年6月頃から始めていた冷製鶏塩らぁ麺も例年惚れ惚れする仕上がりなので今年も冷やしらぁ麺やってほしいですね。冷やしラーメンといえば、、ようかさんにも「冷やしとりそば」的なものを是非。大喜の「冷やしとりそば」は、私の中でのキングオブ冷やし(ラーメン)。


ハッピーパスというクーポン冊子限定で「来じろう」なるメニューも登場しています。実食済。背脂、ニンニク、野菜に魚介出汁が最後までぶれない来味らしい味。スルーしてしまいそうですが、何気にすごいです。

【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休




2012年04月01日

はまぐり塩らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

はまぐり久しぶりの更新です。麺や来味の4月からの限定は「はまぐり塩らぁ麺」。当然シャッターです。以前にもはまぐりの塩らぁ麺が提供されたことがありますが、調べてみると2007年7月。5年も前になるんですねえ。。前回は浅濁りした豚骨スープとエビ油、日高昆布にハマグリの出汁という構成でしたが(もう忘れてる)、前回とは少し異なる構成です。



多少ラーメンに「アレ」な方なら反射的に「不如帰インスパイアですか?」などと思ってしまうところですが、不如帰のように食べた瞬間に「あ、はまぐり」というかんじではなく、はまぐりと一等羅臼昆布を使用した穏やかな「澄まし汁」という印象が強くジワりとグイッと旨味が伝わる感じ。言われて食べないとはまぐりと気付かないかもねというレベル。

香味油、鶏油でラーメンらしさ、来味らしさを感じさせてくれますが、本当にラーメンというのは油の存在で一杯の印象が決定づけられるなあと。また今回は少量の揚げネギをプラスしており、これがよいフックとなり、穏やかな印象のスープを引き締める存在となっているように感じます。

麺はいつもの細麺を合わせおり安定感あります。個人的にこの麺は来味の醤油系のスープに合わせたほうが相性が良いなあと思っていますが。。理由はスープののりがよい麺なので「醤油」のほうが「のってる感」が出るからです(味もビジュアルも)。笑

一杯の設計意図としては終盤に加速度的に箸が進むタイプのように感じました(実際は知らんけど)。今日はやや塩分濃度が高く感じられまして。。初日なのでしばらくいじってくると思われます。提供杯数も少なめのようです。個人的に今回は一番に「実食」する必要がありましたが、食べられて良かったです。

【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時半〜21時
年中無休


2012年01月15日

つけ麺(細) 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG2185つけ麺の細。昨今の高濃度つけ麺が行く着く所まで行ってしまった感はありますが、数年前から過剰な高濃度競争とは逆行する形でスッキリしたつけダレを提供する潮流もありました。。こちらのお店のつけ麺はどちらかというとそんなスッキリめなつけダレで頂くつけ麺というかんじです。



辛酸が適度に効いたつけダレは、それに終始することなく、魚介出汁の力をしっかり感じることができます。そして自家製麺は細いながらもしっかりとした弾力と風味を兼ね備えた麺。「太麺硬めで」という固定観念を持ってしまっている人はこちらの細麺で食べてみて頂きたい。素晴らしいつけダレと麺のバランスも来味ならではのもの。麺、つけダレ双方のいいところをそれぞれ味わうことができる良いつけ麺です。

また、割スープお願いするとお鍋で温め直してくれてネギが加わりスープが生き返ります。


【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時半〜21時
年中無休


2012年01月02日

醤油らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG21522012年の麺初め。四年連続で麺初めはこちらのお店。醤油らぁ麺を。半濁したスープはフレッシュな魚介の芳香が力強く広がり、中盤から動物系が効き始めるまさにフルボディな一杯(ワインは全く詳しくありません笑)。柔めに茹であげられた、しなやかで、滑らかな麺。これが今年の基準の一杯となるので今年もハードル高くなります。当初から比べると大分変化してきたなあ。




