Gmaj7 / F@r east network

reo nagumo's Blog 〜 Around the world.

2006年05月

CSR 企業の社会的責任

ディーツーコミュニケーションズの方々とランチミーティングをしました。
そして、CSR(Corporate Social Responsibility)の話になりました。

昨日打ち合わせたマイクロソフトXBOX360の皆さんしかり、企業の社会的責任についての認識は、大企業で、かつ多国籍企業ほど意識されていまして、我々も、徐々に実践をしていこうとしています。

5年、10年後は米国企業並み、それ以上にこのCSRや環境、エコ、社会が問われていきます。弊社は、これに先駆けます。先駆けるには、経営者の認識が重要ですので、私なりにとても留意してます。(笑)

一方で、お前の会社は、立派に売り上げを達成してからだ、言われそうですが、我々が行う事業に対して、そして受注や受諾業務等も、一貫した姿勢を対外的にアピールしていこうと考えてます。かなり勇気の必要なことです。
しかし、これは経営者が率先して進めないといけない。

ボクの会社のような、かなり期待をされつつも、これから事業がドンドン産まれていくスタートアップ時期は、正直なところ余裕は無いのは確かです。ただ、この姿勢が情緒的に購買層に訴求していけば、企業価値が高まります

ゲームは、ゲーム脳しかりネガティブイメージにに捕らえられる側面もあります。我々は、既存のゲームメーカーのスタイルとは異なり、初なのでかなりシンドイ面もありますが、経営者としては、今からブランドと高付加価値に対する視点は明確に、徹底していきたいと考えてます。この点が、今のベンチャーとの差別化になります。

今日は、オーディオメーカーの日本マランツ社に、慶応の研究室の皆さんと訪問しまして、フロントスピーカーでサラウンドが再現できる OPSODISを体験します。
そして、研究にお貸しいただけるようなお話もさせていただいてます。
近日中にプレスリリースを出すことになるかと思います。

この学校から進める、映像の無いゲーム。もちろん目にハンディキャップを持たれた方も楽しめますし、面白いものです。ただ、実験の範囲を超えるためにも、これをベースに、健康やスポーツ、音楽をテーマに開発体制を組み、世界戦略タイトルで進めむところです。医療に近い部分でも、近日中に発表するものもあります。
 80年代の大量消費大量生産の環境で育った私達は、SLOWLIFEやら、LOHASは恥ずかしいし、胡散臭いイメージがあるのですが、まあ、志向性はこれに近いものがあるかもしれませんね。(笑) 続々と発表していくと思います。

気合を入れなければ。

美容室の集客案〜日記

日記。

今日は、午前中美容院に行きました。8時起床。

駅前のちょっと高い美容室。
美容師さんは、お客をイロイロ扱っているし、視点がちょっと違うので話をして見ます。そして、いつもの癖なのか、客の年代、性別、来店頻度などを聞いてみました。
こういう時間は、ビジネスを考えるのに最適です。

主婦、しかも若干富裕層が多いらしい。商圏的には、古い商業地域に当たるけど、立地と駅ビル百貨店内なので、コストがかかっている。オーダーのヘアは扱いやすい髪型でショート。子供を親戚などに預けて来るらしい。
『では、近所の託児所と提携すればよい。』そして、顧客を流動させればよい。具現化まで落とし込むプランを言ってしまった。
チーフの美容師さん、ナイスアイデアだったようで、『今日一日が楽しくなった』とのお褒めの言葉。(シャワー効果ですね・・・と。微妙に違うかも。上階の集客力の高い店舗から下階へと誘導することです。)

 異業種なので全然良いのですが、この思いつき口走りがビジネスだとヤバイ。結構適当に連想したことが、良いビジネスだったりするのです。

でも、このブログをみた美容院経営者の方は、どうぞお気兼ねなく。

そして、マッサージで肩こりが酷いとのコト。肩こりを忘れるぐらい慢性的で、自覚症状が無いのでした。そこで、美容院から生体、セラピー屋さんに行きマッサージ。
肩が半端無く張っていたようです。30分妄想。

その後、出社。そして、とあるプロジェクトのスケジュール遅延報告があり、メールで指摘。原因はどうでも良くて、その報告が何故寸前で発覚したのか?その体制の方が問題。

午後、西麻布。新規事業を進めるので、コンテンツ案が欲しいそうだ。
ラフアイデアや概念などをアドバイス。コンテンツを安く早くリンクでもいいから増やしたく、既製品を持って来たいそうです。最近のIT系企業はほぼこのパターン。枯渇するかも。

