2017年04月21日

GWのスケジュール

先月で、四谷荒木町「番狂せ」の展示が終わり、真鶴ギャラリーaToでの展覧会も無事終わりました

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました

広島「天仁庵」のグループ展にも出展させていただいたり、高島屋の新商品の生地作りに携わったりで

ばたばた忙しくしておりましたが、ツボ替えの時期がきました

ゴールデンウィークは、窯の火を止めて定期メンテナンスです



5月1日(月)〜7日(日)

この期間は休講・休業でございます

通常営業再開は、5月8日(月)からとなります



で、

火を止める4月30日(日)に、恒例の工房パーティーしますよー

どなたでもウェルカム!


16:30 乾杯

17:00〜19:00頃 デモやります。何やるかはお楽しみに♪

19:00〜21:00 1ベンチ解放いたします

会費 500円

持ち込み大歓迎!



いつものように楽しい時間を過ごしましょう




(ツノーカ)



  
Posted by glassroots at 09:45Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月30日

「グラスルーツ2人展」

展覧会のお知らせです

ご縁あって、過去にも何度か(これとか)お世話になりましたが、今回も4月より春一番で展示をやらせていただきます

東京は、開花宣言から一転真冬の寒さになったり、ぽかぽか陽気になったりですが、真鶴のある伊豆半島の方は少し早い春になってるのではないでしょうか

って、春春言ってますが、モノトーンの渋いDM
作品より我々が大フィーチャーされてるといういかした仕上がりでカッコ良すぎです(笑)

お近くにお越しの際は、是非にお立ち寄り下さいませ


image


「グラスルーツ2人展」

2017.4.1(土)〜16(日)
休廊日 月曜・火曜

11:00〜17:00(最終日〜15:00まで)

ギャラリーaTo

神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1572-8
T&F 0465-42-9095




(ツノーカ)



  
Posted by glassroots at 15:03Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月23日

行商

先日、 がらすらんどさんが"行商"に来てくれました

ワンボックスに色ガラスや道具類を目一杯積み込んで来てくれて、いやはやなんともココロ踊る光景ですね(笑)

グラスルーツでは調達のしやすさの理由で、色ガラスの材料はほとんど国内のメーカーのものでしたが、海外製のものも使って行けたらと思っていて、ちょうどいいタイミングでのお話でした

今後もこういった出張販売形式があると思うので、受講生の方にもお知らせします
うまく都合があれば直買い・大人買いのチャンスかと思いますよ

ずっと欲しかった6インチのモールドをゲットいたしました(´∀`)

image
image
image



(ツノーカ)




  
Posted by glassroots at 15:48Comments(1)TrackBack(0)

2017年03月15日

メンテ

最近熔解炉の巻き口の周りが変わったのわかりますでしようか

ファイバーキャストという紙粘土みたいな炉材を塗りたくって、断熱効率アップを図っております

ガラス熔かすのって難しいなあと改めて思う今日この頃

こんな日々のメンテも大事な仕事です



(ツノーカ)


image
  
Posted by glassroots at 10:38Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月02日

酒飲みたちのガラス展【結ぶ】

ツノーカでございます

しばらく投稿が滞っておりました

かつてないレアな頻度での更新であります

でも希少価値が高まったとも言える(笑)

しかしだからと言って記事のクオリティが高まっている、というわけではありません…ね(汗)


今年初の展示会が始まりました

今回はグループ展

「酒飲みたちのガラス展【結ぶ】」

です

お酒は飲む器で趣きががらっと変わるよね

手仕事で丹念に作られた、気の利いた作家もののグラスでいただく一杯なんて至福よね

カウンターで飲みながら、ずらっと並んだグラスからお気に入りをみつけて、それでその場で飲めたら粋よね

という企画のもと、前回
に続き、今回も四谷荒木町にあるアートスナック「番狂せ」さんでの展示会です

今回は、ご縁あって総勢7名!の飲兵衛いや、作り手が集結

それぞれの、お酒にまつわる器が出品されます

昨日は、搬入アンド初日

あれまだ続いてる?のジンクス、てゆーかもうええねん!の雨(笑)
安定の"雨男"はまだまだ健在な模様

その中、開店前からお客さまに来ていただきありがたいことです

出品者たちもお客さまも「酒飲み」

「ガラス」と「お酒」と「ひと」を結ぶ

がテーマであります

お酒とガラス談義に花が咲いた初日となりました

3月のひと月間、番狂せでお待ちしております

そんで、明日3日はオープニングパーティーでございます
20:00〜22:00
ワンドリンク、フリーフード \2,000
追加ドリンク\500
どなたでもお越し下さい!