【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休


2011年12月05日

濃厚海老豚骨塩らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG203212月初っ端。12月からの限定、濃厚海老豚骨塩らぁ麺。ドロ、海老、豚骨、海老油、細麺。海老の風味と旨みが粘り強くジワリと効き続ける一杯。ドロっとしたスープは豚骨由来の粘度ではなく、たぶん米粉など非動物系素材由来のものだろうと思われます。なんでもかんでもドロっと粘度があれば反射的に「濃厚豚骨」というわけではないのかなあと。。豚骨スープ自体はライトタイプ。「濃厚」の定義は人それぞれなんだろうと思いますが、ライト豚骨と海老の風味と旨みを蓄えたドロっとしたスープを細麺で根こそぎ〜、、ズルリッ!

毎度テーマの素材が異常なまでに突出しない、まとまりのある味作りは他に類を見ない完成度。。「限定だからレギュラーメニューより劣る。もしくは実験的なので、、あれですが、、」というのはこの店には当てはまらない。比較的題性が少ない今回の限定ですが地味〜に名品。

通い始めて丸五年。早いなあ〜。

【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時  17時30分〜21時
年中無休


2011年10月08日

パンプキンとんこつ 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG152710月からの限定(11月末まで)。パンプキンとんこつ。以前に「ベジタブル豚骨塩らぁ麺」が2010.6に2日間今年の2月から2ヶ月間提供されていました。とても好評で「レギュラーメニューへ是非!」との声も多かったのも事実ですし、来味の「新しい客層」へのインパクトも大きかったように思います。今回はそんなべジポタ系の流れを汲む「パンプキンとんこつ」です。



ビジュアルがソソリマス。かぼちゃトッピングとニンジン、チャーシュー、自家製クルトン、表面には生クリーム、少量のマー油が載ります。パンプキンが溶け込んだ豚骨スープはザラザラとした舌触りでべジ(かぼちゃ)がポタしております。かぼちゃの濃度が高くて途中で飽きるのではないかと食前に考えていましたが、そこはやはりナイスバランスにまとめてくれております。

合わせるのは細ストレート麺(だったはず)。「ズルり」とポタスープを持ってきてくれます。表面の生クリーム部分、マー油部分が味変要素となり中盤から更にグイグイと食べ進められます。またこのマー油の分量が「微量」でイイです。載せすぎちゃうとアレですもんね。食後マー油のことに触れると。布川さんも「ありでしょ?」と二ヤリ。。もちろん「アリアリでした!(敬礼)」。

【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時  17時30分〜21時
年中無休


2011年09月24日

油そば 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG1412麺や来味の油そば。ムシャクシャしたらこれです。私的定番の生卵、焼きチーズでカスタマイズ!今日はちゃーしゅーごはんを追加し、油そば完食後のお楽しみ用。この油そばは初期の頃と油タレの構成が異なっており、少量のスープで割ってある構成になっております。まんべんなく麺に絡んで食べやすくなっています。



まずは焼きチーズを横によけて、まぜまぜして味油で「ホカムチ太麺」を「ガツ」きます。そして中盤で焼きチーズをまぜまぜして、ちょっとコク深い洋風な雰囲気で食します。焼きチーズを楽しんだ段階で、生卵を投入し、味油と生卵が絡んだドロドロ麺を堪能。残り3分の1くらいで調味料セットの登場。醤油、ラー油、すりおろしニンニク、酢を投入し、油を飛び散らせながら一気に食べきります。バモラ!

今日は、ちゃーしゅーごはんを頼んでますので油そばを食べた後の丼を有効活用です。最終的に味油、焼きチーズの風味、生卵、醤油、ラー油、すりおろしニンニク、酢が混ざったちょっとドロっとした「スープ」が残りますのでそこにちゃーしゅーごはんを少しずつ投入して〆ます。最高です。というのが私の食べ方です。この工程をすべて成しえるには麺大盛(無料)が必要ですのでお忘れなく!