このパターン、ボクらは全く旨みが無い。リスクが取れないのであれば、コンテンツを作れるボクらが、インフラとして、究極、事業を買収してしまった方が効率が良いのです。大きな収益を得たいけれど、リスクを避けて、チャリンチャリンビジネスは甘くない。川上か川下か立場が明確にならないとうまく行かない。

差別化の為のアイデンティティコアコンテンツが重要でしょうね。

夕方、代田橋。ニーズとwantを確かめて、何を提供しビジョンが共有できるのか、我々の存在によってどう還元できるのか。とても重要。
頑張らなくては。

夜、新宿で飲み&反省会

0時帰宅。

メールチェック、企画書作成
4時就寝。

打撃か投手か

昨日、とある賞を二つとったみたいです。何と二つ。
発表は先なので、まだ言えません。嬉しいです。

そして、ありがたいことに代理店さんから、ジャイアンツ日ハムの指定席券を頂いて、N君と見ました。久々の東京ドーム。新庄のホームラン。

さて、4月は営業強化月間、そして5月は魅せる
と標語を考えていたのですが、成果はイマイチ。

マズイ。野球を見ながら至急省みる。
球を受けていたら、球が来るまで待たなくてはいけない。
せっかくの良い球が反れてしまってる(笑)
打撃のテクニックを上げるには、時間がかかる。

僕等投手タイプだったようです。
じゃあ、球を投げよう。
そして、打撃はバントが旨くなるようにしないといけない。

今のところ、球は沢山あるし、どんどん産まれてきます。
体力もあるし、最悪補充もしてくれる。恵まれた環境です。

事業に投資しないといけない。勇気を持って攻める時だ。
ということで、事業計画書を練っていたら朝の4時。

マンデイ満ちる

GYAO マンデイ満ちる

驚くことに、GYAOでマンデイ満ちるのライブ。
マンデイのライブDVDは無くて、今回初めて映像化するらしいです。

ボクは、90年代SOULSOULからインコグニート、ブランニューへビーズ、モンドグロッソ、KYOTOJAZZMASSIVEとACIDJAZZの王道を聴いてきました。

Mermaid


 ということで、とても懐かしかったです。
ボクのソウル、R&B系のルーツかもしれないですね。メンバーはベースがいないようだけれど、FenderRhodesの音がカッコいい。とても良い音してます。

 さて、たまにお客さんが見えるのですが、やはりアーティストの成長と共に、リスナーも30代後半〜と成長しています。ボクは、サウンドが馴染むので、とても安心をするのですが、ちょっと懐かしい感じがする。サウンドって(作曲ではない)落ち着いたところに、あまり安住をしてはいけないんですね(笑)

 例えると、いつまでもYMO好きなオッサンや、相変わらずファッションまで完コピを目指すいけてないバンドになってしまいます。ゲームサウンドクリエイターに比較的多いのですが(笑)。逆に元レベッカの土橋さんみたく、レベッカの名曲を先端のテクノにしました!って言って、頑張って追っかけちゃって、実は全くテクノじゃなかったりしてコケル事もある。
 大沢伸一さんも、TWOSTEP行きだしたあたりから、ちょっとイマイチだし。AVEXに言っちゃうし、時代は変わってきましたね。

 ボクは飽きっぽいので、周りの方々が評価しても、消費されてしまったジャンルは割りと早く捨てて、面白いことにチャレンジするのですが。この人は、こういう音を作るなんて決め付けられるのが嫌いで、昔から天邪鬼です。

 さて、サウンドの作り方として、セオリーに沿ってメロディ、和音、リズムとかから作るやり方。他に、これはコンピュータの出現よって生まれた、新しい制作方法ですが、トラックやリズムなどのサウンドスケッチから作る方法もあります。多分、何時の時代にあっても、で、それぞれ空間の感じ方って違って、センスの良し悪しに関わる。特に最近では、後者が重要です。

さて、このサウンドの感じ方ってなぜか?今日会社の帰り道、何となく考えてみました。

 例ですが、子供に、何を描いているの?って聞くと、『漢字を”描”いているの』とか、『数字を”描”いているの』っという、文字でさえも、ビットマップで捕らえているフィーリングがあるみたいです。
 実は、音楽も同様で、確かにロジカルに分析すると、それぞれの楽音で構成しているんだけれど、そのサウンドをビットマップ的に点的に感じているのと、ドは楽音のド っと捕らえうるのは大違いではないか、そのように思いました。
で、ド は、楽音の ド って捕らえることの方が実は高度で、ドの音を音程だけではなく、その音色や、その瞬間の構成する空間、奥行き感。全ての要素で感じること、これは実は、動物的かもしれない。DJとかトラック的な捕らえ方で、結構グラフィッカーが作るサウンドって、音楽を学んでいる人よりセンスが良くて、そのサウンドと共にフォントとか、デザインとメディアミックスしていたりする。
 ちなみに、ボクはどちらかわかりません。どっちだろう??

