池田市 歯科衛生士 求人・募集 案内

2017年03月01日

祝50回! 歯医者さんの落語会<手水寄席>開催いたします😄!!

手水寄席0312


3月12日(日)「手水寄席」開催!

3月は弥生、語源は
「木草弥や生ひ月(草木がいよいよ生い茂る月)」だそうです。

朝を迎えるたびに暖かくなっていく気持ちの良い季節ですが、
学校では旅立ちの時期、会社は年度替りの時期でもあり、
新たな生活を控えている方も多いのではないでしょうか。

おかげさまで手水寄席も今回で50回目を迎えます!!

笑う門には福来る!
4月を楽しく迎えるために
手水寄席でおもいっきり笑いましょう!

これからも“健康の大切さ”を楽しく伝える手水寄席に
どうぞご期待ください。


詳しくはこちら→http://www.834814.com/rakugo/


表題開催日時
第五十回 手水寄席平成29年3月12日(日)午後12時半〜14時半終演予定

一、上方落語

【二人癖 / 関大亭宅C】
● 無くて七癖
● 無くて七癖有って四十八癖
上の二つはいずれもことわざで“人は誰しも多かれ少なかれ癖がある”という意味がありますが、
確かに誰にでも気づいている癖、気づいていない癖のひとつやふたつあるのでしょう。
二人癖はその“癖”がテーマの落語でたわいのない癖を持つ二名の主人公のお噺です。
開口一番! 単純軽快な落語らしい落語で手水寄席開演です。

【落語(お楽しみ) / 千里家圓九】

五十回の記念会に備え“とっておきの落語”を用意してくださるそうです。
当日までどうぞお楽しみに!

【浮世床 / 爪田家らいむ】
昔の床屋さんは町内の寄り合い所。
将棋をしたり貸本を読んでいる者、大いびきで寝ている者などさまざまで他愛無い珍騒動もよく起こったのでしょう!?
浮世床はそんな騒動を面白おかしくまとめた落語だそうです。
ひたすら楽しく!みんなで笑いましょう

二、健口噺 / 恋歯家歯っ恋

2017年最初の手水寄席にふさわしい健康噺を計画中です(;^_^
日頃の口腔ケアに役立つ話しに どうぞご期待ください。

三、大喜利 / 落語好きの素人連

大喜利は寄席の余興として考案されたそうですが、
テレビ番組の影響もあって“なぞかけ”など多様なお題が生まれてきました。
その大喜利に落語好きな素人さん達が挑戦します。
“なぞかけ”、“都々逸(どどいつ)”、“折句(おりく:あいうえお作文など)”、“無理問答”
などのお題がありますが、どんなお題が取り上げられるのか?
今から楽しみです〜♪



gkoishi at 08:34│Comments(0)TrackBack(0)地域活動 ・ ボランティア | 歯医者さんの落語会”手水(ちょうず)寄席”

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字