カスタマイズの自由度が非常に高く、組み合わせも豊富なので、さながら「僕の油そば」といった塩梅。お楽しみ要素が多いので色々なトッピングを組み合わせて自由にやっちゃいたいです。ブラックホール系危険メニュー!
過去の記事はこちら。

【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休




2011年09月06日

うるめ煮干しと秋刀魚節の黒醤油らぁ麺 麺や来味@大形本町

CIMG13419月からの限定(9月末で終了予定)。何度か肩すかしをくらったが、ようやく実食ことができました。最近の限定でテーマ食材として使用された「うるめ煮干し」と「秋刀魚節」を黒醤油でまとめた一杯。

最初に勢いよく「魚介の風味」と「醤油と結びついた舌の横部分で感じる独特の酸味にもにた感覚」が広がりますが、徐々にスープの表情が変わって魚介の「風味」は引っ込んでいきます。


醤油のかんじがいつもとは少し異なり独特な印象を受けました。スープ自体は魚介出汁をしっかり抽出しているようですが無動物なのかな??詳細不明です!!

麺は細麺を合わせていますがこれはいつもの麺だと思いますので、組み合わせとしては鉄板なやつです。自分の先入観なのか、このスープスタイルは低加水というパターンが多いけど多加水のプリプリしたやつ合わせたらどうなるのかなあと、ふと思いました。普通にうまいというか、普通にこのレベルが出てくることがすごい。

【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休





2011年09月02日

丸鶏京醤油らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

丸鶏京醤油らぁ麺。9月からの限定がそろそろかなと思い訪問しましたが、まだはじまっておらずこちら、久々の京醤油。うまー。詳細は過去記事でご確認お願いいたします。


翌日の訪問もまだ始まっておらず、油そば、生卵、焼きチーズ。毎度毎度のおいしさ。詳細は過去記事でご確認お願いいたします!


【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休


2011年08月17日

冷製鶏塩らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG1184冷製鶏塩らぁ麺。ノンオイル。冷たくした鶏出汁とタレの力を存分に味わえます。鶏ひき肉のトマト和えがスープに溶けだすと旨味増強され別物に変化。中盤まで崩さずに取っておくべし。

「油」の重要性が語られる昨今ですが、逆説的にノンオイルでも充分おいしく作れるのだという布川さんの力作だと思います。まあ、冷やしラーメンなので、、ね、、


因みに「油」繋がりで、、「あごすけ」のすごさを決定づけるのって「油」のような気がするのですが、いかがでしょうね。。短絡的でしょうか? 周知の事実?体験したことのない「油」ばかりだったように思います。なんだあの油?っつーこと多々。



【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休



2011年08月04日

冷製鶏塩らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG11848月からの限定がスタートしております。毎年恒例の冷製ラーメンの季節がやって参りました。冷製鶏塩らぁ麺。今年でもう3年目になります。レギュラーの丸鶏スープをベースに笹川流れの自家製塩で作った塩ダレに平打細ストレート麺を合わせております。

ノンオイルということで、サッパリと食べられるのはもちろんのこと、鶏スープに力があるからだと思いますが、食後に物足りないかんじもなく充分に満足感を得られます。

中央に鎮座した鶏ひき肉のトマト和えがスープに溶けだすと鶏肉とトマトの旨みが加わり、またまた食欲を加速させてくれます。冷製パスタのような雰囲気もあり女性受けもよさそうな鉄板メニュー。

自家製麺に切り替わってから、このメニューは初めて発売されたと思いますが、細麺はコリっとした食感があり、しゃきっとスッキリ食べる冷製ラーメンにぴったりの麺だと感じました。。これうまいんだよなあ。