サルトル

音の意識はどこでするの?

最近、ちょっと不眠症らしく、眠いのだけれど、眠れず、寝てもスグに起きて、また寝ているのだか起きているのか分からない状態です。5月病?かと思ったのですが、頭痛(偏頭痛ではない)と、胸焼けが酷くて、疲れが溜まったのかもしれませんね。
結局4時に寝て9時に起きる生活は繰り返す。

と言うことで、夜中サルトルを読んでいます。
例えば、ある曲(or楽音)が存在するとして、この曲を頭の中で(=意識の中で)再生しているとします。でも、サルトル(物だったけど)は、想像は意識の中ではないと主張をしたのです。意識から、感情を出してしまうと言うことです。
 何故このようなことを考えているかと言うと、サラウンドによって、立体音響の空間の中で、音を動かせるようになったのですが、この認識、意識について考えようとして ・・・ 頭が痛い。。。

スロー

BPMが早い。

Deniece Williamsの30年前の超有名ヒット曲。FREE
大好きな曲です。R&B好きは是非。
かなーり。テンポ遅いのです。
時代の移り変わりで、年々テンポが速くなってきているのは確かだと思います。

The Best of Deniece Williams: Gonna Take a Miracle

メロも良いのですが、フレーズを含めてアレンジが素晴らしい。
素晴らしい曲は、メロ以外のフレーズやリフが印象的です。

こっちは、FREEのサンプリング 90年代前半のHIPHOPシーンの王道
Faith

最後のサンプリングの調性があってないけど(笑)


テイトーワ
Towa Tei (CCCD)

凄く速い こっちはカバー

テンポが遅い方が、縮尺が広いので難しいのです。本当は

モダニズム

ネット文化によって、私達の生活の裏側や普遍的なモノゴトを信じていたことが、実は違った何て言うことがドンドン分かってきます。そういった情報、例えば、危ない病院とかコンビニの弁当とか、無知の知から覚醒されていろいろ問題化していきます。
「大衆社会論」と。20世紀近代化をもたらした功績としては、多くの庶民に知識と豊かさをもたらして、我々は教養を得たように思えた・・・が実際その情報に縛られちゃったりしているのが今。


 と言うことで、具体的には、丁度社内で食について議論しました。
・ネギトロのトロは本当じゃない。マグロにサラダ油を混ぜたもの
・口紅は、豚の血
・鶏肉って、から揚げの中の肉は、何? 鶏って書いてある?
とか
・とれたての、魚をおろして食べることほど、危ないことは無い
・フィレオフィッシュのフィッシュって何?
・コンビニの惣菜、食材の原産国ってどこ?
・サイコロステーキってそもそも何? どこの部位?
・ミネラルウォーターより水道水の方が安全。

さらに、ボクは幼少の時から酸素が目に見えないものだから、植物が光合成で生産するとはいえ、どこで生産されるのか、またおいしい酸素と、まずい酸素があるのかとても不安でした。そうしたら。

コンビニで酸素販売

なんて。無価値だったものが価値を有する、マイノリティからマジョリティへ、と言うバブル期、時代の変貌ですが、とにかく気がつかないうちに、21世紀初っ端からイロイロ変わってきているので、要チェックですね(笑)。
 地方にお住まいの方は、空気を入れれば商売になるかも。あ、石も色をつければ。危ない、新興宗教的になってきました。

話が反れましたが、これまではテレビのワイドショウや週刊誌が主な情報源だった大衆、そして細分化された情報はせいぜい書店やらラジオレベルだった状況から、昨今ネットの情報=自分の情報と同化して、少なくとも、情報のinput/outputの速度と量が早くなって来てます。携帯電話なんか、そうですよね。
 ボクは、脳のブロードバンド化なんて思ってます。そしてそれを処理(思考することも含む)することをベースに、我々の生活速度や一日の実行処理・・・コンピュータのようですが、増えている。そんな時代に思えます。それを、リアルな生活に反映して頭の仮想と現実のギャップやら、将来についてネガティブな用意、準備をしてしまう、そのような感じにも思えます。

