Gmaj7 / F@r east network

reo nagumo's Blog 〜 Around the world.

2007年06月

NewPort Hills & Downtown SEATTLE

ご夫妻の招待で、教会へ行きました。2週間に一回ご老人の会合で、食事をしながら世間話をしたり、ゲーム、みなさんで歌ったりします。皆さん話が遅いので、何を話しているのか何となくわかります。戦争で日本へ行ったとか、娘が小豆島へ行ったとか。今回いつものようにホテルへ泊っていたら、このような体験はできなかったわけで、運というか、機会はもの凄いなと思うのでした。で、生活に近いところにいるものですから、多くのアメリカのライフスタイルは、日本へ継承されているものと実感しています。経済概念とは別の、生活を豊かにするための幾つかの事は、先行していて、生活のゆとりを感じました。日本の生活への不安があるのでしょうか、多くの招待する日本人は感動して帰るそうです。

アングロサクソンの、また米国のビジネスを見ている故に、こういった間逆のライフスタイルを見ることは、意外性とともに、米国の奥深さと、先進国のこれからのあり方の一面を感じます。


昼間はホテルの中で、残念ながら仕事をしておりまして、夕方より、ダウンタウンへいきました。いつものなら、タクシーで30ドルぐらいで来ているのですが、バスに乗ります。たった2ドルでこれるのですから、安いです。が、いまいち乗り方がわからず、いろいろ気を使って、乗換えをして到着です。

シアトルマリナーズを見に行きました。が、バスを間違えてしまいEXPRESS。球場(セーフコフィールド)を眺める、高速道路を走り続けて、なかなか一般道へ降りません。高速道路でかなり遠くに来てしまいました。ただ、タクシーも何もない辺鄙なところで降りてしまっては大変です。そこそこの集落で下車。ちょうど、反対側にDownTown行きのバスが来まして、乗り込みました。かなり遠くに来た気がするのですが、スピードが早いので、すぐに球場へ戻ることができました。

セーフコフィールドでは、外野席18ドルで楽しめます。最近の日本の球場のエンタテインメントの元ネタですね。総合娯楽施設の要素もあり、また試合中の観客へのパフォーマンスやゲームなど、楽しかったです。イチローは連続ヒットと、大活躍です。こちらの人と話すと、必ずイチローや城島の話題ですから、彼らの活躍は物凄いですね。

帰りですが、このリーズナブルな生活をエンジョイするために、DownTown方向へ向かい、戻りのバスを探しました、しかしながら、一方通行ですから、逆方向の発着場がわからないのです。行きは、4thStreet もどりは、2ndだったのです。とにかく、戻りの 550番のバスを見つけて、飛び乗ったのですが、終電前2個目。

Park&Rideという、都心へ向かう前の郊外で、車を無料で駐車してバスに乗り換えるというスペースがあり、バス停でもあるのですが、間違えて乗り換えるべきP&Rの一個前でした。とはいえ、高速道路の出口1つ分の距離があり、途方にくれていると、なんとか次の最終550番で、乗り継ぎ最終の240番に接続するようです。B&Bへ連絡するか迷ったのですが、自力で何とかすることに。

 他に、話好きな米国人が一人いまして、from south korea? ときかれたので、no north koreaと返事をしました。kim is great prime.というと、いろいろ聞かれたので、妄想で答えました。何を食べるのか? corn soop 食事は食べれるのか?distributed from goverment とか。これは、嘘を通すしかない。

アメリカは、どんな民族も受け入れるから、頑張れと励まされるのでした。

なんとか、B&Bへ戻り、また仕事をするわけでした。いつもTAXI→HOTEL→BUSSINESSとそれだけでしたが、valueとは何を基準にするかで、変わります。コストをかけなくてもかなり楽しめます。

寄り道は重要ですね。

ベルビュー,washinton

4584267b.jpg

Windows Live Messenger で家と連絡、というか接続したままです。

ヘッドセットを使用しなくても、会話ができ、映像もそこそこのクオリティ。すぐそこにいる具合で、同時通話ができます。

無線LANですから、屋外に出てシアトル郊外の風景など中継しました。

昔は、いまいちこの手の機能って旨く使えなかったり、どちらかがPCの知識がないと、設定や調整でややこしいことになったのですが、どうやら実用的になったと思います。便利ですね。

シアトルでは、せっかくB&Bに宿泊し、少々散歩に出たものの、いつもの出張同様にホテルの部屋の中です。いつものオフィスではないので、仕事モチベーションと頭は非常にクリアですけどね。さすがに、時差ボケは海外慣れして調節できるのですが、持病の片頭痛発症で、気持ち悪く。

家とメッセンジャーで中継をしながら、エクセルで事業計画やら資料を制作をしていまして、ネットもいつも以上に見るわけで、ショッキングなニュースが多いですね。

ZARD →全く影響は受けてませんが、ジェネレーションとしてショックですね。名前は影響を受けました。Zを左90度。

代議士の先生は、自殺をされました。

石立鉄男さんも、お亡くなりになられたようです。非常にショックです。80年代ドラマといえば、石立鉄男。名俳優さんだと思うのですが、最近のご活躍は少なかったような。

さて、宿泊しているB&Bを経営されているのは、日本人ご夫妻。お子様は日本と中国で就職されているとのこと。奥様は英語を教えていらっしゃる。子連れ留学をして、旦那様もご一緒したということ。まるで僕を察したのか、4時間ぐらいお話をしたのですが、シアトルに移住される動機やチャレンジの気持ちをお聞きしました。旦那様は奥様をリスペクトしていました。僕が恥ずかしくなるぐらいです。

 ・人生好きなように(ブレずに)生きる。

 ・目先の欲や、直近の論理に任せない。

 ・嘘をつかない、人をだまさない、正直に生きる。

 ・家族を大事にする。

近年、僕の周りには、パワフルな方が沢山いらっしゃるのですが、また新たな方々に出会うことができました。考えてみれば、大学へ行ったり会社を経営して、社員がいたりと、僕は人が多いというか、いろいろな機会やチャンスが多いなと、思うのでした。そして、まあ、いろいろな問題がありますけれど、常に最大限頑張って、あとは、マイペースで身を任すことで、幸いなことにほぼよい結果になるという、自分にも気がつくと。

 今回、忙しいので自腹でハイアットにでも、泊るかなぐらいだったのですが、B&Bに気がついて さくら山荘 にきたのも、偶然であるけれど、僕にとってはチャレンジというか、機会を増やしたわけです。(何も考えていないけれど)

ビジネスを学んだり、今回のようにアメリカ人と折衝をすると、悪く言えば先方を制するためのディベートであったり、直近のマーケッティングで、また用語やらではぐらかしたり、論理と根拠、さらには相手を制するディスカッションになりがちです。しかしながら、本質的には、何であるのか?何を目標、理念にするのか、これはブレてはいけないですね。その本質を求めていれば、日常的な行動や言動は、自然とついて回ってくると。 

会社を経営していると、傲慢なところも出てくる。反省。

ぱんぱんミュージック!!
腹内メーカー
Profile

gmaj7

  • ライブドアブログ