空中庭園な日々

「空への軌跡」別館 ―― 北海道の詩誌を中心に & 気になるニュース

新党結成の方向

(前略)新しい政党は、労働組合に依存すべきではない。もっと幅広い国民の利益を代表するような政党になるべきだ。自民党が組織を中心とした支持層なのであれば、新しい政党は非正規雇用者も含めた労働者全体や、個人事業主や専業主婦など、特定の団体に属していない有権者をメインの支持層にすべきだ。
 このような新しい政党は組織力を使えないので、選挙運動の際、票を集めるのは大変だ。でもこれからの時代はインターネットを駆使して組織力を上回る力で人のつながりを作っていくことができる時代だ。組織に依存しないかたちで支持層を広げていくことを頑張らないと結局二大政党制は確立できない。自民党は従来通り組織力を活用する。新しい政党は組織に頼らず、地道な地元活動に加えて新しい方法で票を獲得していく。
(中略) そもそも政党が作り出す政策・制度というのは政治家のイデオロギーにはほとんど左右されない。現実的には支持層に左右される。自民党は業界団体からの圧力によって業界を守る規制・税制からどうしても抜けきれない。たばこ規制(禁煙ルール)も結局たばこ業界や飲食店業界からの圧力で自民党は厳しい規制(禁煙ルール)に乗り出せない。
 ところがそのような業界団体からの圧力を気にしなくてもいい小池さんは、東京都において厳しいたばこ規制(禁煙ルール)を打ち出した。これが支持層の違いによって政策が左右される象徴例だ。特定の業界や団体・組織に目配りする政党か、それとも特定の業界や団体・組織に目配りせず、一般の有権者を意識する政党か。新しい政党は後者であるべきで、そのような特定団体からの圧力に負けない政策・税制をガンガン展開すべきだ。そのためには企業団体から政治献金を受けないことが新しい政党の最重要ポイントとなる。
(中略) 政策は政治家のイデオロギーに左右されないというのは、民主主義では当たり前の話だ。民主政治においては政治家は有権者に左右される。そして日本の有権者はイデオロギーに囚われている人は少ないし、宗教対立も階級対立も激しくないので価値観の対立も激しくない。であれば、政治家がイデオロギーや価値観に囚われる方がおかしい。だいたい保守だ、リベラルだ、とやっているのは政治家と暇な学者やメディアなどの自称インテリだけで、毎日汗水流して働いて一生懸命納税してくれている圧倒的多数の有権者は、保守だ、リベラルだなんて意識していない。圧倒的多数の有権者が保守だ、リベラルだなんて意識していないのに、政治家が保守だ、リベラルだと叫んでいることがそもそも滑稽なんだよね。
(中略) ゆえに、日本の二大政党制ではでイデオロギーや価値観よりも、支持層の違いが非常に重要になる。
 このようにイデオロギーや価値観に拘泥しない二つの政党ができれば、あとは日本社会や有権者のそのときの状況に合わせて各政党による政策の切磋琢磨が始まるだろう。政党間の競争環境さえ整えば、各政党はお互いに差別化を図って自ずと政策の対立軸は生まれてくる。その際、自民党も小池新党も時代と有権者に合わせて、これまではリベラルのラベルを貼られていた政策も掲げてくるよ。安倍政権の教育の無償化、小池さんの選択的夫婦別姓制などがその流れの象徴だね。
 そして最後は有権者が政権与党の実績評価と同時に、各政党の政策評価、そして各政党の実行力評価によって政党を選んでいく。これが二大政党制だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171004-00023276-president-pol&p=2
プレジデントオンライン 2017.10.4
橋下徹"前原さん、やり過ぎーー!!(笑)" (←出典

『YOCOROCO』12

YOCOROCO『YOCOROCO』
編集発行:佐藤裕子(函館市)

