歯科恐怖


池田市 歯科衛生士 求人・募集 案内

2015年03月12日

大人になったら、何になりたい?

2015-03-12-19-39-08


なりたい職業に!

先日、定期検診で来院した子の母親が、
”もうすぐ小学生になるんです”と語ってくださった。

生まれてすぐ、歯の生えていない頃から来院してくださっている子も多い。
子の成長は早いもので、昔を思い返し、目の前の今の姿にじ〜んとする。

そして、母親が子どもたちの卒業文集をみると
驚くことが書いてあったという。

将来になりたい職業、という項目にはなんと、
”歯医者さんになりたい”がとても多いのだという。

ご夫婦で見られてという卒業文集。
旦那さんも意外だと驚かれたという。

最近、インターネットで子どもたちがなりたい職業ランキングが公表された。
医師や保育士などは不動の人気を誇る。
しかし、歯科医師は100位内にも入らない。100位内には傭兵も入っているというのに・・・。

その子の通う幼稚園からはたくさんの子どもたちが来院してくれている。

僕たちが、子どもたちの憧れの職業になれるよう、少しでも貢献できているのだろうか。
貢献できているとすればとても嬉しい!!

スタッフもこの話をきいて、本当に喜んでいました。

良い大人の姿を見せることができるよう、ますます頑張れそうです!

gkoishi at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

池田市 歯科衛生士 求人・募集 案内

2006年09月03日

歯医者さんはこわい?

今日は初診で三歳の女の子が来院しました。
歯医者さんは初めてだったようです。
奥歯に大きな穴が開きご飯を食べると痛がるとのことでした。
お電話で「病院がこわくて入り口で泣いてしまうんです」とのことで、相当こわがっているんだなと思い診療着を脱いでキッズクラブ用のエプロンを着ておきました。
来院してから待合室では泣き声は聞こえず、とにかく診療室から迎えに出て行きました。
その女の子は母親にべったりとくっ付き挨拶も怖いか恥ずかしい様子でした。
母親の記入されている問診表を見ながらお話を聞いていると、病院が苦手になったきっかけは『予防接種』以来とのことでした。そのときとても怖い先生で怒られて大泣きした経験があるとのことでした。診療室に女の子の手を引いて入ろうとすると母親に抱きついて離れず、結局そのまま診療台のところまでいきました。
そして診療台を見るといやだいやだと嫌がり始めました。
とにかくお口を見て状況を知りたいのですが、怖がらせたくはないので、まずはハミガキから。
しかし、ぬいぐるみなどであやしてみても僕がハブラシを持っていこうものなら「いやだいやだお母さん抱っこ」ととうとう泣き出してしまいました。
そこからはお母さんにハミガキをしてもらおうとしてもだめで、診療台にも乗れなくなりました。女の子はすごく怖そうに泣いて汗がビッチョリ。
とにかく主訴からすると食片圧入による疼痛と予想していたのでなんとしてでもむし歯の穴を埋めたいと思い無理にでもお口を開けさそうと考えましたが泣きがすさまじかったので、ここでは何もできないということで待合室に移動してみることにしました。そこでいったん泣き止んだので、「ごめんね怖かったね」といいながら様子を伺うも
また泣き出すことに。
これは仕方がないということで、極力体を押さえつけないように、いっきに虫歯の穴にセメントをつめました。もちろん女の子のとってはすごく怖かったのでしょう。
女の子の気持ちを切り替えるためにご褒美をあげました。しかしなかなか泣き止まずにいました。
しばらくたって泣き止んで落ち着き、帰るときには「ありがとう」といってくれました。本当にほっとしました。
今後は少しずつ慣れていくために、まずキッズクラブにきていただきモデリングをしてもらいたいと思っています。
少しでも恐怖を取り除くためには練習は欠かせません。

今回は最終的には泣いたままの帰宅はなんとか避けれたものの、『心に貯金を、プラスの心を与えて帰す』まではいかなかったようです。それより、歯医者さん自体始めてなのにこれだけ号泣するのは、これまでの病院での体験がいかにマイナスだったかということが言えるでしょう。検診や予防接種などは多くの人数を見なければいけないということがあるので行き届いた対応ができないのが現状なのかもしれませんが、そこで病院や医師に対するトラウマを作ってしまうと今後の治療が上手にできるわけが無く、治療のたびに怖い思いをすることになってしまいます。そして中には怖いあまり痛みがあっても我慢して病院に行かないという人も出てきます。世の中で歯科に恐怖をもっている人の20%は怖くて治療を受けていないということです。今回の女の子にはそうはなってもらいたくない!
健康な歯で、おいしくご飯を楽しく食べて健康に育ってもらいたいです。