【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休





2011年06月15日

油そば生卵、焼チーズトッピング 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG0932やみつきブラックホール系油そば。茹であげられたばかりのホカホカのムッチムチ太麺を油ダレ、少量のスープとガンガンかき混ぜてガツくスタイル。醤油、ラー油、酢、すりおろしニンニク等の調味料セット⇒トッピングの生卵、焼きチーズという仕掛けは通常の麺量では不足しますので、、大盛りを頼んで生卵2個くらいがちょうどよい感じがします。



油そば、和え麺、、首都圏ではかなり流行したわけですが、新潟では提供店がそんなにない。あったとしてももう一息だなあと感じることが多いのが正直なところです。。がこちらのお店の油そばは鉄板。



【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休



2011年06月08日

秋刀魚煮干し塩らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG10042度目の「秋刀魚煮干し塩らぁ麺」。今回は前回に比べて煮干しの旨みが強く出ていた印象を受けました。明らかに前回より量を増やしたように思います。その分油層は煮干しに押されて少し引っ込んだようなバランスに感じました。実際は油層の量は変わってないのかもしれませんが。。

煮干し感といっても荒々しい煮干し風味、苦みとは無縁の上品ながら力強い出汁がグッと効いております。


【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休



2011年06月01日

秋刀魚煮干し塩らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG10046月1日より新規の限定メニューがスタートしております。「秋刀魚煮干し塩らぁ麺」です。スタート初日に行ってきました。前回同様「煮干し」がテーマの限定メニューですが、今回もその流れを汲む構成となっているようです。

テーマ食材となる秋刀魚の「煮干し」。初日について言うと風味という点では煮干し感は強くないかんじですが旨みは出とりました。定番メニューで使用される鶏油、香味油、塩ダレで強さとまとまりを出しています。

今回もカギとなるのは「油」。前回同様煮干しの旨味に鶏油、香味油が融合して「コク」となって表れているのではないでしょうか。。鶏の風味を強く感じますが今回に関してはスープと言うより鶏油に依存するところが大きいのかなあと、、スープ自体無動物のようです。そういう意味で前回、今回と「油」がキーであると感じました。(強い鶏の風味を感じるのは「鶏油」で感じることが多いように思います。)

麺は細麺を合わせており組み合わせとしては鉄板。ネギがいつもと変更になり、干しエビ、ピンクペッパーが載ります。秋刀魚煮干しは他の代表的な煮干しよりタンパクな味わいの出汁が出るなんて聞いたことがありますが、こういうかんじのこというのでしょうか。。

【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休



2011年05月31日

うるめ煮干しらぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG0653ラストうるめ煮干し。最後にもう一杯。旨味強くなった?気のせい?いづれにせようまし!6月からの限定は「秋刀魚煮干し塩らぁ麺」。こちらは今回の「うるめ煮干し」の流れを汲むと言ってもよい構成になっていると思います(6/1実食)





【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休



2011年05月27日

油そば生卵、焼チーズトッピング 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG09324月23日と今日の分。油そばに生卵、焼きチーズをトッピング。この油そばは2007年3月から限定メニュー(期間未定)でスタートしている歴史ある逸品。油ダレ(海老油等)+少量のスープに麺をかき混ぜ「ガツ」くスタイル。。麺は元々は大洋軒の太麺を使用していましたが、自家製麺に切り替わり、「汁無し麺」トータルの完成度を格段に上げたと感じます。



初期の頃に比べ、スープの割合を少し多くして和えやすくなっており、味の均一性を高めています。ホッカホカの太麺はムチムチとした弾力が心地よく、油ダレスープとよ〜く絡んで犯罪レベル。付属の調味料セットも欠かせない存在で醤油、酢、ラー油、すりおろしにんにく等、お好みでカスタマイズできるのがうれしい。