渋谷美代子作品「おきょうしつ」。なんだかタイトルに”お”と付くと奇妙な雰囲気ができる。それで副題に―ばばさまのにおいにみちるおきょうしつ―という意味が不明であるので、ここで読むのをやめるのか、進むのか、何かはっきり分かれそうな気もするのですが。さて、しかし内容は祖母の話とかではなく、現在進行形の今のこと。キビチョコひとつにじゃんけんで争い、嫌いなのであげるとか。まあ、女性の習性は分らん、要らないなら貰うなよ。それでも、ぼけたの、詐欺だの、不登校であるのとか、えらく生々しい日常のヒトコマではある。ピンピンコロリできるかどうかは運次第のじゃんけんであるか。しかし今時、じゃんけんは確率の問題として扱われてきているようですよ。
佐藤裕子作品「手を止め…」。つまり、何もしてはいない。しようとしている、もしくはするつもりであると思われる断片をピンに留める。そうであって悪いコトはしていないと弁明から入る。悪とは何だろう、自分という精神的に、それとも客体化される刑法的にであろうか。錯覚、輪郭は離れる。痣という証拠は夏にできる、太陽、地平という遠景、風の無いと思っていた主観に風が吹く。リアリティのある話とは空腹感ではあろう、パンの耳、カステラの匂い。浮かんでも沈む、循環のなかの今日昨日、転覆させるのか、ブランコの鎖は切れる、しかしこれも夢である可能性は高いようでいつまでも遊んでいる。誘導路は長く辿り着かず、燃やす部屋? 棺桶のことか? ないも同然でありながら包装はするようだ、さて、千切っているのはその包装紙なのか。ふむ、目は覚めたようで。

強制不妊手術

●9歳女児に不妊手術の愚挙
 「1981年の日本で、まだそんなことが行なわれていたのか?」
 朝刊を広げた途端、思わず声をだしてしまいました。
 「強制不妊手術9歳にも 宮城、未成年半数超」という見出しが飛び込んできたからです。(以下、内容)
知的障害者や精神障害者らへの強制不妊手術を認めた旧優生保護法
(1948〜96年)の下、宮城県で手術を受けた記録が残る男女859人のうち(63〜81年度)、未成年者が半数超の52%を占めていたことが判明。
最年少は女児が9歳、男児が10歳。9歳の女児は2人で、いずれも不妊手術の理由を「遺伝性精神薄弱」とされ手術を受けていた。
同法は「不良な子孫の出生防止」を目的とし、医師が必要と判断すれば都道府県の審査会での決定を経て、「優生手術」として不妊手術を実施できる。旧厚生省は「本人の意見に反しても行うことができる」として同意がなくても手術は強制可能と通知していた。
同意のないまま優生手術を受けた人は同法施行期間中、全国で1万6475人に上っている。(2018年1月30日 毎日新聞)
※優生保護法が「母体保護法」に改正されたのは1996年。

 今回の事実は、宮城県の60代の女性が、「個人の尊厳や自己決定権を保障する憲法に違反する」として訴えを起こしたことで明かになりました。
 女性は幼い頃の麻酔治療の後遺症で重い知的障害が残り、15歳で強制手術を受けさせられました。
 大人になり縁談があったときも、不妊手術をしていることが原因で破談になったそうです。
 ……信じられません…。
 「優生手術」という名の下、不妊手術が行なわれていたのは知っていましたが、「本人の意志に反しても行なうことができた」ことも、半数以上が未成年だったことも知りませんでした。
 しかも、9歳の女児や10歳の男児にまで行なわれていたとは……。
 言葉もありません。
 旧優生保護法は、ナチス・ドイツの「断種法」がモデルの国民優生法が前身です。
 この法律は国際的にも問題視されていて、2016年には国連の女子差別撤廃委員会が、「優生手術の実態調査や手術を受けた人への補償」を日本政府に勧告。
 日本弁護士連合会も昨年2月、「優生手術が対象者の自己決定権を侵害し差別だったことを認め、謝罪・補償するべきだ」との意見書を国に提出しました。
 それらの勧告に国は難色を示していたとのことですが、今回の問題をきっかけに旧優生保護法の問題を検証し、国にはきちんと過去と向き合って欲しいと思います。誠実に対応することが未来にもつながる行為になるからです。
 そもそも日本は「過去」を振り返ることを、なおざりにしてきました。
 歴史を振り返ることでしか人は学べないのに、残念なことです。
 たとえば、ドイツでは「二度と過ちをおかさない」という強い信念のもと、歴史教育を学校と社会で、徹底的に行なっています。
 強制収容所について学ぶことは義務づけられていますし、近現代史に多くの時間がさかれる。
 真ちゅうのプレートに、ナチスに虐殺された人たちの名前などが刻印された『つまずきの石』と呼ばれる敷石が、ドイツ国内に無数に埋められ、ありとあらゆる場所に加害に関するミュージアムや史跡がある。
 「すごい!ここまでやるのか!」と驚愕するほど、過去の歴史と向き合う取り組みが行なわれているのです。(後略)

http://www.mag2.com/p/news/348601
MAG2NEWS
9歳の少女に強制不妊手術。かつて日本に実在した残酷な法律(←出典

詩誌『花』第72号

IMG_4845詩誌『花』
発行:菊田守(東京都中野区)

