新潟市江南区

2010年10月17日

RA-MEN OGIKAWA@亀田中島 新潟市江南区

OGIKAWA魚豚骨新店。豚骨醤油と魚豚Wスープの2本柱のようです。今回は魚豚Wスープを。マイルドな魚介豚骨の風味がやってきます。表面には背脂も浮いている。魚介豚骨を新潟で受けそうなスタイルで!というかんじかな。。

序盤は魚介豚骨風味が心地よいのだが中盤から魚介風味は影を潜め、どうも単調なかんじになってしまう。。タレなのかな、、すごく効いてしまって、後半はタレ勝っちゃって正直きつかったかも。

魚介豚骨は紙一重のバランスでだいぶ印象変わるのでしょうか。。今回はたまたまかな。わかりやすさを追求したという意図ならばわからんでもない作り。開店直後なのでこれからいかようにも変化しそう。


【RA-MEN OGIKAWA】
新潟市江南区亀田中島3-1-8
11時〜不明(中休みあるかもです)
不定休

2010年03月06日

麺処 たまや@北上 新潟市秋葉区

麺処たまや本日オープンの新店。秋葉区はラーメン店が少なく、不毛地帯という印象でしたが、待望の新店。亀田の「心一家」から花輪が届いていました。看板にも「豚骨醤油ラーメン」のお店ですと宣言しているので、横浜家系の流れを汲むお店のようです。

本日は「たまやラーメン」のみの提供とのことでそちらを。未確認ですが今後はつけ麺なども提供されるのでしょうか??

印象としてはライトな豚骨醤油という印象で、家系で見られるガツンと来るタイプという意味では少しインパクトが弱いような気もしますが、旨みは充分で油層も旨みを持続させる。終盤スープが冷めてくると少し甘みを感じた。ビジュアルとしては海苔3枚載っていなし、ホウレンソウもないなあ。「〜家」という店名でもないし、別にこだわるわけではないけど、「家系インスパイア」という感じでしょうか。

麺は太麺のほぼストレートで風味の強いモチモチした短め麺。これからどんなかんじに変化、安定してくるか楽しみです。


【麺処 たまや】
新潟市秋葉区北上3-3-3
3月7日 11時半〜15時
3月8日 通常営業(時間不明)

2009年05月17日

らーめん膳 丸山店@新潟市江南区 丸山

f2517733.JPGあまり話題には上がらないが、良質の期間限定メニューをコンスタントに提供しているのがこちら「らーめん膳丸山店」。

今回の期間限定は、1日10杯限定の「野菜ポタージュのつけ麺」。つけダレにジャガイモやアスパラ、キャベツ、たまねぎなどの野菜をタップリと溶かし込んだ高濃度ポタージュスープが新しい。

実際食べてみると、正にポタージュスープ!麺の脇にはレモン輪切、魚粉やクルトンが添えられ、それらが基本のつけダレに味の変化を与えてくれます。和洋折衷とはまさにこのことです。

あわせる麺は極太というわけではないが、平打気味の麺でしっかり茹で上げられてますが、歯応えの良い、しっかりした麺。

5月末で終了と残された時間は少ないですが、是非食べることをお勧めします。




【らーめん膳 丸山店】
新潟市江南区丸山727−1
11時〜14時半 17時〜21時
土日11時〜21時
火休

2008年10月25日

心一家@東早通 新潟市江南区

377b165f.jpg横浜家系ラーメン、六角家の姉妹店。ライト豚骨醤油のスープに太い麺、鶏油、ほうれん草、海苔3枚の伝統的スタイル。その昔、ラーメン博物館で食べた六角家に感動した記憶があるが、数年前食べた六角家上野店がひどすぎたので、、六角家よりもこちらのお店のほうが良い印象が残っている。

敢えて?の柔らかめ(茹で過ぎギリギリ)の麺がスープに馴染んで良い。なんでも「麺硬め」の風潮は如何なものか。そうでもないですか?






