2007年08月31日

奇刊クリルタイ2.0感想 (1)

中野のタコシェから奇刊クリルタイ2.0が届いた。

内容が全体的に濃かったのでポツポツとしか感想を述べられないかも知れませんが、感想でも書いてみようと思います。
後で思いなおして再三編集しなおすと思うので、メモ書きみたいなもんだと思っといて下さい。

表紙・・吉川にちのさんによる文科系女子?のイラストがかわいらしい。よく見ると「隣り合わせの灰と青春」が見えると言うことはウィザードリィのマッピングしてるのか・・。
序・・republic1963さんによるクリルタイ発刊の辞。意気込みとこの本の方向性が伝わってくる。
特集1・・ばるぼらさんと加野瀬さんの対談。司会はrepublic1963さん
インターネットでの非モテの歴史というのは正直言うと「へー」という感じ。何となくは知ってたけど、あまり深くは知らなかったことなので参考になるが、自分自身があまりテキストサイトにそんなに興味がないので、軽めに流し読んでしまう。
ネット文化と非モテの変遷については面白かった。
はてなに非モテが集まるという話は「ライブドアで書いてる俺は・・」とか思ったが、自分でもなんでライブドアでblog書いてるかよくわからない。別にライブドアブログのコミュニティに帰属心があるわけでもないのに。
ケータイ小説の話はそろそろ誰かがやりそうな気がする。
でも、女子高生のコミュニティで人気者になる非モテと言うのがなんかようわからんなぁ。
最後のWeb2.0の話は最近語られている
アンカテ(Uncategorizable Blog) - 「世の中は厳しい」なんて大嘘
と合わせて読むと色々感慨深い。
これが本当にビジネスチャンスになるかどうかは切込隊長にぜひエントリを書いてもらいたいと思った。

アメリカ学園映画とスクールカーストの話・・普段、ほとんど映画というものを見ない人間なので、なるほどなぁという感じで読めた。何がなるほどなのかというとやっぱりアメリカの話で日本に
映画で表現されたようなサヴァイヴァルが通用するのか?という疑問が拭えなかったから。要するにちょっと他人事。
後半の方で「ゼロ・デイ」は益田さんっぽいというのが出てきたけど、どうなんだろう。探してきて年末のRe:moteがあれば、上映してみようか。

文科系トークラジオ「Life」プロデューサー、長谷川裕氏インタビュー・・あんまり期待してなかったけど面白かった。
republicさんと、長谷川さんの音楽ファン同士の掛け合いでトークのテンションが加熱していく様が面白かった。
フリッパーズギターの知られなさとか、ああわかる!という感じ。
フリッパーズが大衆的になったなぁと思ったのは少年マガジンでやってた「BOYS BE・・」で、恋のBGMはフリッパーズギターとか書かれてた頃かな。
オアシスとかスミスとかの話もなんか頷けた。自分は当時というか今もロキノンには精神的影響をモロに受けてしまった恥ずかしい人で、梯一郎(ロッキンオンに書いてたライター)氏の「CLUB K」とか行ってたので、すごい共感できた。あの頃の「CLUB K」では「ストーンローゼスVSニルヴァーナ」とかいう特集やってて、Elephant
StoneとクーラーシェイカーのHushで大盛り上がりというのがあった。結構あの頃の感じをいつかやってみたいなーというのは心にある。でも、そういうクラブにも俺はダサい格好で、一人で行ってたんだよなぁ・・・。
非モテはオルタナティブな価値観を提示すべきというのは確かにそう・・だけど、これほど口で言うのと、行動するのが違うというのは難しい。その難しさをこのインタビューからも感じた。
やっぱりそういうのを仕掛けられるのって東京のメディアの中にいる人たちだけなんかな・・・とも。

ちょっとしんどくなったので続きはまた今度書きます。

梯さんに関してはネットを引退した人みたいなので、資料がないのですが、2ちゃんのスレッド等を見てください。
(梯一郎でどおだ?
http://curry.2ch.net/musice/kako/992/992959186.html)

トラックバックは許可されていません。

コメントは許可されていません。