焼チーズは時間の経過とともに溶けだし、油そばの一部に取り込まれ、更なる吸引力へと変化します。別皿生卵に麺を絡めて啜り上げれば、脳活動停止間違いなし。デフォ⇒調味料セット⇒各種トッピング(今回は生卵、焼チーズ)とブラックホールに吸い込まれる仕掛けがこれでもかと用意されています。「この油そばを食べずして新潟の油そばを語ることなかれ」という名品。


【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休








2011年05月26日

丸鶏塩らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG0954レギュラーメニュー丸鶏塩らぁ麺。以前よりスープの出が良くなったのだろうか、今回は出汁感が増し、力強い印象を受けた。塩ダレ、スープ、香味油、鶏油、この一杯をベースとして様々な限定メニューが開発されたのは間違いない。ちょっと数えてみないとわからないが、数十種類の限定のうち、「塩ベース」で作られたメニューの数を考えれば、この一杯がいかに重要か容易に理解できる。ということで定期的に食べたくなるマイスタンダード。



【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休






2011年05月22日

シークァーサーと黒糖仕立ての冷やし中華 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG0951もう冷やし中華の季節です。。毎年恒例の来味の冷やし中華。一般的な冷やし中華は食べた後の喉の渇きやタレの後味が口の中に残ってしまうことが多く、本来あまりオーダーすることが無いのですが、こちらの冷やし中華は黒糖、シークァーサーでスッキリ、サッパリ食べられます。麺は細麺を合わせており、コリコリとした食感を出しております。あっさりとしながらも麺を喰らわせるには充分な旨みも兼ね備えた来味らしい冷やし中華です。


近年6月頃から始めていた冷製鶏塩らぁ麺も例年惚れ惚れする仕上がりなので今年も冷やしらぁ麺やってほしいですね。冷やしラーメンといえば、、ようかさんにも「冷やしとりそば」的なものを是非。大喜の「冷やしとりそば」は、私の中でのキングオブ冷やし。


【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休



2011年05月15日

つけ麺(細) 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG0711相当前の訪問になりますが、つけ麺の細。昨今の高濃度つけ麺が行く着く所まで行ってしまった感はありますが、数年前から過剰な高濃度競争とは逆行する形でスッキリしたつけダレを提供する潮流もありました。。こちらのお店のつけ麺はどちらかというとそんなスッキリめなつけダレで頂くつけ麺というかんじです。



辛酸が適度に効いたつけダレは、それに終始することなく出汁の力をしっかり感じることができる。そして自家製麺は細いながらもしっかりとした弾力と風味を兼ね備えた素晴らしい麺。「太麺硬めで」という固定観念を持ってしまっているひとはこちらの細麺で食べてみて頂きたい。素晴らしいつけダレと素晴らしい麺組み合わせのバランスも来味ならではのもの。麺、つけダレ双方のいいところをそれぞれ味わうことができるバランスのよいつけ麺です。

※硬茹で=「コシ」があるみたいな表記がよくあるけどそれは違うよなあ、、と思います。。


【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休



2011年04月10日

うるめ煮干 つけ麺(細) 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG0653うるめ煮干。煮干の出方が独特で酸味と旨みがジュワッと。初回の感想同様、このシンプルな一杯で煮干しと同じくらい重要なキーワードはやはり「油」これ超重要。超シンプルな設計ながらここまでおいしく感じさせるのは尋常ではないと思います。)。       




▲うるめ煮干らぁ麺

CIMG0711つけ麺(細)。こちらのつけ麺を細麺で食べることに開眼。(もちろんWGさんの影響。)細麺でうまいつけ麺は市内はここだけだろうな。他にあったら教えてください。何度も書きますが、麺とつけダレのバランスが秀逸です。また、割スープお願いするとお鍋で温め直してくれてネギが加わりスープが生き返ります。 



▲つけ麺(細)       

