2006年12月

2006年12月31日

今年一年の総括

いろんなブログで今年一年を振り返っているのを見ると、「ああ、もう今年も終わりなんだったっけか?」と思ったりするわけなのです。
で、自分も振り返ろうかとするわけですが、事象と時系列が噛み合っていないという、人間の脳の不思議に悩まされるわけです。
そういうとき、ブログ書いていたことが有難いですね。
荒山徹作品群と出会ったのも、そこから隆慶、五味と走っていったのも、LAP大好きだったのも、ストパニのEDで驚愕したのも、「Ai!c!e!」って神戸&川崎で叫んだのも、全部今年なんですね。
色々あったなあ…

そういうのをひっくるめて、今年一年を俯瞰すると、「狂気は伝染する、変質する」と漠然と思ってしまって、もうちょっと平たく言うなら「荒山先生のお陰で狂った妄想が毎日毎日脳から漏れそうなんですけどFuck!」でしょうか。
Aice5のパロの「愛洲五剣女」(愛洲陰流を究めた五人の女剣士)とか、「影武者シャア・アズナブル」(シャアはグリプス戦役で死んでいた?!)とか、ちょっと狂気が迸りすぎて自分でも危うさを覚えるんですが、多分これ完治しないんでしょうね…

2006年12月30日

帰還

なんかZELさんがこっちに帰ってきました。
いやあ、バイト先にいきなり現れるからビビったね。

2006年12月29日

春の坂道、始めました

「一月十日のその時歴史が動いたは、柳生宗矩だぞ!」
NHKの紹介文だと、異様に白いんですが!
「そんなあなたに山岡荘八」

某板某スレでこんなやりとりをしたので、読み始めました。
まだ一巻も読み終わってないんですが、宗矩が蝶絶ホワイトでかなり新鮮。
吉川英治の宮本武蔵にも宗矩は真っ白で出て来ましたがね。
しかしあれはいきなり万石大名但馬守として出てくる恐るべき生物なのでノーカウントで。
あのころは三千石でしょう吉川さぁーん!

2006年12月28日

またもやアルカナやってきたよ

川崎行ったらENDEさんとアキさんがいました。
どっちもゾイドはやってませんでした。
でもアルカナハートがあるから問題なし!

つーわけで対戦。
ジョインジョイーントキィでした。
でも、二人が帰ってから現れたこのは使いにすごい勢いで凹られましたけどね。
固めをどう捌けばいいのかわからんです。
ガーキャンで何が出来るのかを判らんとダメっぽいですね。



次やりにいけるのは年明けかな…

2006年12月27日

美作生まれでいいのか?

大分前に読了した小説ですが、津本陽の「宮本武蔵」。

武蔵小説を読むとき、美作生まれの設定だと最後をどうするのかといつもひやひやします。
大抵、五輪書を書き、武蔵が没して終わるのですが、大抵五輪書の序文が引用されるわけです。
「生国播磨」と。

いや、疑問感じようよそこで。
「播磨生まれです」って書いてる人間の生まれを美作にするのおかしいなって気付こうよ。

それはともあれ、内容。
武蔵の雛形的存在、吉川英治の同名小説との比較ってものは、武蔵を題材とする以上避けられないものですが、個人的に剣戟シーンは津本陽のほうが上。
ただまあ、吉川英治のは宮本武蔵の名を借りた、求道者を描いた小説という感があるので、剣戟シーンは個人的にはそれほど重要視していないのですが。
他には、武蔵の幼馴染の弥蔵との方言によるやりとりが中々リズミカルな感じで読み応えがあるかと。



しかしなあ、やっぱり美作生まれで関ヶ原に宇喜多勢はなあ…

2006年12月26日

アルカナやってきたよ

川崎ウェアハウスにも入荷したので練習。
あそこなら人おらんべぇと思ったとおり、CPU戦でしっかり練習できました。
取り敢えずあれだ、
ヨ ガ コ マ ン ド が 成 立 し ね ぇ w
B>C>41236C>236ABと出そうとして、ペチペチ…ペチペチ…ペチペチ…
41236C出ねーぞおい!w

おかしいなぁーと思いながら、今までのアケ格ゲー遍歴を思い出すと、昇竜波動竜巻タメコマンド以外あんまり入力したことがないのではという罠。
餓狼SPはタン先生(タメ、竜巻、6328)だし、闘婚はポチ(昇竜波動竜巻)だし、ヨガコマンド持ちのキャラを使ってたQoHはSSコントローラーかPSコントローラーだし…
要練習ですか、つまるところは。