下川敬明作品「鏡の中のボールペン」。インクがそろそろ無くなりかけてきたのであるが、しかしその掠れた曖昧さが、書くことの行為そのものを浮きだたせていく。そしてその掠れてしまう故に存在意義を失いつつも、きみと呼びかけていくのだ。最終連では”鏡”という言葉が初めて出てくるのであるが、それは筆者である自分と反するものの、露になっていくものの意味かもしれない。
原利代子作品「本を読む少年が生っている電柱」。はっきり言えば、変! いくら時代が娯楽のない、本くらいしかないような時代であったとしても、夜の暗さのなかで読もうと明るい電柱のそばに寄り添い、掛けられた梯子にぶら下がったり、掴まったりしている子どもたちが生えている情景は、絶対にありえないのである。けれどもしかし、とても楽しくて、今、私という自分がそうまでして本を読んでいた子どもの時期があまりにも懐かしく思えるのだ。
菊田守エッセイ「私の出会った詩人たち(4)」。今回は伊藤桂一氏のことを中心として、その出会いであるとか短詩作品の紹介であるとか。安西冬衛の短詩「冬」のこと。今まで北川冬彦、村野四郎、土橋治重らを書いてきたが、今回をもって終了とのことだ。
今回はあとがきに「花賞」のことが載っている。詩誌「花」の新人を対象とした詩集賞を創設するとのことである。

健康に良い食べ物

(前略)■ちまたには科学的根拠がない健康情報があふれている
 インターネットの発展もあり、健康に関する情報が入手しやすくなったが、その一方で多くの間違った情報もあふれかえるようになってしまった。はたして、今あなたが信じている健康情報は本当に正しい情報だろうか? 
 「科学的根拠のない健康情報」とは、一見正しそうな以下のようなものが該当する。
 |鎖絏淑は健康に悪く、食べると太る。
◆・促ロテンやリコピンは健康に良い。
 果汁100%のフルーツジュースは健康に良い。
 これらはすべて間違いと言っていい。 
 (中略)
■不動の「本当に健康に良い食品」5つ ・・・ では、具体的にどのような食事すればよいのだろうか。健康になりたければ、前述のグループ5の健康に悪い食品をグループ1の健康に良い食品と置き換えればよい。
 数多くの信頼できる研究によって本当に健康に良い(=脳卒中、心筋梗塞、がんなどのリスクを下げる)と現在考えられている食品は、ゝ、¬邵擇伐綿(フルーツジュース、ジャガイモは含まない)、C秧Гっ鎖絏淑、ぅリーブオイル、ゥ淵奪栂爐裡気弔任△襦
 逆に、健康に悪いと考えられているのは、\屬て(牛肉や豚肉のこと。鶏肉は含まない。ハムやソーセージなどの加工肉は特に体に悪い)、白い炭水化物、バターなどの飽和脂肪酸の3つである。
 つまり、白米や小麦粉を使った白いパン、うどんといった精製された炭水化物、牛肉や豚肉、バターは避け、玄米や全粒粉を使ったパン、蕎麦、魚、野菜、果物、オリーブオイル、ナッツなどに置き換えるということだ。
 このような食事をすることで、脳卒中、心筋梗塞、がんなどの病気を減らし、健康を維持したまま長生きする確率を上げることができる。
 注意してほしいのは、私は加工肉、赤い肉、白い炭水化物などは「体に良くない」と説明しているのであって、「食べるべきではない」と主張しているのではないということだ。
 甘いものが好きな人にとっては甘いものを食べることで幸せな気持ちになり、幸福度が上がるかもしれない。そういう人にとっては、甘いものをゼロにすることで健康にはなるけれども人生がまったく楽しくなくなってしまうこともあるだろう。
 そのような場合には、幸福度と健康をてんびんにかけて、毎日少量の甘いものを食べるという食事を選択することも合理的な判断だろう。食事によって得られるメリットとデメリットを十分理解したうえで、何を食べるかを選択すべきだろう。
津川 友介 :カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)助教授