image


「酒飲みたちのガラス展【結ぶ】」

2017.3.1(水)〜31(金)
月〜金 19:00〜25:00
土日祝定休

アートスナック 番狂せ
〒160-0007
新宿区荒木町3 ソシアルアラキビル1F

FB見れる方は、イベントページあります
詳細はそちらでもどうぞ

ツノーカは会期中いずれかの木曜か金曜で店番する予定
他の作家もそれぞれお店番してる日があります
詳しくはお問い合わせ下さい
(飲食店での展示となりますので、ワンオーダーお願いいたします)


(ツノーカ)


  
Posted by glassroots at 18:59Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月07日

仕事始め

点火

熱上げ

焼き締め

ツボ洗い

昨日おとといと原料の投入が終わり、

本日から通常通り、講座再開です

フレッシュな坩堝、フレッシュなガラス、フレッシュな気もちで行きましょー(^-^)


image




(ツノーカ@年男)



  
Posted by glassroots at 09:18Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月02日

2017 謹賀新年

新年明けましておめでとうございます

2017年が始まりました

旧年中は大変お世話になりました

気持ちも新たに、引き続き笑顔が溢れる工房作りにしていきたいと思います(^^)


年末は熔解炉のメンテナンス

開業して以来初の、炉床の総とっかえという大補修でした

過去に坩堝に穴が開いて、ガラスが床に熔け出てしまったことも何度か

image



10年経ったし痛みも進んでいたのでここら辺がいい頃合いでしょう
…と言いながらまるまる1年、のばしのばしにしてしまっていたのでした


電動ハンマーでハツること3時間半、見事な更地になりました
腕がぱんぱんになります
夕飯にはお箸持てなくなります(笑)

image



そこに耐火モルタルを打設

image

image

image

image



24時間硬化で翌日型枠を外し

これを男4人でひっくり返して炉に乗せます

image



総重量170kg超

暮れの12月30日に、ぎっくり腰とか指挟んで救急車とかシャレにならないので、ここが一番真剣でした

そして無事終了
ケンケン、エラゾー手伝いありがとう(^_−)−☆

その後新しい坩堝をセットして、大晦日には点火

image


現在ゆっくりと熱上げ中です

窯の火が点いてない中での作業の寒いこと!

火の暖かさが恋しくなります

けれどもまた夏になれば暑い暑いと言っているのだと思いますがw

そんなこんなで今年も季節は巡って行き、時は飛ぶように流れていくのでしょう

一歩一歩、ひとつひとつを大事に毎日を過ごしていきたいと思う47のお正月でした

本年もよろしくお願いいたします




(ツノーカ)







  
Posted by glassroots at 11:03Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月27日

グラスルーツ最良の日

遅くなりましたが、一昨日は工房パーティーでした

image



溶解炉の火を落とす直前にやる、美味しい食事とお酒の、いつもの楽しいイベント
…のはずでした

それがいきなり「僕のアモーレ」と「今夜のシンデレラ」のタスキをかけられみんなの前へ(笑)

image


宴が工房10周年を祝うサプライズパーティーへとなった瞬間でした

沖縄、glass studio 三日月さん謹製の看板を贈り物としていただきました

実行委員がひと月近く前から計画してくださったとのことですが、われわれ全く気がづきませんでしたねー

今現在通っている受講生のみなさんのみならず、かつて通ってくれてた受講生の方々もたくさんカンパしてくださったとのこと
それって凄くないですか?

(追記:ただし、あまねくすべての方に声をかけられた訳ではないようなので、話が行き届かなかった方々には申し訳ない気持ちです)


われわれは仕合わせ者ですな

長いようで短かったけれど、それでもやっぱり色々あった10年でした

モノゴトは続けるものです

最初、グラスルーツという小さな"場"を作ったのはわれわれだけれども、そこに人が集まり、関わり、巻き込み、巻き込まれたりを繰り返しながら今日という日を迎えています

改めて、今までグラスルーツに関わっていただいたすべての方々に感謝を
更に魅力的な"場"を追求していくことで、これからの足跡にしていきたいと思います

先月は10周年記念の工房展を無事終えられて、なんか肩の荷が降りたようでホッとしてましたが、最後にとてつもないサプライズを頂きました
たくさんの想いをいただいたクリスマスでした


image



image




(ツノーカ)



  
Posted by glassroots at 01:28Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月21日

年末年始

image




いやはや、今年もあと10日となってしまいました

12月入ってからが早いですねぇ。飛ぶように月日が流れて行ってしまいます

年賀状は書きましたかー?(笑)


さて、グラスルーツの年末年始のスケジュールです


12月24日(土)まで  通常通り

12月25日(日) 工房イベント!