それと
ttp://www.exhaust-web.com/item/arcanaheart/index.html
各々持ちキャラのラミカ購入必須w



で、みんな何処でやってるんですかね?
練習がてらの身内対戦やるんなら人のいない川崎が安定な気がします。
1クレ100円ですけど。

2006年12月25日

そろそろ来期のアニメについて考えとくか

・Project Blue 地球SOS
一月十日(水)25:15〜
TVK
みんな大好き、小松崎茂原作のアニメ。
プラモボックスアート仕立てのDVD一巻初限のインパクトは凄かったですね。
パッと見、DVD売り場にプラモが置いてあるようにしか見えないというw
武装錬金と被ってるんで、録画して観るかな、と。

・ひだまりスケッチ
一月十一日(木)25:35〜(二話以降25:25〜)
TBS
きらら系四コマ雑誌連載の漫画が原作。
個人的には、重野なおきや小坂俊史の作品のアニメ化のほうが見たいんですが…
でなけりゃトリコロ。

・Saint October
一月四日(木)26:15〜
TVK
多分観ると思うんですよねぇ…
コンマイだし、福井裕佳梨出てるし。

・ひまわりっ!!
一月六日(土)24:30〜
TVK
帰ってきましたね。
一期の頃みたいな、ヌルい展開ではなさそうなのがちょっとアレですが。

・京四郎と永遠の空
一月六日(土)25:30〜
TVK
かなりの即切り候補その一。

・月面兎兵器ミーナ
一月十三日(土)26:15〜
フジ
かなりの即切り候補その二。
というか、一週前の神様家族が万が一面白かったら観ずに切るかと。

・神様家族
一月六日(土)26:30〜
TVK
かなりの即切り候補その三。

・がくえんゆーとぴあ まなびストレート!
一月七日(日)25:30〜
テレ東
確か、林原閣下がOP&ED歌ってるアニメですよね?
観るかな。



これに、今期から継続の「ときめきメモリアルONLY LOVE」「パンプキン・シザーズ」「ゴーストハント」「ヤマトナデシコ七変化」「コードギアス 反逆のルルーシュ」「おとぎ銃士 赤ずきん」とを併せると十四本ですか。
まあ、二、三本ぐらい一話で切りそうな気がしないでもないんですが。

2006年12月24日

君たちに、ここ数日間の状況を公開しよう!(CV:小林清志)

風邪薬飲んで病状を無理矢理押さえ込む→仕事→帰宅→グッタリ
以上繰り返し。
そんな日々の中、今日は香里ちゃんのクリスマスライブに行って来ました。
物販の目玉は何といっても、会場限定のCDですかね。
当然買いましたよ、四枚ほど。
ライブの目玉は、やっぱり「心の道」ですかねw
お酒は飲めないぃ〜未成年んんん〜。

あ、あといつの間にやらアルカナ稼動してましたね。
ゲームスピード早ぇー!
無理無理、体がおっつかねって!
せめて闘婚ぐらいのゲームスピードなら…

2006年12月21日

だりぃ

風邪で全身の関節という関節が疼痛でギシギシいったり、脳の芯が溶けそうだったり、胃腸がキリキリキリと痛んだりとデンジャラスな感じですが、横浜アニメイトに買い物に行くのは辞めません。
買ってきた物の感想は後日書きます、多分。

2006年12月20日

REDが!REDが!!

なんかものっそい勢いで勝利しそうな源之助とか救いがあるとみせかけてナッシングなふらんとか絵ヅラが狂ってるドスペラードとかアルベルトが出てきたGロボとか相変わらずどうしようもねぇーなー(最大級の賛辞)な松本英とかでREDが大変なことになってますね。
これがコンビニで売られているのは非常にデンジャラスな気がしてならないんですが、それはそれで暮らしやすいのでまあいいか。

あ、あとジャンプのユンボルが面白かったです。

2006年12月19日

買い物

川崎の丸善で山田風太郎の「忍法創世記」「柳生十兵衛死す(上下)」と五味康祐の「兵法柳生新陰流」「柳生十兵衛八番勝負」を買ってきました。
津本陽の「宮本武蔵」読了したらどれから読もうかな。
しかしまあ、「剣法奥義」解説で荒山先生が挙げた作家(隆慶で伝奇小説に入ったら、山風→五味と流れるべきだ、そうでなくてはならない!)ばっか読んでいるなぁ、とも思ったり。
まあ、五味康祐も隆慶一郎も山田風太郎も偉大なんで仕方ないですね。

2006年12月18日

「風魔山嶽党」と「駆込寺蔭始末」と

「風魔山嶽党」と「駆込寺蔭始末」を読了しました。

「風魔山嶽党」は忍者を題材にした伝奇小説。
まあ、忍者が主役だっつっても、山風方向のベクトルではなくて司馬遼方向のベクトルの忍者者ですね、「梟の城」とかみたいな。
つまりはスーパー系じゃなくてリアル系だということです。
主役が少年漫画的に怒り、悲しみ、恋もするのが高ポイントですね。
そして解説が「女信長」の佐藤賢一の担当なのですが、「忍者ってカッコいいアクションスターなんだけど時代劇でしか出せないよね、現代日本だったら銃刀法違反だし(違約)」という文章が妙にツボ。
や、確かに銃刀法違反ですけど、冷静にツッコまれるとなんというか、こう…