 ボクにとっては、古い時代を知っているから面白いのですけど、若い、つまり10代後半やら20代前半の人たちは、ネットと共に成長してきて、ポケベルなんていう化石もなかったわけで、平成新人類とも呼べるのではないかと。そして話すと、未経験なのに情報はかなり持っているし、それを体系化し使い分ける力も持っている。
 とにかく凄い。凄いけれど、実体験する仮想→現実、現実→仮想への落とし込みが心配であり、また興味あるところです。

週末、そんなことを考えてました。

outside inside

 ほぼ連日外出をしているのですが、今日は、会社の中で企画とか資料集めに集中すると決めた日でした。集中していたら、眠くなりました。そして19時ぐらいから夜寝を(笑)。朝4時に寝る生活は改善しないといけないですね。

 さて、当然自分の外の世界、当たり前ですが目に見える社会を見ているわけですが、自分自身ってあまり見ないものです。資料集めということで、内視鏡で覗いた動画とか、写真とかをネットサーフしました。例えば、脳の写真があるとして、レントゲンやらCTスキャンとか、ナマナマしいモノまで各種。同じ部位なのに、撮影方法によって色々な見え方をするのですね。
 体の中って不思議です。食道から進む世界には、それなりの世界があって、自分の体なのに、それを形成するべく機能や器官=社会があるのです。
 今日から、ご飯を食べる時には、よく噛もうと思います。

 リアルに自分の中で起こっていることが見れたら面白いですよね。

直接人体に取り込む食や味覚だとか、広く見れば自然、環境問題 結局は我々の肉体への影響で、医学や医療という未知の分野、つまり病院に委ねる部分ですが、こういった当たり前な自分の体を、内面から考えるのは面白いですね。

 これも、LOHASでしょうか?

目を閉じて歩いてみる

GW前半は、ネットとは無縁の超アナログの生活をしてました。田舎に行ったものですから、田んぼはゲコゲコ蛙の鳴き声。房総半島のど真ん中です。
怒涛の忙しさ・・・労働的な忙しさではなくて、頭をパラレルに動かす忙しさから一瞬開放されて、のんびりしたのですが、帰宅後メールチェック。しばらくチェックしてなかったメールアカウントを調べると、数千件。しかもスパムメール。あと、いろいろ業務もあり、うーん、連休明けに頑張ります。皆さんスイマセン。ここで謝っておきます。
 かつ今日(5月6日土曜日)学校があります。眠れない。そこで、コンビニにビールを買いに行きました。タバコを止めたおかげで、いっそうお腹が出てしまい、ダイエット運動をしようと決めた翌日から!ということで、飲みながらキーボードを打ってます。基本的に、ボクのブログは見直しを一切しない、スピーディーブログなのですが、アルコールが入ってますので、ご了承を。
 ここで、ボクの楽しみをご教授します。
夜道目を閉じて歩いてみます。周りに人がいないことを確認して。目を閉じたまま、何メートル歩けますか?怖いです。同時に、いつも気にしなかった音が、立体音響で(当然です)聴こえます。右下からは、コンビニの袋(コンビニ帰り)、下水道の通るマンホールの音、そして、今時期は、虫の音や、車の音。自分の生活環境の音が分かります。都内の方は、ちょっとつらいかな。
 多分10メートル歩くと、まっすぐ歩いているのか不安になりますが、結構面白いですよね?
 当たり前の環境を当たり前に感じない姿勢は、何か面白いことの発見になりますよね。空間や雰囲気、論理的な思考以外に、環境を感じるのは、子供心に戻ることに近いです。例えば、深夜の災害発生時のNHKのビデオ&環境音楽やクラッシクは怖いですね。ボクは、その裏づけをしようと思ってます。

バイノーラル

サラウンド関連で調べ物をしていたら、朝。5時30分。
今日も朝から出勤です。

ついでに、下記のサイト、必ずヘッドフォンで聴いてみて下さい。
http://bbsitake.hp.infoseek.co.jp/binaural.htm

バイノーラル録音と言って、耳の位置にマイクをつけて録音したものです。

立体の音の空間で、音は時間的な変化で存在することもあり、発音している時は、その音源の場所や存在を示せるのですが、発音されていないと、映像と違っていきなり場所を失うんです。
ぱんぱんミュージック!!
腹内メーカー
Profile

gmaj7

  • ライブドアブログ