November 03, 2013

フランス日記2013 (4)

滑空場のあるセールの小さな街に到着!

この岩と中世時代の街並みが特徴です。


また、かえってきたよ〜


DSC06099 (2)

 

October 31, 2013

フランス日記2013 (3)

滑空場へ行く途中にある、システロンの城塞跡。

山の形が、変わっています。

太古の昔、いったいどんな造山運動をしたんでしょうか???

 
DSC06094 (2)




















フランス日記2013 (2)

マルセイユ空港からセール滑空場に行くには、レンタカーで2時間半くらいかかります。

南仏プロバンス地方は、とにかく景色が美しいので、いろんな道を通って、

滑空場へ行くのが、とっても楽しみです。


このあたりは、バレンソール台地です。

ラベンダーを求めて、ヨーロッパ各地から観光客が訪れています。



DSC06068 (2)
DSC06059 (2)
DSC05986 (2)
 














 

October 16, 2013

フランス日記 2013 (1)


フランスには最近7月に行くことにしています。

なぜなら、プロバンス名物のラベンダー畑が見られるから。

DSC05947 (2) 















視界いっぱいに規則正しく並んでいる紫の花畑は、圧巻です。

DSC05974 (2) 















ラベンダーとラバンダンというのは、似て非なる種類らしいです。

ラベンダーから取ったエキスの方が、高級品。


DSC05996 (2) 















満開のように見えるけれど、これでもちょっと咲きかけなのだそう。

今年は雨が多いからかもしれません。


DSC05969 (2) 

June 29, 2013

ライカミング・エンジン サービス講習会 (40)

シリンダーにはカラーリングされているものもありますが、それには意味があります。

プッシュロッド間、スパークプラグとシリンダーバレルの間のフィンにエナメリングしているんです。

DSC02005 (2)


・グレーまたはブルー・・・・76シリーズ

・ブルーまたはグレー・・・窒化 *上記の逆の色(グレーに塗られたエンジンにはブルーでカラーリング)

・スパークプラグホール上方のイエロー・・・ロングリーチのスパークプラグを使用
(スパークプラグとロッカーボックスの間)
   *ロングリーチ : 13/16 スレッド
   *ショートリーチ : 1/2 スレッド

間違ったリーチのプラグを使うと、ホールの中が過熱して、プリイグニッションがおこります。
デトネーション=ノッキングは、プリイグニッションから誘発されることがあります。

・ベースのグリーン・・・0.010オーバーサイズ

・ベースのイエロー・・・0.020オーバーサイズ

パーツカタログにオーバーサイズリングやシリンダーがなかったら、オーバーサイズはしてはいけません!!


シリンダーバレルの中の黒い酸化物は、腐食なので、保管中は保護が必要です。

腐食をサンドペーパーでとらないように!
オイルで潤滑して、対応しましょう。


シリンダーに関するドキュメント

・SI1181 Cylinder Colours

・SI1191 Cylinder Compression Checks







June 26, 2013

ライカミング・エンジン サービス講習会 (39)

ライカミングエンジンを裏からみたところです。

電気系統のハーネスとディストリビューターの配置はこんな感じです。

わりとシンプルなもんですね。


DSC01929 (2)

June 25, 2013

ライカミング・エンジン サービス講習会 (38)

ライカミングエンジンを横から見るとこうなっています。

スターターとリングギアのかみ合いの部分が良くわかります。





DSC01935 (2)



April 23, 2013

ライカミング・エンジン サービス講習会 (37)

メーカーの訓練に行くと、いろんなロゴグッズを売っていて、

なんだかうきうきしちゃいます。


DSC01698 (2)


でも、アメリカのTシャツはたいてい巨大なので、れいたんのサイズは

ないだろうなあ、と思っていたら、さすが世界のライカミング、

赤ちゃんサイズから用意されていたのでした!


で、何を買ったかというと、 ステンレスのマグカップやキーホルダーなど、

あたりさわりのないものばかり。


もっといろいろ買っておけばよかったなあ、と悔やんでいます。 

April 16, 2013

ライカミング・エンジン サービス講習会 (36)

シリンダーのコンプレッションチェックは、上死点でチェックします。

その他の位置はオーバーラップしています。

方法には2種類あります。


1)Differential・・・今はほとんどコレ

シリンダー内の圧力とショップエアを比較します。

80psiがユニバーサルスタンダード
25%ロスまでOK

DSC02005 (2)


2)Direct Reading

車の場合のように、プラグに直接取り付ける方法。

ベースラインをシリンダーごとに計測しておきます。

ブレークインの時に計測しておいて、平均値を出しておきます、

そして、その値を比較します。
 

April 15, 2013

ライカミング・エンジン サービス講習会 (35)

クランクケースのトルクかけの順番とトルク値は、厳格に決まっています。

大きいボルトと小さいボルトがあるので、ストレスリリーフのためにトルクかけの

順番が決まっています。

DSC01905 (2)


トルクをかけた時にケースを破損しないように、トルクプレートを使用します。

ケースはアルミ製なので、やわらかいのです。


DSC01903 (2)















スルーボルトが6か所あります。

トルクが変わるので、スタッドを潤滑してはいけません!!! 


DSC01908 (2)