サボテンと絵と海が見える家

ショートケーキ+猫+サボテン+アート+α=MY LIFE


red ka1

あれは確か1980年代の終わりごろ。
ハワイに旅行に行ったときのことだ。
レンタカーを借りていた僕は朝、アラモアナ方面に波乗りに出掛けた。
快晴の青空のもと沖には白波が立っている。今日はいい波だ。

混雑のないハワイの波を2時間ほど楽しんで海から上がる。
波乗り後の軽い疲労感はいつも心地良い。
荷物を積み込むと、FMをONにして車を発進させた。

少し走ると、海岸にほど近いとある広場の一角に
1軒のスポーツ店があるのを見かけた。
そこでちょっとのぞいてみることにした。

店に入って適当に商品を眺めていると、箱の上に置かれていた赤い
スニーカーに目が留まった。レザー製で見たこともないメーカーだ。
赤いボディに白いラインが入っている。デザインがとてもクラシックで
古き良き時代のアメリカのスニーカー然としていてすぐに気に入った。

値段は確かセールで40ドルくらいだったような気がする。どうも
最後の1足らしかった。実はそのときお金の持ち合わせがなかったのだ。
しかし気に入ったスニーカーの前を去りがたくじっと眺めていたら、
オーナーらしい50代くらいの白人の男性が話しかけて来て、事情を
説明すると、「後でお金持ってくるまで取っといてあげるよ」と言う。
そうさせてもらうことにして店を出た。

その日は戻ってから色々と忙しく、気が付くと時計の針は18時を
回っていた。ヤバい。店は18時半に閉まる。
財布を掴み車に飛び乗って店に向かった。

ワイキキの町は夕暮れに包まれていた。
町に明かりが付き始める中、何とか店は閉まらずにいてくれた。
手押しのドアを開けて店に入ると、奥にいた店主がこちらを見た。
そして、ゆっくり近づいてきた。

「遅くなりました。あのスニーカー下さい!」
40ドルを渡すと、店主は10ドルを返してきた。
???
「40ドルって書いてありますよ」というと、店主が言った。

「君は後でお金を持ってくるという約束を守った。
それは大切なことだ。だからこれは君のそのハートへのお返しだ」

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

結局その赤いスニーカーは新品のまま1年ほど家に置かれたのち、
サイズがきついということでフリーマーケットに出され、誰かの
ものとなった。

あれから随分経つ。あれからハワイには行っていない。
でも今でもたまに思い出す。
アラモアナ沖の白い波と、あの赤いスニーカーと、
そしてあのスポーツ店の店主の言葉を。

_DSC8675補正

設計図を書いて、材木をカットするところから始めた額作り
が終わり、完成しました。

少し古ぼけた感が出したくて枠に傷をつけたり、最初に塗った
オイルステインの色が気に入らなくてやすりで全て落とし、
再度塗り直したりと結構手間がかかりました。

ま、しかしおかげでいろいろなノウハウが蓄積できました。
やっぱり、一筋縄でいかないほうが楽しいし、学べますね。

さて、この額の絵はメキシコのもので、アマテという木の皮に
描いたものです。あちらではこういうのが民芸品市場で結構
売られてて、出来栄えもピンからキリまであります。
いいものはアメリカのネットでも高額で売られていたりするようです。

まだいくつか額装したい絵や写真があるので、ぼちぼち第二弾
を手掛けていくつもりです。

KIMG0471
(製作途中の額です)

ougon adele

家でゴロゴロしてた週末、ネットで映画をレンタルしました。
最近僕が映画を選ぶと外すことが多いので妻に頼み選んだのが、
2015年に劇場公開された「黄金のアディーレ」。

芸術をテーマにした映画や第三国の映画は、ともすれば
寝てしまう危険性がありますが、4.5点の評点に心動かされ
借りることと相成りました。

結果として、悪い予想は見事にはずれ、まさしく評判通りの
面白く心に残る映画でした。

また、ロサンゼルスやウィーンの街並み、オーストリアのお屋敷
の調度品も見事で、少し旅気分も味わえます。

内容を簡単に説明すると、アメリカに住むあるクリムトの絵の所有権
継承者が、戦争のどさくさでオーストリアの美術館に収まってしまった
その絵の返還を求め戦ってゆくというお話です。

僕がくどくど映画評を語るより見て頂いたほいがいいでしょう。
ただ一つだけ。物語の初めの部分で、主人公の女性が言います。

「私は過去の記憶を死なせたくない」

これが心に残りました。

普通人は過去の記憶を手放したりしないものです。
でもそれは普通に人生が続いてきた人にあてはまることかもと。

主人公のように、戦争で肉親と生き別れ、思い出も物も全て
中断されてしまった人にとっての過去とは、不完全で痛みを伴うもの。
だから過去を捨て去る人、いや封印してしまう人も多いのでしょう。

でも彼女は忌まわしく引き裂かれた辛い過去ではあるけれど、
同時に素晴らしい宝物のような過去でもあったと、
そんな過去を大事にしてゆく決意を固めたのです。

もしかしたら、中断されてしまった過去は、まだ終わってはおらず、
過去ではないとも言えます。

そもそも過去と現在との区分は、言葉の概念上の世界に過ぎません。
今に繋がる全てのことは過去ではなく、今も続いていることだ
とも言えるのです。

私たちの持つ1枚のセピア色の写真。
ひょっとしたらそれは、終わった過去などではなく
続いている今の一部なのかもしれません。

↑このページのトップヘ