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180424-00217690-toyo-soci&p=1
東洋経済 ONLINE 2018.4.24
医学的に「健康に良い食べ物」は5つしかない (←出典

覚えのない商品の注文につき

 イラストや漫画、育児ブログなどの活動をしている、んぎぃちゃんさんの体験談。メールチェックをしていたらAmazonから受注メールが届き、カートに入れたまま保留していた商品が勝手に注文されていたことに気付きます。しかも内容をよく見ると、入れた覚えもない1200円分のギフトカードまで一緒に注文されていて、ここで不正アクセスを疑ったといいます。
 しかし支払い方法はなぜかクレジットカードでなく、コンビニや電子マネー等に設定されており、支払期日を過ぎた場合自動的にキャンセルされると記載。作者はいったん「支払わなければ平気」と考えますが、夫からカード情報等が盗まれる危険性を指摘され、カスタマーセンターに問い合わせます。
 するとAmazonの担当者は即座に不正アクセスの可能性を指摘。再び被害を受けないよう、アカウントを一時的に使用不可とし、設定をし直すといった措置がとられました。
 支払い方法がコンビニ等になっていた理由について、Amazon側は「アカウントの持ち主が勝手な注文に気付いているかどうか、テストしているのではないか」と回答。もし気付かれなければ持ち主が不注意な人物と判断し、次回からクレカ払いで注文するのだろうと推測しています。
 もし作者が不審な注文に気付かないか、問い合わせずに済ませていたら、いずれ甚大な被害を受けた可能性があります。2段階認証などの対策も重要ですが、不正アクセスを受けたときにすぐ対応に動くことも大切ですね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00000088-it_nlab-sci
ねとらぼ 11/2(木) 16:58配信
身に覚えのない商品が勝手に注文されていた―― 「Amazonで不正アクセスされた話」がTwitterで注目集める (←出典

『a's (あ'ず)』vol.41

IMG_4842『a's (あ'ず)』
編集:佐藤洋子(仙台市)

佐藤洋子作品「琵琶音返し―小高に「大悲山伝説」があり」。この「大悲山伝説」自体を知らなかったのだが、南北朝時代の相馬光胤(みつたね)公の龍退治の話、並びに自己犠牲の琵琶法師の話である。さて、昔話をベースにされると知らない人にとってはなかなか辛いものがあるのはいつものことで、地方とか由来という題材では避けては通れないことだ。琵琶橋、角部内、耳谷という地名の由来、”なんでと、目をあげるひと”。福島県南相馬市小高区となると東日本大震災をも考えてのことかと、最終行の”歌はどううたえばいい?”にも結構、複雑な物語が詰め込まれているのかもしれない。
mao satoエッセイ「トリエステからの手紙(9)・ドイツ旅行1−ベルリンの壁を見あげて」。ベルリンの壁、歴史の壁が崩れたのは1989年11月9日。もう、30年も経つのだ。「自由」を求めて立ち上がった人々がいる一方で、手にしてしまえば自由よりも安定が良かったり、成功が羨ましくて暴力に走りもするものだ。本当は歴史という視点をどのように伝えなければならないのかということなんだけれどもね。