  短期集中講座(毎年恒例・おトクな3時間半額コース)

   午前の部 10:00~13:00 (満席)

   午後の部 14:00~17:00 (満席)

   例によって、好評のため抽選となりました

   工房パーティー!18:00~(会費¥500 持ち込み歓迎)

   体験制作あり、デモもあるかも?いつものおいしい料理とお酒の時間^^

   今年一年の感謝をこめて♪

   21:00頃 8月からついていた熔解炉の火を落とします


12月26日(月)〜1月6日(金) 年末年始の休業


1月7日(土)〜 通常営業再開です



11月の工房展が終わりホッとできるかと思いきや、なんだかばたばたして年末に突入

パーティーが終われば、いつも通りのツボ替え作業をしてお休み

…とならないのが10年目のグラスルーツ(笑)

去年から1年引っぱってきた炉床工事が控えてるのです

今回は火を落とした後、老朽化した熔解炉の炉床部分の補修作業をする予定

なかなかにせわしない12月なのです

みなさまもお風邪など召さらず、よい師走をお過ごしください

あ、年賀状書かなきゃ!(笑)





(ツノーカ)






     
Posted by glassroots at 10:48Comments(1)TrackBack(0)

2016年11月17日

'16工房展無事終了いたしました

image


前期・後期と2週間にわたって開催された5年ぶりの工房展、おかげさまで無事盛況のうちに終えられました
お越し頂いた皆さまありがとうございました
また、出品してもらった皆さんお疲れさまでした
搬入・搬出や店番など、運営を手伝ってくれた皆さんにも感謝です

多くの方々に関わっていただいて、開催して良かったとほっと胸をなで下ろしているツノーカです(^^;;

総括すると、前期はわりとクリアものが多くて、後期は色ものが多かった気がします

いずれにしても、想像以上の個性あふれる作品群でした

褒めちぎってますが、これだけの人数でこれだけの内容のものが観れる工房展なぞ、他になかなかお目にかかれないはずだと自負する次第であります^^

出品してもらう前、皆んなの声でいちばん多かったのが

「私なんて、とてもとても出せるものなんかありませんよ」で、

工房展に観に行った感想が

「みんなすごくすごく上手いものばっかりでステキでした」です

みんながみんなですよ(笑)
とても出せないわって、言ってる人の作品が他の人から見るとすごくステキ、ってなるところ、
みんな自己評価低すぎです!(笑)
存外、自分のことって分からないものなのですよね

出した作品についての他人の感想を聞くことって、いつも新鮮
普段作っているものが、他人にはそう見えるんだって、自分の作品を客観視できるいい機会にもなるのが作品発表のいいところであります

また、他に多かった声が、自分の作品の値段をどうつけたらいいのか分からないというもの

これはですねぇ、正解はないです、はい
私ツノーカだって、いつも悩まされます

値段つけ、というのは、自分で自分の作品の価値を数値化するという作業のことです

不遜に高値をつけても、卑下して安すぎる価格設定にしても、何か我ながらやりきれないモヤモヤが残るものです

きっと商売的には、マーケティングとかセルフブランディングとか購買心理学なんちゃらとか、手練手管の世界があるのでしょうけれども(否定はしてませんよ)、手動かしてステキなもの作ろうとしてるヒトはまず自分がいい!!と思ったことをカタチにすることの方に注力すればよろしい、という思いもあります

価値をカタチにするのも、数値にするのも、どちらも大切でどちらも難しい

そういったことも含めて、今回参加してくれた皆んなが色々なことを感じれる展覧会になったなら、これほどうれしことはありません

10周年を飾るいいイベントになったのではないでしょうか(自画自賛w)




(ツノーカ)


  
Posted by glassroots at 22:31Comments(0)TrackBack(0)