医療で特に歯科は恐怖を感じやすいものです。
3歳児だと理解も得にくいので、よけいに恐怖を感じるのでしょう。
少しずつ練習をして、少しずつ歯医者さんに慣れて、おりこうにできる時間ちょっとずつ長くして、我慢を覚えて、そして必要な処置ができるようにしていくつもりです。
無理にして、次回から何もできなくなる・歯医者さんに来なくなるような『その場限りの治療』はもっとも避けたいことです。

きっといつか女の子が歯医者さんを好きになってくれることを願って・・・。


gkoishi at 02:09|Permalink

池田市 歯科衛生士 求人・募集 案内

歯医者さんはこわい?

今日は初診で三歳の女の子が来院しました。
歯医者さんは初めてだったようです。
奥歯に大きな穴が開きご飯を食べると痛がるとのことでした。
お電話で「病院がこわくて入り口で泣いてしまうんです」とのことで、相当こわがっているんだなと思い診療着を脱いでキッズクラブ用のエプロンを着ておきました。
来院してから待合室では泣き声は聞こえず、とにかく診療室から迎えに出て行きました。
その女の子は母親にべったりとくっ付き挨拶も怖いか恥ずかしい様子でした。
母親の記入されている問診表を見ながらお話を聞いていると、病院が苦手になったきっかけは『予防接種』以来とのことでした。そのときとても怖い先生で怒られて大泣きした経験があるとのことでした。診療室に女の子の手を引いて入ろうとすると母親に抱きついて離れず、結局そのまま診療台のところまでいきました。
そして診療台を見るといやだいやだと嫌がり始めました。
とにかくお口を見て状況を知りたいのですが、怖がらせたくはないので、まずはハミガキから。
しかし、ぬいぐるみなどであやしてみても僕がハブラシを持っていこうものなら「いやだいやだお母さん抱っこ」ととうとう泣き出してしまいました。
そこからはお母さんにハミガキをしてもらおうとしてもだめで、診療台にも乗れなくなりました。女の子はすごく怖そうに泣いて汗がビッチョリ。
とにかく主訴からすると食片圧入による疼痛と予想していたのでなんとしてでもむし歯の穴を埋めたいと思い無理にでもお口を開けさそうと考えましたが泣きがすさまじかったので、ここでは何もできないということで待合室に移動してみることにしました。そこでいったん泣き止んだので、「ごめんね怖かったね」といいながら様子を伺うも
また泣き出すことに。
これは仕方がないということで、極力体を押さえつけないように、いっきに虫歯の穴にセメントをつめました。もちろん女の子のとってはすごく怖かったのでしょう。
女の子の気持ちを切り替えるためにご褒美をあげました。しかしなかなか泣き止まずにいました。
しばらくたって泣き止んで落ち着き、帰るときには「ありがとう」といってくれました。本当にほっとしました。
今後は少しずつ慣れていくために、まずキッズクラブにきていただきモデリングをしてもらいたいと思っています。
少しでも恐怖を取り除くためには練習は欠かせません。

今回は最終的には泣いたままの帰宅はなんとか避けれたものの、『心に貯金を、プラスの心を与えて帰す』まではいかなかったようです。それより、歯医者さん自体始めてなのにこれだけ号泣するのは、これまでの病院での体験がいかにマイナスだったかということが言えるでしょう。検診や予防接種などは多くの人数を見なければいけないということがあるので行き届いた対応ができないのが現状なのかもしれませんが、そこで病院や医師に対するトラウマを作ってしまうと今後の治療が上手にできるわけが無く、治療のたびに怖い思いをすることになってしまいます。そして中には怖いあまり痛みがあっても我慢して病院に行かないという人も出てきます。世の中で歯科に恐怖をもっている人の20%は怖くて治療を受けていないということです。今回の女の子にはそうはなってもらいたくない!
健康な歯で、おいしくご飯を楽しく食べて健康に育ってもらいたいです。

医療で特に歯科は恐怖を感じやすいものです。
3歳児だと理解も得にくいので、よけいに恐怖を感じるのでしょう。
少しずつ練習をして、少しずつ歯医者さんに慣れて、おりこうにできる時間ちょっとずつ長くして、我慢を覚えて、そして必要な処置ができるようにしていくつもりです。
無理にして、次回から何もできなくなる・歯医者さんに来なくなるような『その場限りの治療』はもっとも避けたいことです。

きっといつか女の子が歯医者さんを好きになってくれることを願って・・・。


gkoishi at 02:09|Permalink