損なマネー3悪商品

(前略)● 新社会人は「マネーの三悪」を避けよ
 具体的な話の方が分かりやすいだろう。新社会人が犯しやすいマネーのミスを三つ挙げよう。
 (1)リボルビング払い ・・・  まず、カードのリボルビング払い、通称「リボ払い」である。
 給与振り込みの口座を銀行に作った場合、キャッシュカードにクレジットカード機能がついている場合があるし、クレジットカードのセールスを受ける場合もある。この場合に、読者は、リボルビング払いを勧められなかっただろうか。
 リボルビング払いとは、カードを使って大きな金額を支払った場合に、月々1万円、2万円といった、あらかじめ決められた単位でこれを決済していく支払い方法で、未決済の残高はカード会社から借りる形になる。問題は、その際の金利が、例えば14%といったひどく高いものであることだ。また、同時に、こうした細かな借金は、借金生活への入り口でもある。
 新社会人では、14%という金利の評価ができないかもしれないが、年金基金のような機関投資家が使う株式の期待リターンが概ね5%程度でその3倍近いし、複利で増えることを放置すると、借金は5年でほぼ2倍になる利率である。(略)
 (2)カードローン ・・・  近年、金融機関、特に、銀行が力を入れているのは、無担保でお金を貸す「カードローン」だ。実態は、消費者金融会社のローンと大差ないのだが、ネットで申し込んだだけで数百万円借りられるような、一見手軽に利用できるローンになっている。だが、カードローンもリボルビング払い並みに金利が高い。決して利用しない方がいい。
 消費者金融会社は、トータルで借り手の年収の3分の1以上貸してはいけないことになっているが、なぜか銀行はこの規制の適用外であり、今や、銀行のカードローン残高の方が、消費者金融会社の融資残高を上回るようになった。
 新入社員の初任給では厳しいかもしれないが、老後に必要な資金を計算すると、民間サラリーマンの場合、現役時代の手取り所得から2割程度を蓄えなければならない場合が多い。そもそも、手取り所得を目一杯支出する状況は、自分の経済的な実力を超えてお金を使っている状態だと認識する必要がある。(略)
 (3)医療保険を含む生命保険 ・・・  独身の新入社員に、生命保険はいらない。万が一あなたが亡くなっても、悲しむ人はいるかもしれないが、生活に困る被扶養者はいないからだ。生命保険に加入することが社会人の常識だとか、若い頃に生命保険入っておくと保険料が安くて得だといった、保険セールスの口上を信じるのは愚かだ。
 生命保険が必要になるのは、十分な蓄えがない間に結婚して子どもが生まれた場合に、最長で子どもが成人するまでの期間限定で加入する、死亡保障のシンプルな定期保険だけだ。
 加入する保険は、掛け捨てに限る。若い人は、おそらくネット生命の保険料が安いだろうし、年齢が上がってくると共済が安い場合もある。外資系を含めて、セールスマン(あるいは、セールスレディ)が説明するような民間生保の保険料は無駄に高い。貯蓄部分のある保険は、掛け捨ての保険に加えて、運用の商売でも手数料を払う分、ばかばかしいと理解しよう。(略) 自動車を運転する際の自賠責保険のような、まれにしか起こらないが、起こった場合の負担が極端に大きいケースには保険という仕組みが適するが、老後、病気といったありふれた事態に備える目的に、保険は向いていない。(後略)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180411-00166719-diamond-bus_all&p=1
ダイヤモンド・オンライン 2018.4.11
新社会人が絶対に手を出してはいけない「マネー3悪商品」(←出典

『小樽詩話会』NO.615

IMG_4844『小樽詩話会』
発行:十和田梓恭子、編集:竹田美砂子(小樽市)

八木明美作品「加減はどっち?」。力任せはダメなのよ・という冒頭。何の話かと思えば、太巻きの作り方のことで、では、どの程度の加減かというと、”キュウッ”か”スッ”の二択である。板さんの教えは”キュウッ”であるが私がやると”スッ”なのだ。板さんに挑もうとはいい根性である。大体”スッ”で何? それは手抜き加減であろう・と延々と続いていくのだろう。加減って、本当にいい加減ですねッ!
加藤多一作品「死人がしゃべるの」。NHKが好きな嫌いかと言われると訳が分からなくなる。しかしこの筆者はドラマの構成にケチをつける、安易な発想であるとモノ申すのだ。まして国営放送と言い切ったうえで、時代にさからう迷信の類の行為に大反対というわけだ。
二宮清隆作品「梅干しのたね」。体操が苦手な男の子は多い。性差別の一種なのだが、男なんだからと言われてしまえば、体の小さなものはダメとなる。唯一、現代では大問題の組体操のとき軽い体重のボクは世界の頂点にいるわけだ。それは甘いか酸っぱいか。
村田譲作品「本日のヘクトパスカル 5・ウィスク」。ダンスのステップのひとつであるWhisk(ウィスク)の始まりには諸説あるのだが、まあ、酔っ払いの千鳥足である。最後に+yすれば、ウィスキー!

