aba8bfa8.jpg劇場版「ZガンダムIII-星の鼓動は愛-」観てきましたので、ファーストインプレッションをネタバレにならないように簡単に書きます。

今回のGM的ハイライトは2点。ロザミィとセイラ・マス(笑)ロザミィは単に?、セイラ・マスはコアなファンには驚きとうれしさ有り。

「III」は原作では重要だった場面や展開もかなりきれいにカットしています。

たくさん気になるセリフや場面が出てきたように思うんですが、「III」は展開が今まで以上に速いので、はっきり言って途中の記憶が飛んでしまいました^^;

ラストについては、富野監督はこういう風にしたかったのかと納得。ただし「ZZ」は史実から抹消?

主要なキャラクターの立ち位置がだいぶ変わっていることにも注目。原作からみると違和感があるかもしれませんが、「I」「II」の流れから考えるとうまく変えていると思います。ただつじつまが合わない点も有り(ロザミィ)。

怒濤のような約100分間なので、一度観ただけでは何と言って良いのやら…。DVDが出る前にもう一度観ないとダメかな(苦笑)
PS
映画館で売っていたUSBメモリに激しく惹かれましたが、値段が高くて手がでませんでした^^;

ブログネタ
ガンダム に参加中!