「駆込寺蔭始末」は、未読だった隆慶小説。
これで既刊の隆慶小説は「かぶいて候」以外読了となりました。
見つからんなぁ、「かぶいて候」。
内容は、鎌倉の東慶寺を舞台にし、蔭から駆け込み寺を守る忍びの「麿」を主役とした伝奇小説。
連作短編集ですんで、一般的な隆慶小説のイメージである「ダイナミズム」に少々欠けてますが、面白いですよ、隆慶小説ですから。



次は津本陽の「宮本武蔵」です。
武蔵を題材にした小説は他に吉川英治「宮本武蔵」、五味康祐「二人の武蔵」、司馬遼太郎「宮本武蔵」、津本陽「決闘 巌流島」を読了済みですが、他にも多いんですよね。
評論家の縄田一男が、その辺をまとめた本を出していた気がするので探しているんですが、まあ、見つかりませんな。

2006年12月17日

自爆

小説トリッパーで荒山先生の新連載が始まったそうで。
ええ、無論読みましたよ。
内容は、柳生薔薇剣の続編で、前作ラストでトラウマを作った十兵衛がメインのストーリー。

ていうかなんだこの十兵衛。
冒頭で淫夢見て夢精、それを子供に哂われる、起きるのを面倒がってそのままごろごろ、尿意に引きずられて起きてみれば陰茎が精液で褌にくっついて「いてててーっ」と絶叫、そして褌締めたまま放尿etc,etc…
しかも生活も引きこもりニートみたいなモンですし。
最悪だ、今までの読書人生で最悪の十兵衛だ…

あと、特ヲタっぷりを存分に発揮している替え歌「柳青(りゅうせい)隊の歌」。
ウルトラマン、ウルトラマンじゃないですかサンチョル先生!
「柳青 柳青 柳青」ってあなたー!



と、まあ、重症の荒山中毒患者はこのような小説を楽しむわけです。
本当に病人ですね。

2006年12月16日

良い店だった

昨日書き損ねたんですが、川崎ラゾの丸善に行ってみたわけですよ、何かないかと思って。



うぉぉい、ハードカバーの魔風と魔岩と両断置いてあるじゃねーか!
集英社版の一夢庵(表紙イラストが原哲夫)もあるじゃねーか!
駆込寺蔭始末まであるじゃねーか!
ていうか文庫本の在庫数結構多いな!

…良い店だ、ここは。
カバーのかけ方については、最近は自分で折り直すのが楽しくてしょうがないのでどうでもいいのです。
まあ、しいていうなら、丸善のカバーは割と硬めで厚めなので折りづらいです。
個人的な評価では、丸善、有隣堂が硬め、松林堂(地元の本屋)では硬めの割に薄め、島森書店(同じく地元)は軟らかめ&薄め、紀伊国屋が中庸。
紀伊国屋の中庸っぷりはかなり好きです。

2006年12月15日

買ってきたわけだ

ボイススタチューの赤ずきんと、コナミフィギュアコレクション赤ずきんと、ハッピースウィートカードじゅ〜しぃ〜3を買ってきたわけだ。
そしてボイススタチューを開けてみたわけだ。

ん、あれ…



オイィィィィィィィ!
コナミこのボイススタチューって魔改造前提のパーツ分割じゃねーかよ!

平たく言うと、タンクトップの 中 が あ る 。
おもちゃ板のスレでバラした人いましたけど、流石にティクビは無かったです。
コナミも随分と思い切ったパーツ構成にしたもんだ…



そして気を取り直してフィギュアコレクションを開けてみる。
縦一列で五種コンプできる、という情報を参考に、箱から縦に五個出して開けてみると、本当にコンプ。
へぇー、アソートは固定なのかなぁー、と思いながら組み立て。

ん、あれ…



オイィィィィィィィ!
コナミこのりんごのスカートがワカメちゃん状態になってるじゃねーかよ!