『RIVIERE』158

IMG_4685『RIVIERE』
発行:横田英子(堺市)

永井ますみ作品「ほととぎすに寄せて」。父親というものにあまり執着をしたことがない。特に現代では仕事を継いでいくという感覚が分からない。ましてバブル期全盛時代の話は、やれば出来るだけで意味はない。そうではあるのだが、ここでは作者不明の歌を本人のものとして創作する。うん、正しい。
嵯峨京子作品「ミー君」。私のマンションは犬猫は禁止。でも嫁は猫が飼いたい、昔は実家で飼っていたそうだ。息子と猫との17年。どっちがどっちであろうとも、妻と私と息子と昔飼っていた猫、亡くなった父も加えて。誰にとって何が長くて短いか。
市原礼子作品「毛玉」。古いセーターの毛玉を取るということ自体が珍しいものとなっている。ほとんどが化繊であれば、衣服というものも大きく変わった。時代は変わるわけであるが、そのなかで静かに進む時間というものはあるのだと、改めて思うのだ。
小田悦子エッセイ「夜が明けてしまった」。兵庫県高砂、和歌山の串本、奈良県五條市などなど面白そうな場所がたくさんある。行ってみたい気になる、どこかでまとめてくれませんか。あれ、関空近くの頓挫したビルの話であったような、まあ、お気にせず(笑)。

専業主婦という無限ループ

(前略)■社会のOSが高度成長期のまま
 これらを知らずに、女性たちに働き出て活躍せよというのは、ムリというものだ。
 そもそも日本における「サラリーマン」という働き方は、1950年代半ばからの高度経済成長期に、都市部への人口流入とともに激増した。それまでの農業や自営業は家族ぐるみで働き、女性の労働力率も高ければ、子どもも家事や稼業に駆り出されていた。それに対し、核家族で団地に住む「サラリーマン」スタイルは男性が正社員で一家の稼ぎ主となり、専業主婦が支えることを前提としてきた仕組みだ。
 夫が長時間労働を担い、子どもは3歳まで家庭でみる。専業主婦が将来の労働力である子どもや、激務の夫を家庭で癒し、職場などの「生産労働」へと再び送り込む。このような家庭での家事労働を、社会学では「再生産労働」と呼ぶ。こうした妻の支えを前提として、家族手当が払われ、会社が家族ごと丸抱えで責任を負うような仕組みが企業の福利厚生や給与体系に盛り込まれてきた。
 このスタイルが始まり、過労死や育児ノイローゼなどのリスクを包含しながらも一見うまくいっているように見えていたのは、たかだか1955年ごろから、女性の就労率がかつてないほど低くなった1975年ごろのピークを挟んだ数十年間のことではある。
 しかし、近年、正社員になれない男性が増え、なれたとしても終身雇用が怪しくなり、扶養手当、家族手当を持たない企業も増え始めている。政府も女性に外で働いてもらうための配偶者(専業主婦)控除の見直しの過程で企業の扶養手当も見直すことを呼び掛けている。ときに孤独な育児の延長にある虐待の問題や、長時間労働がさまざまにもたらす害悪も、もはや見逃せないものになっている。
 これまで、日本は国が費用を負担しない子育てや教育の大部分を女性が家庭で補い、それを企業が手当などで支給してきた。その手当がカットされ、家庭内の無償労働はますます無償になりつつある。にもかかわらず、企業側でも専業主婦が働き手を支えてくれるという前提の制度が残っている場合があるし、社会全体はバージョンアップできていない。
 女性活躍と言いながら、一定の収入以下に抑えるインセンティブが働く税や社会保障の仕組み、配偶者が仕事をやめるキッカケになりやすい転勤の仕組みなどはあまり変わらず、働き始めようと思っても子どもを預けるところがない。非正規の仕事は低賃金に抑えられており、働き方改革は道半ばで柔軟な働き方を認めてくれる場所はまだ少ない。(後略)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180522-00220827-toyo-soci
東洋経済 ONLINE 2018.5.22
専業主婦を産み続ける日本の「無限ループ」

詩誌『蒐』9号

IMG_4684詩誌『蒐』
発行:蒐の会 渡会やよひ(札幌市)

