池田市 歯科衛生士 求人・募集 案内

2017年11月17日

抱っことベビーマッサージ(すくすく発達教室)とお口育て教室

2ヶ月に一度、
奇数月に行なっている『発達教室』と『お口育て教室』


この日は、
助産師さんに来てもらえるので、
私自身1歳7カ月の息子がいますので、
このお話とても勉強になります。



実は、
以前にもブログで足のことについてお伝えしましたが、
食べる上で足(足は身体を作る土台となりますとお伝えしましたね)は姿勢を作るもとになるので、
とても重要です。


赤ちゃんは産まれてすぐは、
おっぱい(ミルク)を飲みますが、
それにも足をしっかり踏ん張れる姿勢が必要です。


つまり、
授乳姿勢や抱っこの仕方で、
しっかり飲めるようにこちらがアシストすることも大切なんですね。

IMG_7635


また、
足だけでなく、
身体の筋肉の状態も確認しながら、
身体の緊張も取り除いていくことも大切です。


身体の緊張があると、
筋肉の動きにも制限がかかり、
例えば、
背中や肩甲骨に緊張があってかたいと、
舌の動きにも影響が出ると言われてますね。


また、
うちの息子は座ると少し仙骨座りをしているように感じるのですが、
最近、
骨盤が緩んでいる赤ちゃんが産まれているとのこと、
それに対する対応策なども教えていただきました。


皆さん、
とても熱心な方ばかりで、
個別でずっとお話しされていました。

IMG_7627



そして、
『お口育て教室』


今日のキッズは何故かはかったように、
皆さんボーダー。


とってもかわいかったです(^.^)


そして、
お決まりの手遊び歌でリラックス。


IMG_7629


先生による『食べ方』『姿勢』『呼吸』についてのお話。

IMG_7648


しっかり食べるためには、
身体の姿勢や足が大事とお伝えしましたが、
それだけではなく、
食べ方(スプーンでの与え方や手づかみ食べ)
呼吸(鼻呼吸)
も食べるためには必要なんです。


食べるときにあえて口で息しながら食べてみてください。


ものすっごく食べづらいです 笑


普段、
無意識でしている呼吸も食べるためにとても重要な働きをしています。

また、
口呼吸は口があいてしまったり、
低位舌といって、
本来なら舌は上あごについてないといけないのですが、
それが口呼吸になったせいで下に下がることによって、
顎の成長やひいては歯並び噛み合わせにも影響が出てくる可能性があります。


そういったことを予防するためにも、
お口を育てるために、
『食べ方』『姿勢』『呼吸』は重要なんですね。


そして、
講義の後は、
実際にお母さん達に『食べる』ということを体感していただきました。


『食べる』とはどういうことか?
歯だけでかんでいるだけか?
唇の動きは?
舌はどう動いてる?
ほっぺたはどう支えているか?


そして、
いよいよキッズ達の食べ方を個別で見せていただきました。

IMG_7652


IMG_7658


この子は手指の使い方がとてもうまく、
米粒をひとつずつつまんで食べていましたよ。

とっても器用です(^.^)

IMG_7661


食べた後は、
みんなで歯磨き。

仕上げ磨きの方法やお口のマッサージの仕方もお伝えさせていただいて、
終了です(^.^)

IMG_7665


IMG_7670


おつかれさまでした!


次回は1月16日火曜日に『抱っことベビーマッサージ(発達教室)』『お口育て教室』を予定しております。


またかわいいキッズやベビちゃんに会えるのを楽しみにしてます


さあ!
今日も1日、
寒いですが楽しくいきましょう

gkoishi at 07:30│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字