平たく言うと、 常 時 パ ン テ ィ ラ 。



コナミ狂ってる。

2006年12月14日

誰もいない

川崎行きました。
やっぱり誰もいませんでした。
会いたいあいあいあいあいのに〜
会えないあいあいあい川崎〜
金曜以外は人集まらないんでしょうか。

しょうがないので、横浜で買ったニュータイプと声グラと涅槃姫みどろ四巻を読むために帰宅。



つーか、BLUE DRAGONの挿入歌は川澄が歌ってるんですね…

2006年12月13日

ゴーストハントが壊れた

シリアス路線で行くかと思ったら、釘宮が壊レキャラを演じる。
これだからゴーストハントは侮れない。

2006年12月12日

爛れてる

今週の野望神社の静御前は発情しすぎだと思いました。

2006年12月11日

最終巻

ストパニの三巻買ってきました。

うん、まあアニメ版より綺麗な〆かたで良かったんじゃないですかね、皆、ちゃんと落とし所に落としたって感じで。
それにル・リムの扱いもアニメ版より良かったですし。



今回の見所は「ハーレム構築あきらめない!」と拳を天に向かって突き上げる千華留様。
あなた、やっぱり〆るべきところは〆てくれる人だw

2006年12月09日

「翔べ麒麟」と「二人の武蔵」と

買ってきた「翔べ麒麟」と「二人の武蔵」を読了。

「翔べ麒麟」は、長安を舞台とした一大ヒロイック・サーガ。
でも「日本人とは何か」がテーマってのは評論家の後付けっぽい気がしないでもないですが。

「二人の武蔵」は、綿谷雪氏による仇花、武蔵複数存在説を叩き台にした時代小説。
ちなみにこの武蔵複数存在説、眉唾物の家系図やら口伝やら書籍を無理矢理辻褄合わせただけなので、PHP文庫とかで「武蔵は複数存在した!?」とか書かれていても信用しないようにw
ついでに「武蔵は自分より強い相手とは闘いを避けた(=だから強くない)」「武蔵は仕官のツテを探して全国をさすらった」なんかも信用しないように。



さて、10日のストパニ三巻発売までは何を読もうかな。

2006年12月08日

いねぇ…

取り敢えず六時半ごろに川崎へ行ってみた。
が、誰もいない。

GGで慣らし運転をしていると、見知らぬ人が一人。
現地常連かな、と思うもCPUスタート。
プレイ終了後、椅子に腰掛け煙草を吸っているとまた一人登場。
しかしCPU。

というわけで三十分かそこらで撤退。
もう少し待ったら誰かと遭遇できたんでしょうか?
というか強制対戦が当たり前すぎて、隣に座った人が乱入してこないというのが逆に斬新な感覚でした。



てか、あのレバーは言えば修理してもらえるんですかね。
修理技術持ったスタッフいなかったりしたら泣けるなぁ。

2006年12月06日

EVOLUTION

LAP本スレでEVO賞当選報告が来ましたね。
いいなー。

というか、しほののタオルでしたが、意外としほのの倍率低かった?w

2006年12月05日

翔べ!

「翔べ麒麟」(辻原登)と「二人の武蔵」(五味康祐)を買ってきました。

それはそうと、LAPのタオルが届きました。
Angel addict賞だけだがな!

EVO賞の当選報告、何処にも来てないんですよね。
LAP本スレ、小清水スレ、門脇スレ、茅原スレ、しほのスレを確認してみたんですが、タオルの話題が皆無。
皆応募してないのか、それともEVO賞以降はまだ発送していないのか。

2006年12月04日

in川崎

場所の確認を兼ねて、ウェアハウス川崎店に行ってみました。
…なんだあの建築物は。
外見はエグいわ、内装は中国の貧民窟みたいで趣味悪いわ、薄暗いわ…
広さはいいんですけどね、広さは。

あ、でもレゲーコーナーが正真正銘レゲーなのには驚きました。
初代アフターバーナーてお前!
テーブル筐体のギャラガてお前!

2006年12月03日

届かない届かない届かない…

LAPのタオルが届きやがりません。

…が、LAPスレを見る限りでは、もう届いているのはEVOLUTION賞、Never give up賞が外れている人のみ。
EVO賞当選してるのか自分?!



まあ、記入漏れで無効という線も捨てがたいのですが。

2006年12月02日

何処へ行く

アメグラ行って来ました。
マジで撤去されてやんの。

さぁてさてさて、これからどこにゾイドやりに行きゃいいんでしょうか?
横浜の近くだと戸塚、川崎ですが。
他の横浜勢はどうするんでしょう?

ちなみに、神奈川スレで「戸塚行ったけど見当たらなかった〜」と書いたのは自分。
一階に配置換えしたそうですね、一階はUFOキャッチャーしかないと思ってました。



土曜はこの鬱憤を晴らすために秋葉原行くか…
鬼に逢うては鬼に愚痴り、仏に逢うては仏に愚痴る所存です。

2006年12月01日

ぎゃわー

アメグラからゾイード撤去らしいです。
戸塚行けば流れてきた人でもいるかね…?

アルカナが稼動すれば横浜で某EL乗りとは遭遇しそうですが。