本庄英雄作品「農夫の謎」。あまりにも有名なミレーの「落穂拾い」である。が、ここに描かれている世界は古く旧約聖書の『レビ記』にまで遡る。収穫後の農地に残された麦の穂を拾い集める姿。命を繋げる立法としての形が残されている。貧しさのなかで飢えをしのいでいくための静かで過酷な社会を残す。ここに筆者は拾い集める農夫の形を、一粒の丸まった胚芽の命の形を見出していく。
渡会やよひ作品「バスの日」。何年も合わなかった人にバスで出会う。しかしあちらは私に気づいていない。その人はかつて「知的な孑孑を目指すと言っていた」、この孑孑(ケツケツ)はボウフラのことであるとともに、一人抜きんでている姿でもある。であるからなのか、見つからない様に声もかけずに覗いている。遥かな高みに住んでいるのか、と。しかしボウフラは流れのない汚水に住んでいるものでもある。我々のすぐ近くの汚水に同じように住むのだが、流れの中には住まないのだ。いつしか水面で羽化しているのか、まだ潜んでいるのか。人間の営みのなかでのこと。その日のバスの揺れのなかでのこと。

トランプの大バクチ

 ドナルド・トランプ米大統領は5月24日、シンガポールで6月12日に予定されていた、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との「米朝首脳会談」を中止する意向を明らかにした。北朝鮮が、豊渓里(プンゲリ)の核実験場を爆破し、「朝鮮半島の非核化」を目指す姿勢を示した直後の発表であった。
 これに慌てた北朝鮮が、金委員長が韓国の文在寅大統領と急遽、板門店で首脳会談を行い、米朝首脳会談開催への「確固たる意志」を表明し、決裂回避に動き始めた。トランプ大統領はツイッターで、自身で表明した首脳会談の中止から一転して、今度は開催に前向きな姿勢を示した。
 結局、米朝首脳会談は当初の予定通り、シンガポールで6月12日に開催されることになる見込みだ。筆者は、突如首脳会談中止を表明し、相手が慌てたところで「やっぱりやろう」と揺さぶったトランプ大統領に、「ディールの達人」の恐ろしさを見た。そして、金委員長は、完全に逃げ場を失い、「袋小路」に追い込まれた。

● 「アメリカファースト」のトランプ大統領は 既に「ディール(取引)」を終えている
 トランプ大統領にとって、「朝鮮半島の完全な非核化」や「北東アジアの紛争回避」など、実はどうでもいいことなのではないだろうか。そもそも、トランプ政権が「北朝鮮の核・ミサイル開発問題」に介入し始めたのは、北朝鮮が米国を直接核攻撃できる大陸間弾道弾(ICBM)を持つ可能性が出たからだった(本連載第155回)。
 トランプ大統領は、口を開けば「朝鮮半島の完全な非核化」、「拉致問題を解決する」などといろいろ言ってはいるが、実は自国の安全保障のことしか考えていない。北朝鮮が核実験場を爆破して、核弾頭を搭載したICBMを開発できないということを確認した、まさにその日に首脳会談中止を表明したのは、そのことを象徴的に示している。
 首脳会談を流すという、既存の政治家には絶対にできない「挑発」は、いかにもトランプ大統領らしい。だが、1つ言えることは、大統領にとって、「完全な非核化」など、所詮「オマケ」に過ぎないということだ。やはり、大統領の行動は、あくまで「アメリカファースト」なのだと、あらためて示したといえる(第170回)。
● トランプにとって「完全な非核化」以外に 会談実施の意味はない
 トランプ大統領にとって、米朝首脳会談とはどういう意味を持つのか、もう少し考えてみる必要がある。まず、金委員長が「ICBMの実験中止」を表明し、「核実験場」を爆破したことの持つ意味である。
 端的にいえば、北朝鮮が「米国を直接攻撃できる」懸念が消えたことを意味するだろう。つまり、米朝首脳会談の開催前にして、トランプ大統領が本当に欲しいものは、既に手に入ってしまったことになる。
 その上、北朝鮮に拘束されていた米国人3人も取り戻し、米国世論にアピールできるオマケも得た。「朝鮮半島の非核化の実現」とは、それができれば「ノーベル平和賞」級の偉大な成果となり、そういう意味での関心はあるだろう。だが、「アメリカファースト」の大統領の本音としては、実現してもしなくても、どちらでもいいこととなる。
 一方、この連載で指摘したように、「朝鮮半島の完全な非核化」の実現が「在韓米軍の撤退」を意味することは想定される。だが、これは米国の長期的方針としては既に決定していることであり、その実行のタイミングだけの問題である(第180回・p5)。そういう意味では、トランプ大統領が是が非でも米朝首脳会談をやりたいという動機付けにはなるものではない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180528-00171058-diamond-int
DIAMOND online 2018.5.28
トランプが米朝会談中止の大バクチを平気で打てた理由 (←出典