あと、ここの店員さん(布川さんではない)。回すのが尋常じゃなく早い。来味の「回転の遅さ」という弱点を完全に払拭しています。早い。

そして、仕込みもしっかりしているし、常時あの味をほぼブレなく提供できるのは相当ヤバいと思う。今の来味の屋台骨とも言えよう。

【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休






2011年04月01日

うるめ煮干しらぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG06534月1日。新しい限定麺のスタート。今回はシンプルに「うるめ煮干しらぁ麺」。

過去の限定麺、地鶏らぁ麺シリーズ同様、具材が丼と別皿で提供されます。「煮干しを思い知れ!」の合図です。今回は「塩ダレ」ということになると思いますが、ビジュアル的には塩とも醤油とも捉えられるかんじです。


ジワッとと煮干し旨み、若干の酸味が広がり、「コンパクト煮干し澄まし汁」といった風情。(ここでいうコンパクトは「小さくまとまった」という意味ではなく、「引き締まった」という意味で。)

一言に煮干しと言っても銘柄、出汁抽出方法によって本当に色々ありますねえ。。昨今の獰猛なギンギン系とは系統が異なります。そして煮干し出汁の力を思い知らされた、、勉強になりました!というかんじで、、自分の中でも煮干しの見方がまた少し変わりました。同時に昨今のラーメンの重要な要素である「油」の存在もここでは欠かせません。個人的に後で振り返った時、地味にキーとなる一杯かも。。

麺は細ストレートで相性はいうまでもなく。。別添えのレモンは爽やかさを演出しますが、煮干しをトコトン味わうなら無くても良いかもしれません。好みの問題ですからご自由にというところですが。。

「頭で考えて食べること」が絶対的な「是」とは思いません。ガッツリ食べることも好きです。しかし色々連想したり気付いたり、驚いたり、うまいのはもちろんのこと、そういう楽しみがあるお店はそうそうないですよね!量とか値段じゃないんだな、、求めているものは。だから好きなのかなぁ。。 


【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休



2011年02月21日

油そば(カスタマイズ)麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG0574そういえば自家製麺に切り替わってから、油そば食べてないなあと思い訪問。この油そばも元々は限定麺からスタートしており、レギュラーへの昇格を切に願っていたメニューの一つ。

当初とは「仕様」がかなり異なっております。初期の頃に比べスープの割合が増えたり、当然麺が変わっていたり、卵黄が生卵になったり、付属の調味料セットの内容が増えたり、この油そばには結構歴史がありますねえ。。相当久しぶりだったので「卵黄シングルで」なんてオーダーしたら突っ込みが入りました。笑

今回は坦々油そば風で頂きました。このメニューは、本当になんも考えずにガンガンかき混ぜて汁を飛び散らして食べるものだと思っています。初期の「説明書」の「ガツいてください」がすべてを物語る。
風味良し、食感よしの自家製麺を「つけ麺」と同じくらい存分に味わえます。ふ〜、今日も飛び散らかしたぜ!

【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休





2011年02月12日

濃厚べジ塩豚骨らぁ麺 麺や 来味@大形本町 新潟市東区

TS3G0730ようか(今日の小千谷はようかだけw!)の後新潟市に戻りこちらへ。

2月からの限定麺、濃厚べジ塩豚骨らぁ麺。以前は2日間限定だったが今回はしっかり2ヶ月間!毎度やられてしまします。ポタ濃度と麺のバランスが絶妙すぎる。自家製クルトン、これが憎い。野菜由来の粘度はしつこくなくて、もたれない体に優しい冬に持ってこいな一杯。



新潟ラーメンをけん引する2軒の連食は贅沢極まりないです。今回は限定麺の連食でしたがレギュラーの底力があってこそ。限定麺から入るのもイイと思いますが、基本メニューもしっかり食べ込めば、こちら二軒の凄さがわかるのではないかと思います。頭一つ、二つ抜けてると感じます。今日はこの後ジャッキー行ければ完璧でしたが打ち止めで。