【心一家】
新潟市江南区東早通2−1−3
11時〜15時 17時〜21時
火休




2008年02月28日

心一家@東早通 新潟市江南区

e3f5d394.jpg心一家で新しいメニューがスタートしています。なんと「塩」です。横浜家系ど真ん中の店で塩はビックリ。

笹川流れの塩+魚介だそう。スープのベースは塩のままだがタレが塩なので雰囲気はガラリと変わる。麺も太麺ではなく細麺となり塩ラーメン用の構成。分かりやすい旨味がガツンと来ていたな。。。

どっちかというと、これまで食べてきた醤油(直球の家系)のほうが断然好みかなあ。




【心一家】
新潟市江南区東早通2−1−3
025−381−7713
11時〜15時 17時〜21時
火休


2007年12月14日

松浜らーめん 奥次郎@東早通 新潟市江南区

634cb036.jpgWEEKラーメン企画。第一弾、面白かったですね。「ラーメン検定」での「ののや」の麺は西山製麺だとばかり思っていました。。

と言うわけで、今回のWEEKに載っていた、伝説の「松浜らーめん」を食べに奥次郎へ。昔あった松浜の「井村屋」の再現らしいです。

飴色の透き通ったスープは煮干の香りが漂い、細麺が泳いでいる昔ながらの中華そば。しかし、甘味がものすごいですね、これは。最初の煮干の風味からは想像を遥かに超える甘さが目立ちます。これは、野菜から甘味を抽出しているらしいですが、終盤に少し、しつこい感じがしてしまいました。好みが大きく分かれそうですが、この味はかなり再現性が高いようです。



【松浜らーめん 奥次郎】
新潟市江南区東早通2−2444−1
025−381−8801
11時〜14時半、17時から21時(時間変わっているかも)
月休



2007年12月08日

ラーメン屋市玄@茗荷谷 新潟市江南区

669d4beb.jpgオープンして結構時間が経っているお店だがようやく初訪問。雑誌にもよく登場していたのでとても気になっていたので訪問できて良かった。市場の中にある為、営業時間が変則的。朝の7時〜14時までの営業と、市場に合わせているのでしょう。

今回は醤油らーめんを。事前の情報で、燕系と長岡系の融合したらーめんと聞いていた。醤油ダレが効いていそうな茶色いスープに背脂が少々。この脂の量はメニューによって(大油らーめん)違うようです。

一口目に既に生姜が効いている。食べ進めると更に生姜の輪郭がはっきりとしてくるのがよくわかる。スープ自体アッサリしながら背脂のコッテリ感が加わり物足りなさはなく決してギットギトにならないバランスが印象的。麺は細麺で縮れもありスープを結構拾う。市場の中にあるだけあって上に盛られたもやしがうまい。

11時までの限定であっさり中華そばみたいなのもやっているようです。

【市玄】
新潟市江南区茗荷谷711
7時〜14時
日、第2.4水 祝日休




2007年11月29日

心一家@東早通 新潟市江南区

a7bec148.jpg横浜家系、六角家の姉妹店。新潟の「家系」では最も好きなお店。予備校時代は、吉村家のご近所だったので嫌になるほど食べまくったのですが、この心一家は、当時の吉村家を上回る感もある。

クリアな豚骨醤油で、グッタリした感じもなく、しつこくない。表面に鶏油が浮かび満足度も高い。具材は家系恒例のほうれん草、海苔三枚。

麺は、「めんつう」の麺らしい。太ストレート。湯で加減普通で頼んだが、やはりここは柔らかめ。しかし、今回はこの柔らか目がスープにバッチリ合っている感じがして、すごくおいしかった。柔らかい麺は敬遠気味だったけど、これからは、「あり」だなあ。




【心一家】
新潟市江南区東早通2−1−3
025−381−7713
11時〜15時 17時〜21時
火休


2007年09月16日

自然塩らーめん らーめん膳@丸山 新潟市

664b32ca.jpg背脂を浮かべたコッテリラーメンの印象が強いがブログで拝見して以来、ちょくちょくこの店の「自然塩らーめん」を食べている。密かにファンになってしまっているw