『弦』71

IMG_4636『弦』
編集発行:渡辺宗子(札幌市)

渡辺詩作品「秋鮭」。一行目冒頭で”還りたい”という理由が”魚の本能”が同時の”母胎の海”となり、秋の河の産卵までの様子が書かれていく。それは陣痛の痛みとなることで、女性という孕み産み出すものの普遍的な痛みへと共有されていく。この鮭の、生まれた川へと戻るという営みの物語は、還りたいというふたつの意味合い、産卵場所と命の繋がりとの意味合いを有しつつ、ここではサケという願いの魂へと移る。それは海という言葉の持っている、生命の源といわれる場所からのかき混ぜられた言葉として願いが歌となり、原始の胎内という海へまで続く壮大な物語りとして、見事に謳いあげることに成功しているだろう。
渡辺エッセイ「ギルガメッシュ叙事詩―叙事詩舞台・シュメール」。確認できるメソポタミア最古の文明としてのシュメール人は謎に包まれたままである。そこでは円筒印章というなんだか日本の日常みたいなものがあったようだ。河に挟まれた資源のない土地は交易で栄え、豊富にあるのは湿地帯としての泥。この泥で日干し煉瓦を作り、神殿を円筒印章を、文字を残したのだ。「G叙事詩」のテキスト約3600行の話が始まろうというわけだ。
渡辺氏の個人誌、嵩文彦氏が寄稿している。

違法路上駐車で事故の責任分担

(前略)
 全国的に見れば減少傾向に向かっている違法路上駐車ですが、それに起因する人身事故は毎年多数発生している状態です。
 違法路上駐車にも責任を問えるのかどうか
 悪質かつ迷惑行為に他ならない違法路上駐車。
(中略)
  路上駐車の車を避け、右車線に車体が膨らんだところを後続の直進車と接触。思いがけなく事故を起こしてしまう立場になってしまったのです。
 本来、この違法駐車がしっかりと決められた場所に駐車していれば起こることのないはずの接触事故。
 でもぶつけてしまったのはまちがいなく自分なのです。この場合、違法駐車の車にも交通事故の責任と損害賠償の負担をしてもらえるのでしょうか?
 果たして、違法駐車の車は、交通事故の当事者として損害賠償を支払う義務はあるのでしょうか?東京桜橋法律事務所の石垣美帆弁護士にお伺いしました。
 駐車違反が原因で、交通事故を起こしてしまった場合、駐車違反をしていた方にも、事故の責任を負ってもらうことは、十分に考えられます。
 駐車違反をした人を、共同不法行為者として、損害賠償の一部を負担してもらう訳です。
 交通事故を起こした場合、警察を呼んで、現場の状況をもとに交通事故証明書を作成してもらいます。
 その時に、駐車違反車の状況を含めた、交通事故証明書を作ってもらいましょう。携帯のカメラがあれば、警察が来る前に、その駐車違反の状況と、事故の様子を、撮影しておくのが良いでしょう。
 もし、駐車違反者が警察の現場確認に立ち会うこと拒否した場合は、その写真をもとに、警察に事故証明を作成することを伝えましょう。
 駐車違反者にとっては、事故を起こした人の主張を前提に、交通事故証明書が作成されることになります。 
 その観点では、駐車違反者は、警察の事故証明に立ち会い、きちんと事実の主張をされるのが良いと思われます。
 駐車違反は、事故を起こすもとにもなりますので、決して行わないようにしましょう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00010000-ffield-bus_all
ファイナンシャルフィールド  2018.3.5
違法路上駐車の車の死角で交通事故に。駐車違反車にも責任を負ってもらえる?もらえない? (←出典
Recent Comments
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