話は飛んでしまいますが、先日WGパイセンとOFF会を開催。濃いラーメン話をさせて頂き久々に「あがり」まして大感謝。色々と勉強になり、影響受けます。福島遠征も近いうちに実行しようということで計画中。福島は懐が深いので楽しみです。何軒行けるか。。悩みます。


【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休






2011年02月01日

濃厚べジ塩豚骨らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

TS3G07302月からの限定。昨年6月頃、不定期メニューで2日間のみ提供された「ベジタブル豚骨塩らぁ麺」のリバイバル「濃厚べジ塩豚骨らぁ麺」。

6月の記事を見返してみると、べジポタの来味流解釈となっていたが、今回も同系統の一杯。豚骨、スープにじゃがいも、たまねぎ、にんじん、キャベツなどを溶かしたスープで適度なトロみがある濃厚べジポタ。旨み、甘み充分の満足度の高いスープでこれはハマりそう。女性にも支持をえそうな間口の広い一杯だろうな。これは受けが良いだろうなあ。

中細ストレートの自家製麺は噛みこむとムチッとした食感。鬼のようなポタ濃度ではないので、麺の太さはこれが最適かと。

具材のクルトンは自家製。香りの良いおいしいクルトンだ。芸が細かいっす。


【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休



丸鶏京醤油らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

来味丸鶏京醤油限定メニューからレギュラーメニューへ昇格。醤油をブレンドしたストレートダレ。鶏スープが醤油の角を完全に取りながらも奥深い旨みのみを強調。どきつい主張は無いが、この醤油、凄いです。

※写真取り忘れたため、限定時代の写真を転載。鶏チャーシューからレギュラーチャーシューに変更になっています。




【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休



2011年01月26日

丸鶏塩らぁ麺 麺や来味大形本町 新潟市東区

正月以来のこちら。丸鶏塩らぁ麺を。以前に増して鶏感が強く出ており魚介が引っ込んだな、と感じました。出汁の取り方も少し変わったようです。香味油、鶏油もしっかり効いておりますが嫌らしいかんじもありません。やはりここの塩は厚みが違います。コク、キレのバランスが絶妙すぎます。

自家製麺はしっかり茹でられた中細くらいの品。独特の弾力感。噛んだ後の跳ね返りかムチっとして気持ち良い。麺を啜る度に風味が鼻腔を抜ける。うまい。


2011年01月02日

つけ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG0524引き続きつけ麺。昨今の安直な魚粉ぶっこみつけめんと一線を画すつけダレ。サラリとしながらも必要な旨みと油分はしっかりと。「辛」「酸」も程良く効いてます。

麺もやはりおいしい。太麺。しっかりと茹であがり、変に固くなくて噛んだときの弾力が心地よい。風味も強く、啜るたびにいい香りが。。つけダレと麺のおいしさを両方しっかり感じられるバランスが好きすぎます。ごちそうさまでした。






【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休







醤油らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG0522麺初めは、三年連続でこちら。これはもう儀式ですな(笑)。しかもシャッターで。昨年は塩スタートだったので今年は原点回帰。醤油でスタート!

序盤は魚介がビシッと。中盤からしっかりした動物系スープが効いてきます。滑らかな麺。今年の基準となる一杯。ハードル高くなるなあ。






【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休




2010年12月31日

甘海老と西京白味噌らぁ麺 麺や来味@大形本町 新潟市東区

CIMG05202010の〆はやはりこちらで。。1月末までの限定甘海老と西京味噌らぁ麺。前回より海老がガンガン効いているような印象。ここまで効いていなかったように感じる。初回に食べたものとは別物かもしれない。。白味噌のクリーミーな濃厚なスープとガツンと効いた海老。力強い。。




合わせた自家製細麺もスープの乗りがよく、麺自体の風味も感じられる逸品。


食後に布川さんより少し面白い話を頂いた。。なんらかの形で協力できればと。。



【麺や来味】
新潟市東区大形本町5−6−6
11時〜15時、17時30分〜21時
年中無休