フランスブルターニュ地方の天日塩、ゲランドの塩を使用し、ホタテ貝柱や干エビ、日高昆布などの天然素材の旨みを活かした」とのこと。魚介出汁がしっかりと効いた出汁感の強い満足度の高いスープ。焦がし葱、チャーシュー、鶏のチャーシュー、水菜など塩仕様の構成。おいしかった。。






【らーめん膳】
新潟市江南区丸山之内善之丞組字浦郷727−1
11時〜14時半 17時半〜21時LO (土日祝は通し)
火休

2007年09月11日

麺屋 空@茜ヶ丘 新潟市江南区

8f3f1b12.jpg以前食べたのは「空麺(塩)」だったと思うが忘れてしまうほど久しぶり。今回は未食の「つけ麺」を。

表面に魚粉(鰹中心)とエビ粉が浮かびイイ匂いが鼻を抜ける。つけダレ自体は酸味、辛味が利いているのだが、効き方が適度で行き過ぎていないので出汁感は出ているように思いました。

麺は自家製らしい。太い麺で断面は長方形。太いけどそんなにコシがあるようには感じず、どうもあまり好きな麺ではない。。一兆、孔明、我門、この辺の麺も見た目はそれっぽいのだが、どうも好みではないです。でもこれが「新潟で受ける麺」なんでだろうなあ。

新潟で僕が好きな麺は「太洋軒」の麺と「ぶしや」「碧空麺舗」などです。


【麺屋 空】
新潟市江南区茜ヶ丘7−3
11時〜15時 17時〜22時
無休

2007年04月04日

六角家の姉妹店? 心一家@早通 新潟市

47a015d9.jpg横浜家系らーめん六角家の姉妹店。濃厚醤油豚骨に黄色い太麺、ホウレン草に大判の海苔三枚という定番家系スタイルというふれこみ。脂の量、醤油ダレの濃さ、麺の固さが選べる。今回は脂、醤油ダレの量は普通、麺は固めで。雑誌の写真などを見ると白濁するまで炊いた超濃厚豚骨スープだったけど、今日のはそこまで白濁していないライトな醤油豚骨。豚骨の臭みはなく鶏油が効いたインパクトのあるラーメン。この間、御徒町の六角家へ行った際、豚骨が臭すぎて残してしまったんだけど、こちらは家系の中でもおいしいと思います。スープが濃いからか持ち上げも調度いいかんじ。麺の味もしつつ、スープとおいしく食べられた。麺固めで頼んだのにかなり柔かったので次回はかなり固めで頼まなくてわ。ネットの書き込みとか見てもやっぱみんな柔いと感じているようだ。ともあれ御徒町の六角家よりうまいので家系食べならこちらで。

■心一家■
新潟市江南区東早通2−1−3
025−381−7713
11時〜15時 17時〜21時
火休

2007年03月11日

元祖新潟つけ麺 ラーメン工房まるしん@亀田早通 新潟市

6cf136a3.jpg新潟で20年も前からつけ麺を提供してきた老舗。荻窪つけ麺の流れを組むお店。「栄龍軒」と関係があるとか。。大勝軒絡みとのことです。つけ麺というと太い麺をワシワシと食べるイメージだが、こちらはかなり細い麺。細いながらも麺自体にコシもあり噛み応えはまずまず。つけダレはもやし、ワカメ、そして胡麻の風味が印象的。醤油ベースのスープに酸味を効かせた爽やかなつけダレ。濃いには濃いが油っぽいコッテリしたかんじはなく、細い麺とピッタリの味。おそばを食べている感覚に近いな。割りスープが最初から付いてくるのはどうなんでしょうか?暖かいのほしーい。しかし、麺3玉とか普通に食券売ってるけど、すごいね。よく食べますね。現在のつけ麺の主流とはちょっと異なりますが、温故知新ということで、麺3玉から挑戦してみてはいかがでしょう?


■ラーメン工房まるしん■
新潟市亀田早通5-1-2
025−381−8649
11時〜14時30分 17時30分〜19時45分
月休